ナメコたちは想像する

作者 南のと

43

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

大好きだった祖父の唐突な死。
そこから描かれる主人公の心の苦しみが、静かに語られていきます。
身内の死さえも埋もれていく日常の中で、淡々と心を軋ませる様子は、こちらの心も痛くなります。
身近な人の死を、とことんまで突き詰めて考えた時、向き合った時、人の気持ちがどう動くのか。
読み終わると不思議と穏やかで優しい気持ちになっている、短編ながら、非常に密度の濃い作品です

★★★ Excellent!!!

僕を、君を、あなたを形作るのは何なのでしょうか?

彼女の家にお呼ばれして、おでんに鶏の手羽元が入っていて驚いたり、友達の家の鍋の締めがラーメンだったり、そんな些細なことで、僕と彼女や、僕と友達を形作る物の違いに気付かされる瞬間がある。

もちろん、さすがり亜美さんの『ナメコたちは想像する』はそんな低俗な話ではありません。だけど、僕は読んだ後にそんな事を思ってしまった。

いずれにせよ『ナメコたちは想像する』は、人を形作る物は何かを考えさせられる。そんな作品です。

次はあなたが読んで、どの様に感じるのか? 体感してください。
あなたは黒井と同じ低俗なのか? それともさすがり亜美さんのようなのか? 
思考の世界、楽しいですよ(●´ω`●)