有野君は今日も告る

作者 1103教室最後尾左端

83

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まあまあ、なにも言わずにまずはこの作品の目次を見てくださいよ。

有野君は今日も告る①
有野君は今日も告る②
有野君は今日も告る③
有野君は今日も告る④
有野君は今日も告る⑤
有野君は今日も告る⑥

告り過ぎだろ!? 狂ってるのか!?
一話目を見終わったときにそう思いました。
だって一話目で告白して、フラれるんだもの。まさか毎回告るのか!?
で、二話目ではまた別の人に……。

——狂ってるのか!?

でも、狂っていたのは私の方でした。
有野さんのことを深く知ろうともせず、「サイコ野郎」「節操なし」と断定していたのですから。ゴメンヨ。

奥行きのある、深い深い物語でした。
めちゃくちゃ、青春していました。

また、この作品は私の常日頃から抱えている疑問の答えになっていました。
この作品に出会えて良かった。
気付かせてくれてありがとう。
心からそのように思いました。

★★★ Excellent!!!

 毎回毎回タイプの違う女の子に告白しているのに、全く情熱の衰えない有野くん。何故かそれを掃除用具入れから見守る、実況の上手い森矢さん。果たして二人の関係とは……?

 コミカルな森谷さんの実況にスイスイ読むことができました。最後の展開も好きです。まあ一話だけ……と読みはじめたら、最後まで読んでしまうこと間違いなし。

 余談ですが例の広告、アレなんなんでしょうね。