第19話 再び海の底へ

 彼の言った言葉は正しかったのだ。この世に必要なもの今の事実だけ。図書館は知られることを望んでいない。彼らもこんな絶望味わったのだろうか……。


そして、私は今再びあの海域までやってきた。今度は夜中に。


「姉ちゃん、大丈夫かい? この間より随分と顔色が悪いじゃねえか。それに、夜の海は危ねえぞ」


「ありがとうございます。大丈夫です」


 そんな会話をして、私はまた、今度は、穏やかに海へと体を沈めた。


もう一度海へと潜りまた図書館を目指す。すぐに月明りが差し込めない深いところへ辿り着く。ここはこんなに静かだっただろうか。自分の心の臓の音さえも響かない無音の世界。


 どんどん深く潜ると遺跡が闇の中から姿を現す。入り口に立ちあんなにも、不気味に思えた鴉が今は温かく迎えてくれるように感じる。そして、私もあの図書館の一部となるために最深部へと足を進めた。



 そして私は図書館の住人となった――――。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

海の底から 星野詩穂 @HoshiiShiho

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ