第6話:仇討ち

 城壁登りと連携を極めるために、二カ月を使いました。

 サリーという新人が入った事で、全暗殺者二百人が連携を極めるためには、どうしても必要だった時間だが、彼らはその時間を無駄にはしなかった。

 徹底した調査を再度した事で、リアナ殺しを確実にするための要を見つけた。


「本当に私は責任をとらなくてもいいのか?」


 悪女リアナ王妃の剣であり盾でもある切り札、ダーシィがサリーに聞く。

 彼女こそがリアナ殺しを成功させるための要だった。

 ダーシィが最後まで抵抗したら、ライラ暗殺団にも多くの犠牲が出ただろう。

 時間稼ぎをされているうちに、リアナに逃げられる可能性も皆無ではない。

 それどころか、潜入早々に発見される可能性すらあった。


「恨みが全くないわけじゃないけど、あんたはやらされただけだ、だから我慢する。

 でも私の目につく範囲には入らないで。

 それと、私に暗殺依頼が入るような事はしないで」


 ライラ暗殺団は最初にシワシン侯爵家を襲撃して、ダーシィの弟アーチーを確保し、姉弟の解放を条件に裏切りを要求していた。

 シワシン侯爵家は元々裏家業をしていたので警備が厳重だったが、リアナ王妃の力を利用して悪事を重ねていたので、被害者の報復を考慮して王城の次に警備が厳重になっていた。

 その為侵入ではなく強襲になったが、何とか犠牲者を出すことなくアーチーを確保することができていた。


「分かった、裏仕事でしか生きていく事はできないが、目立たないようにしよう」


 ダーシィも闇の中で裏仕事を重ねてきた女だ。

 自分が何を要求されているかくらいは分かっていた。

 後宮内でのダーシィの権力は絶大で、リアナ王妃の寝室近くにまでは自由に入れるが、最後の最後は近づくことができない。

 リアナ王妃は恐ろしく猜疑心が強く、アーチーを人質にしていても、ダーシィを警戒していたのだ。


 だが、後宮の最奥まで近づくことができれば後は強襲すればいい。

 ダーシィから抜け道に続く脱出口は確認してある。

 その場所は、歴代の密偵が調べていた場所と同じだった。

 リアナ王妃の代になって新たに作らさせていなければ、逃げ道には伏兵を置いているから心配はない。

 サリーは寝室につながるドアを次々と破壊して、淫臭に満ちた部屋に飛び込んだ。

 部屋の中には、獣のように愛欲に耽っている国王と王妃がいた。


「私はミネバ王妃の娘サリー王女。

 母を殺し民を殺し己の欲望を満たす下種ども、死ね!」


 恨む相手とはいえ、ライラに仕込まれた流儀を曲げるサリーではなかった。

 苦しませることなく、一刀を左右に振るい、一撃で喉を掻き切った。

 万が一のことを考え、そのまま流れるように二人の心臓を突いた。

 実の父親であろうと、許しはしなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

聖なる王女様は悪い王妃に売られてしまいました。 克全 @dokatu

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画