火鳥探偵社のKファイル

作者 神崎あきら

51

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

探偵である火鳥と、若頭水瀬の最高で最強のバディが恐ろしい怪事件の解決に挑む物語です!
この作品の魅力はなんと言っても主人公二人の痛快なやり取り。読みながら思わず笑ってしまうシーンが多々。

事件は思わぬ展開や意外な結末を迎え先が読めず楽しみながら読んでいます!緊迫のシーンではヒヤヒヤし、戦いに挑むシーンは格好良く!様々な怪事件を解決していく見どころ満載の作品です!

物語はドラマのようにオムニバス形式になっていますのでとても読みやすく、毎回続きがどうなるの?!と気になっています。
これからの二人の活躍に期待しています!

★★★ Excellent!!!

 飄々としていてシニカルな探偵、火鳥と、粗暴だけれど人情を併せ持つ怖がりなヤクザ、水瀬という、正反対の二人が織りなす軽妙なやりとりが読んでいて楽しいです。
 退魔師ものとも、単なる怪異譚とも違う、いわばオカルト遭遇バディものといったところでしょうか。二人とも一般人とまではいかないまでも、特別な力はなく、視えない者が視える程度の人間、というところがそうさせているのですが、そんな二人が軽妙なやりとりを交わしつつ、火鳥が論理的に、水瀬が暴力的に怪異と戦っていくのが魅力的ですね。
 エピソードの中にはやりきれなくなってしまうような話もありますが、どんな時も決してブレない二人の姿勢や、シニカルなユーモアが清涼剤として機能しているので、軽やかに読み進められます。
 今後、Kファイルにどんな事件が綴られていくのか、とても楽しみです。