剣は振るえないけどその代わりにフライパンを振るってもいいですか? 〜貧乏領地に追放された最弱冒険者は胃袋を掴むのだけは得意のようです〜

作者 早見春流

幼女……じゃなかった、少女が紡ぐお料理ファンタジー!

  • ★★★ Excellent!!!

このお話は、18歳だけど見た目が小さくて童顔で幼女に間違われるティナ・フィルチュちゃんが主人公です。
幼女って可愛いですよね。ですよね?ですよね!
いえ、この子は幼女ではありませんが、私は幼女だと思いながら読んでいます(なんだそれ)

それはともかく、魔法はからっきしだけど料理が得意なティナちゃんが、料理を武器に貧乏領地の『ヘルマー領』を立て直す……という物語になっています。
「料理は人を幸せにする力がある」
まさにその通りだと思います。
私は料理できませんが、料理好きの人なら思わず試してみたくなる描写がそこかしこに入っているのではないでしょうか。ティナちゃんが作ったものを自分で作って味わってみるというのも、この作品の楽しみ方の一つなのではないかと私は思います。

それにしても、この作品に出てくるキャラたちが揃いも揃って濃い。濃いんですよ。見ていて飽きないのが魅力の一つとも言えますね。
幼女のティナちゃん(?)もそうですが、実力はありそうなのに言動がちょっと残念なミリアム先輩に男色家で筋肉フェチな領主のユリウス、獣耳褐色っ娘で壮絶な過去を持ったアマゾネスのリアちゃん、ユリウスの親衛隊長でありガチムチマッチョだけど優しいお兄さん気質のウーリさん……などなど。
キャラクターみんなに個性があって、コメディ調になっている部分がすごく楽しいんですよ。もう最高です。もっとコメディしててほしいってくらいに。

ま、私のレビューはこれくらいにして、本当におすすめなのでぜひ読んでみてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

M・A・J・Oさんの他のおすすめレビュー 5