血の雨ときどき、怪異~美少女探偵の私は、腕っぷしの強さで呪いの連鎖パニックを乗り切る~

作者 斉藤タミヤ

読ませていただきました!

  • ★★★ Excellent!!!

非常にパワーのある作品でした。
当初「恵ちゃん」は男性かと思って読み進めていたのですが、どうやら女性だったという落ちでした。
物語としてはチェーンメールを軸に「拡散した呪い」を恋人の「響子」とともに解決するというもの。
物語のラスト、「恵ちゃん」は1年という期限付きで「契約による奇跡を延長する手段」を探すことになります。
これまでの記憶は彼女しか保持していないため大変ですが、多分大丈夫でしょう。
彼女には是非、頑張ってもらいたいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@amatutaniさんの他のおすすめレビュー 4