Rising!-雷神×死神/喪女×魔王-

作者 玉椿 沢

121

46人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

死神、雷神、魔王が、喪女を介して繋がって、霊を操る呪術師と戦うお話だと理解しています。

非正規の死神、雷神の子、名ばかり管理職の魔王、喪女と。
ひと癖ある凝った設定の登場人物が入り乱れながらストーリーが展開していくので、ウェブのラノベとして読むのに、少し手こずるかもしれないので、ぜひ紙で読みたいなと思いました。

玉椿さんの作品で私が好きなのは、なんと言っても戦闘シーン!
臨場感感溢れる迫力ある筆致はお手本にさせていただきたいです。

車好きな設定など、キャラクターに対する愛が感じられる作品です。

★★★ Excellent!!!

この小説には様々な職業?を持った人間?が登場します。
死神に警察官に女子高生に魔王に雷神に非正規社員、幽霊に呪術師までも。

そんな彼らが『死』という概念について深く踏み込んでいきます。

人間ではないキャラクターもたくさん登場しますが、彼らはみな理由があって行動しています。だからこ、そこの小説には深みがある。表層だけではないから。誰かの行動が何かを誘発し、それによってまた何かが発生する。それは残酷であることがほとんどで、同情したくもなりますし、憤りを覚えることもありますが、『死』と言う紛れもない現実の前には太刀打ちすらできません。だからこそ、私たちは生き続けるしかないのです。

特に最終盤で出てきたとある殺人鬼の言葉に、死にたがりの人が抱える心の闇が現れているなと思いました。

そして、八頭や亜紀を筆頭としたキャラクターたちがかかわりあい助け合っていく姿には手に汗握ります。

素敵な作品でした。

★★ Very Good!!

大胆な世界設定を支える繊細な描写。
迫力の戦闘シーン。
主人公が二人?いることで生まれる対比。
濃厚なキャラ設定。
どれをとっても引けを取らない良作でした。そのため非常に読み応えのある作品となりました。構成力の高さからこの物語にのめりこまされました。これは無料で読めていいのか。そんな作品です。

★★★ Excellent!!!

魔王と死神が登場します。
そう書けばとごかおどろおどろしい雰囲気ですが、この物語に登場するキャラクターはどこか違います。
なぜか皆、人間くさいのです。
個人的にはいつも食事中に呼び出されるベクターフィールドが大好きです。
そして映画化してもいいんじゃないとおもえるほどの完成度の高さです。
亜紀はどの女優さんがいいのか、八頭はどの俳優さんがいいのかなと勝手に妄想してしまいます。
それほど物語としての面白さは折紙つきです。

また守る価値がある人間とはというような深いテーマも潜んでいます。
ただ、難しく考える必要はありません。
魅力的なキャラクターたちとスピーディーなストーリー展開にきっと目が離せないでしょう。
文句なしの傑作なので、創作をするひとは必ずいい影響を受けるでしょう。

★★★ Excellent!!!

この作品には、良い所がたくさん有る。
細やかでありながら、大胆な設定。濃厚でありながら、読みやすい描写。迫力の戦闘シーン。
簡単に書き出しても、百点満点中の百点に近い。
だが何より特筆すべきは。本作の登場人物達から、優しさと哀しみ、そして強さも弱さも、美しさも醜さまでもが感じられる点だろう。

……私の語彙力では、このようなありきたりな表現しかできないのがもどかしい。

今、このレビューをご覧の諸兄が「読み応えのある、お腹いっぱいになるような作品が読みたい!」とお望みならば。
私のレビューなど今すぐ読むのを止めて、本作を読むといい。

この『Rising!-雷神×死神/喪女×魔王-』は、間違いなく貴方を満足させてくれるだろうから――

★★★ Excellent!!!

死神と非正規の死神。
名ばかりの管理職魔王と喪女の府警。

死を受け入れない者に差し向けられる非正規の死神は、いつも危険と隣り合わせ。
死神や魔王の中に管轄外の事件にやたらと首を突っ込む府警が、本作のいいキャラになってます。

作者様の独特の世界観、奇想天外なストーリー。
個性的でユニークな登場人物たち。
非正規の死神と死を受け入れない者とのバトルは鬼気迫る迫力。

名ばかりの管理職である魔王や喪女の府警とのやりとりは面白く、個性的なキャラクターが難解な事件を解決していく。

本格派ファンタジーです。


(第35話 「闇は人を素直にさせた」拝読後のレビュー)

★★★ Excellent!!!

W主人公の物語は、その主人公が対照的だと感じさせられます。

一人は、理不尽で不条理な事態が発生した時のみ招集され、何の保障のないまま危険で、精神的に辛い仕事に従事させられる非正規の死神。

もう一人は、作中では「名ばかり管理職」といわれる契約を司る魔王。その魔王と契約しているのは、防犯課少年班に所属する婦警でありながら、管轄外の事件でも直感が働いた場合は首を突っ込んでいくという厄介なハリキリぶりで、寝ていようが食事をしていようが、召喚します。

そんな設定が面白く、中盤まで死神パートと魔王パートが交互に展開されるというのもよかったです。

しかし読んでいく内に、ふと気付いたのは、死神と魔王は、実は対照的になっているという事でした。

死神は報われる事のない事件に関わらされています。死を受け入れない老婆の下へ寿命を告げるために行く、殺人犯に復讐へ行く霊を止めに行く、作中で「怪力乱神は世に相応しくない」と世界の理を説明されていますが、寧ろ悪役になってしまうような事ばかりでした。

対する魔王は、婦警の無茶に付き合いますが、その婦警は紆余曲折を経て皆に認められる最期になっています。

その対比が死神の哀愁を際立たせ、私には哀しいけど、真っ直ぐな人間性を示しているように感じられました。

「背中で泣く」という言葉がありますが、作中では一度も使われていない言葉だけれど、その言葉が隠されているように思えるのです。

理不尽な事件が多いです。不条理な事態も多いです。でも、これを酷いと憤る気が起こらない作者の物語が好きです。

悲しい、切ないと感じられる主人公の生き方に、他にはない魅力を感じさせられます。

今、最も色々な人に読んで欲しい一作です。

★★★ Excellent!!!

 8話まで読了。
 日常に潜む異常に、異常な世界に片足突っ込んでる連中が挑んでいく。
 こういうのが読みたかったです。

 W主人公は難しいはずですが、キャラの魅力に引き込みキャラ同士をきちっと役割を分けつつ、さりとて魅力を潰し合わずにシンプルなストーリーを描くと、高度な物語構成をしてると感じました。

 私のレビューを読むより本文を読んだ方が良いと思います。
 引き込まれます、それが全てです。

 読み易く一つのエピソードにかかる時間は短いので、エピソード毎に読んでいくのが良いんじゃないでしょうか。

 面白かったです、楽しい時間をありがとうございます。
 続きはまた読みに来ますね。

★★★ Excellent!!!

非正規の死神と魔王という二人の主役を軸にしたお話です。
僕は八頭とアズマコンビを推しています。死神という存在ですが、法というものを体現した方だなと。法とは思想信条人種問わず適応されるものであり、それはだいたいの創作で私刑にされがちな外道にも当然法は適応されるものです。
救いようない外道でも法で裁くために守る。というエピソードも法がもつ性質ゆえです。公務と感情の狭間でそれでもつよい信念をもって死神という仕事を遂行する――。惚れるしかないでしょう? ぜひ!

★★★ Excellent!!!

 大切な人の言葉に従い非正規の死神を続ける八頭と雷獣アズマとのコンビ。

 名ばかり管理職の魔王ベクターフィールドと婦警甘粕亜記のコンビ。

 この2つのコンビのパートが入れ替わりながら物語は進みます。  

 お勧めキャラは魔王ベクターフィールド。 

 悪魔なのに、非常に人間臭い。
 召還された時には、人間界で食事中。

 店に戻せと召還である者亜記に文句を言ったり。

 マニュアルの高級スポーツカーに乗ったり。

 契約の悪魔。魔王ベクターフィールド。
 非常にいい味出してます。
 是非! ご一読を!! 


 カクヨムコン6長編部門参加作品です!!