血の雨ときどき、怪異~美少女探偵の私は、腕っぷしの強さで呪いの連鎖パニックを乗り切る~

作者 斉藤タミヤ

探偵ものと思いきやオカルトアドベンチャー!

  • ★★★ Excellent!!!

最初の数話は探偵ものっぽかったけれど、途中からどんどんこっくりさんとのバトルに発展してきて、ハリウッド映画ばりのアドベンチャーに!

更に、進めば進むほどスケールがでかく、争いも過激になっていくのも良かったです。盛り上がりが凄かったですね。そして最後の衝撃の結末からの衝撃の結末……。

先日読了しましたが、単純に読んでいて楽しかったです。文体とか状況描写が分かりやすいのも読みやすかったですし、百合好きの自分的に、女性キャラが多いというのも好みでした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー