死ねない狐は闇夜に舞う ―妖憑きの落ちこぼれ陰陽師―

作者 夏村シュウ

123

42人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

妖を祓う陰陽師を題材に、主人公の少年の成長と仲間たちの活劇を楽しむ王道のバトルもの。

主人公に人ならざるものが憑き、現実世界で非現実的な者との共同生活をするという、よく見かけるけどもやはり興味を惹かれる設定が嬉しい。

とても読みやすい文体で、設定の下地もしっかりしているので、安心して読み進められる。

コミックやアニメでも観てみたい、迫力のバトルシーンは読み応え充分。
捻くれたものに疲れたら、この王道へ戻ってこよう。

★★★ Excellent!!!

 落ちこぼれの彼が、成長していく物語、という事で、王道少年漫画らしい下敷きはあるのですが、主人公の性格や周囲との掛け合い、物語の進行、そしてその場面の描き方が秀逸で、目の前にコミカライズされた場面が見えるようです。
 陰陽師と言うダークファンタジー寄りになりがちな設定が、主人公の性格と学園が舞台のおかげか、明るくて、戦闘シーンも純粋にワクワクしますし。

 まだ成長途中だから、戦いがギリギリになっちゃうんですよね。でもそれを乗り越える度に、主人公は確実に成長してる!というのがわかる。戦闘自体は負けていても、成長してるからこれは実質、負けではないのでは・・・?と思ってしまったり。

 恋愛要素も絡んでくるのかなー?と思ったけど、おっとそう来たか!という感じで、これも何だか少年漫画ぽい。
 連載中の今の段階で、出会えてよかったと思える作品。更新をワクワクして待ってしまいます。

★★★ Excellent!!!

妖たちを祓うことを生業とする陰陽師。
表立ってその力を必要とする機会は、以前より減ってしまったものの、陰陽師を育てるための専門機関はまだ存在している。
そして、この物語はそんな陰陽師の卵たちの物語である。

学園に通う主人公、御門虎鉄は名門産まれ。幼馴染の倉橋凛をはじめとする学友たちと、日々勉学に励んでいた。
しかし、虎鉄は見鬼の才に恵まれず……

とある事件をきっかけに穏やかな生活から、戦場へと急降下。大切な人を守りたい、その一心で強くなる。

手に汗握る戦闘描写で、キャラクター達が頭の中で踊ります。
学園の中に散りばめられた友情の香りと、恋の予感に胸が高鳴りました。
皆さんもこの世界を堪能してみませんか?
おすすめです!

★★★ Excellent!!!

陰陽師としての才に恵まれずおちこぼれの虎鉄。ある日強敵に出会い命の灯火が消えるとき生を求め力を欲する。
その願いに応え現れる大妖怪の玉藻前。彼女に力をもらい大きな力で敵を払う。ここから虎鉄の戦いが始まる!!

序盤のあらすじとなりますが、落ちこぼれからのなりあがり、可愛い幼馴染みにこれから起きる波乱の予感を感じさせる展開。
この王道でありながらも玉藻前の存在、ヒロインが主人公に自分を殺して欲しいと願うその意図の読めなさがいいスパイスになっていると感じました。
日頃はとても可愛い彼女なのでそこも大きな魅力だと思います。

とても読みやすく面白い作品です。是非一度読んでみてください。