最終話 その後のお姫さま


「てかさ、あたし自分の話ばっかしちゃってるけど、いいのかな」

「いいのいいの、大歓迎よ」

「私も聞きたい。続けて」


「そう? ありがと。あのさ、さっきも言ったけど、あたし何も出来ないじゃない? 世間知らずだし、口の聞き方や礼儀作法だってアレだし、特技とかも無いし。だからせめて、そうやって笑ってもらえると嬉しい」


「いや、ラプンツェルちゃんの話し方が面白いのよ。それにさ、子育てしてるだけで立派だって。特技なんて私もないし。せいぜい家事全般できるくらいで」

「わたしも特技は動物と話せるくらいよ。それと、言葉遣いやお作法なんかはそのうち慣れるから」


「そう。慣れよ、慣れ。あ、待って。私ダンスはちょっと得意だわ」

「えっと……わたし、りんごならいっぱい食べれる」

「りんごは程々にしとけ」



 ラプンツェル姫が、小さく嘆息しました。好奇心に輝いていた瞳が、少し淋し気に曇ります。


「そっかー。あたしさ、今はプリンセス教育についてくのと子育てでいっぱいいっぱいで。国のまつりごとやなんかって、旦那に任せきりなのね」


「わたしも、っていうか、姫ってどこの国も大体そうよ。城の中を取り仕切ったり、民の陳情を聞いたりとかはするけれども」

「あと城下の視察とか慰問とか、たまに外交とかね」


「うん、あたしもそういうのは目下勉強中なんだけど。でも、あたしってド庶民出身じゃん? 庶民の暮らしや気持ちわかるじゃん? それに、家追い出されてから王子に再会するまで、村人達にたくさん世話になったのね。だから民のために、もっと何かできないかな〜って思ってて」


「まあ、姫の鏡じゃない」

「ね。ラップンが一番姫っぽいよ」


「……ラップン?」

「今つけたあだ名。野菜の名前より可愛いでしょ。アレルゲンでもないし」


「あっは! いいね、ラップン…ラップン………ラップ……あ、あたし歌が得意だ」

「ほう」

「素敵じゃない」


「旦那なんて、あたしの歌に惹かれてやってきたのがなれそめだもん。イバラの森を乗り越えてさ〜」

「旦那さんの行動力! めっちゃ肉食系だ」

「う、羨ましくなんか……っ」

「ユキ、どんまい」


「でも、歌じゃなぁ……特に役に立つわけでもないし」



 唇を噛み締めていた白雪姫が、再び瞳を輝かせて言いました。


「待って、いいわよそれ。伝えたい事を、歌に乗せて広めるの」


「伝えたい事って?」

「たとえば……そうね、悪い事をしたら罰が当たりますよーとか」

「因果応報ね。ラップンなんてまさに、親の因果が子に報いてるわけだから、説得力あるわ」


「あとは……人にやさしくしましょう、とか……食べ物は粗末にしないとか、いじめや争いは止めましょうとか?」


「それ、面白いかも……じゃあユキ、歌詞を書くの手伝ってくれない? そしてエラには振り付けをお願いしたい」

「あら、なんだか大掛かりになってきたわね」


「人として大切な事を、歌と踊りで子供たちに広めるの。学校へ行けない貧しい家の子供たちにもわかるように。あたしの国だけでなく、ユキやエラの国にも。ううん、すべての世界に」


 白雪姫は白い頬を上気させて立ち上がりました。手鏡も嬉しそうに煌めいています。


「あなたって最高よ、ラップン! ね、エラ、やりましょう。姫にできる仕事って、城の中や城下の民を導くだけじゃない。わたしたちで少しずつ、世界をよくするの」

「よき教えを子供たちから徐々に広めて行くのね。学校増やすより簡単だし、大人に説教するより効果ありそうだわ」


「やっば、鬼バズり待った無しじゃ〜ん」

「オニ、バズ……?」


「まぁまぁ、それは後で説明するって。とりあえず乾杯しない?」

「そう? ま、いいわ! 世界の未来に、乾杯♪」

「紅茶だけど、いっか。かんぱ〜い♪」


 それぞれカップを手にして、手鏡越しに掲げます。

 姫君たちの顔が輝いています。たまにぼやいたりしても、口が悪くても、多少腹黒いところはあっても、やはり姫です。民の幸せを願っているのです。




「……ねえ、もしかしてあたしたちって、けっこういい姫じゃない?」

「やだラップン、今ごろ気付いたの?」

「当たり前じゃないの。私たち、腐っても姫よ?」


 うふふ、と3人は笑いあいました。



「これからうんと忙しくなるわね」

「そうね。姫ってほんと……」


「「「楽じゃないわ〜」」」




 ……姫君たちのリモート女子会は、もうしばらく続きそうです。


 めでたし、めでたし?



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

その後のお姫さま 霧野 @kirino

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ