「マグロを殺す。青森で」

作者 安川某

『闇鍋』を食べたような気持ちです。

  • ★★★ Excellent!!!

『闇鍋を囲んで一行ごとに一つずつ、適当なものを入れました』
『それがなんと最高の組み合わせばかりで、めちゃくちゃ美味しいんですよ』

 みたいな作品でした。
 ……いや待ってください、それでこの作品の面白さが伝わるとは到底思えません。

 これはご自身の目で確かめていただくしかありません。
 なに、たった6000字ほどの短編です。

 さらっと読んで、これからも『マグロ』を美味しくいただきましょう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

mochi*(読み専)さんの他のおすすめレビュー 32