グッドラック~ケイドロで繋がる赤い糸~

作者 守田野圭二

73

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ノスタルジックな郷愁を感じて、スタイリッシュに今もときめくもの。
そんな存在を追い掛ける、青春真っ直中な物語。

立体的な文章で組み立てられるスピーディーな描写は圧巻の一言。
といっても決してハードすぎるストーリーではない。
魅力的な女の子たちが多数登場して緩急を見事に保ち、決して肩が凝ることはない。

でも、主人公が追い掛けたいのはただ一人。
捕まえたいのはただ一人。
ノスタルジックな郷愁を感じて、スタイリッシュに今もときめく者。

さあ、逃げるなら逃げろ。それでも俺は捕まえに行く。
俺はおまえが好きだから。

★★ Very Good!!

最初は特殊なルールを盛り込んだ、アクション小説の様に話が始まるが、途中、萌えの要素を含んだ会話にホッコリさせられます。

それでも、一度、フィールドに出れば、それぞれのキャラが生き生きと動き回り、アクション性をしっかりと意識しながら描写されていて、でも、やっぱり最後はホッコリさせてもらえる。

甘辛ミックスな作品に感じます。

★★★ Excellent!!!

ケイドロを通して、主人公とその周りの人たちとの関係、心情が濃密に描かれています。
ホント、純粋な青春小説といってもいいぐらいに。

それでいて、様々なギミックを取り入れた斬新なケイドロは、手に汗握る描写が続いて面白いです。
作中のほかにも、いろんな戦略が立てられそうだなぁ、とワクワクしてきます。

よければぜひ、一読を!!