私はあなたのためにピアノを弾く

作者 名無しのポチ

27

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ピアノを弾いても、歌を歌っても彼女を振り向かせることはできなかった。
だから主人公は彼女のために愛を弾き語りした。
そしてそれは彼女に響く。

だから。

事故で腕が動かなくなり、ピアノを弾けなくなった時、彼は別れを告げた。
彼女の好きな弾き語りはもうできない。そして、自分は彼女の重荷になると。

そして二人は別れた。

けれど、二人の気持ちは変わることはなかった。

彼女のした選択。

一人で弾き語りができないのなら、二人ですればいい。

これからも二人は二人で歩んでいく。

素敵な作品でした。

★★★ Excellent!!!

ピアノで弾き語りをする彼が、事故でピアノを弾けなくなる。
翼を失った鳥のように、希望を失う。

その時彼女は何を思うのか。

流れるような文体がまるでメロディのように心に響いてくる。
短い話の中に、二人の想いが詰まっている。

病室にピアノが現われた辺りから、危ない。
涙腺が……。