ハチミツ色の絵の具に溺れたい

作者 桃本もも

79

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

以下、良かった点

・台詞文と地の文のバランスが絶妙。全く厭味・違和感がない
・ストーリー構成がとても丁寧
・茜谷まほろが可愛いね
・序盤から親友の交通事故が知らされ、主人公とまほろはどういう関係なのかが気になる、一気に読み進められる
・物語に散りばめられた謎が、知りたいと思う好奇心を刺激してくれる
・見落としがないか、見逃した伏線はないか、等。世界に引き込まれる。
・その上、キャラクタが生き生きしている

まだ半分程度までしか読んでませんが、現時点では全体的にとても丁寧にストーリーをまとめられていました。良作と言っていいでしょう。

★★★ Excellent!!!

主人公の一人称の語りの中で、まほろの人間性まであますところなく語られている点がすごいなと思います。

客観的な三人称寄りの描写と、小刻みに脈動し続けているような主人公の内面とを行きつ戻りつしながら語られる物語。美術室で過ごした二人の時間が、穏やかな基調音のようにストーリーの背景で静かに流れていますね。

とても美しい作品です。

★★★ Excellent!!!

全体的にノスタルジックな印象のある本作、どこか懐かしい、それでいて悲しげな雰囲気をまとうこの物語。決して万人受けとは言えないが、純愛であることは間違いないし、彼女の運命を変えることもできない。
悲しい現実だが、未来を先んじるといつまでもとどまっていられない。悲しさを背負っていく姿がそこにはある。
ここ一週間くらいで読み終えたが、作品としての完成度が高く、時折見せる過去の話が今へとつながり、悲しみが滲む。
まほろという少女も、主人公の佐保も同じようにしてコミュニケーションが得意ではない。
まほろは人には言えない秘密があり、それを受け入れる佐保。マンガを描く佐保に対してまほろが感じた思いとは? それを考えるともどかしい気持ちになる。
二人は互いに支え合い、不可思議な現象の中でも、幸せにつないでいく。
この二年と三ヶ月の間、彼女らは幸せだったに違いない。悲しい現実がこようとも、いずれは幸せな思い出に変わっていく。
喪失感と幸せは表裏一体なのかもしれない。そう感じました。
最後に、面白い作品をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

 現在と過去が交互に描かれており、関係性や日常、思い出、そして二人の気持ちが丁寧に書かれています。節々に伏線も張ってあり、過去と現在を行き来する構成がうまく使われていてどんどん物語の世界に引き込まれていきました。

 ストーリー構成と世界観がとても美しく、また言葉遣いや文構造がそれをより一層引き立てており、心が温かくなり感動する話でした。

 ラストに向かうにつれて心が痛くなるけれど読み終わった後はその綺麗な世界観に圧倒されて心が浄化された気がしました笑こんなに美しい物語は初めて読みました。

★★★ Excellent!!!

一話の最後に二人が別れが訪れる形になり、今の日常が元通りにはならなくなった中で過去の話として進んでいくのかと思いましたが、話は今と過去を行き来する形で進んでいきます。
現在の物語に関係する過去の物語が明かされ、また現在の物語に繋がった時、パズルのピースがハマったように話に引き込まれる感覚があります。

あとは何と言っても美しい文章とストーリー。
文章自体の美しさも感じますが、小説全体から感じる美しさはまるで神聖なものでも見てるような錯覚に陥ります。こんなこと言われても作者の方も困ると思いますけど。

ただ確かに、少しわざとらしさのある可愛さや萌えとは全く違う、自然体な美しさがこの話にはあると思うんですよね。
その雰囲気がとても魅力的な作品です。