小鳥と狼は、春に逢う。

作者 穂村 美椎

運命の中で生まれる恋

  • ★★ Very Good!!

恋の感じる予感がうまく盛り上がっていく裏で、抗えない運命を描いているのがよかったです。
現実ではまず起きないけれど、物語だからこういうこともあっていい、そんな意志を感じます。
たとえの使い方がお上手ですね!素敵でした。
こういう感じのもの書きたいな、と思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

松竹梅さんの他のおすすめレビュー 5