浮気していた彼女と別れたけど、反省の色が濃すぎて思わず許してしまいそう

作者 楽樹木

1,785

706人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

揶揄っているようなレビュータイトルだが この作品を表すのに最適な文言なのでは?と思う
作品自体は流行りの裏切りモノを踏襲しただけで特段光る所がある訳では無いのだが何故か読者数は多かったらしく
キャラの行動や展開に対する検証や批判分析が多いに盛り上がり また止せばいいのに火消しに走ったのか謎統計をかました作者さんが燃料を投下した様になり一部好事家にニッコリを届けていた(笑)
『ネット小説を読む』という実はリアルではあまり大っぴらにしてないので話す事も少ない事で(偏見)同好の士が様々な意見を出し、またそれが実に人間観察に優れていたり 経験に則っていて現実を想像させる様は
『フィクションを超えたリアルであり一読の価値がある』 と自分は思う
そして作者さんは例え読者から作品やキャラに批判 批評 反対意見があったとしてもそれは貴方個人を否定している訳では無いと理解して また作品を生み出して欲しい
期待を込めて星を足しておきます
またレビューに警告が来るだろうか(笑)

Good!

表題から期待してたのは「真摯に反省し許しを乞い、復縁を望む元彼女の姿」を
作品を通して伝えてくる作者の姿勢だったのですが、「ほぼ努力せず作者という名の神の采配と、親友の謎のフォローのお陰で恋人が謎思考に悟りを開いて許される」という裁判で言うなら元彼女の完全勝利の結果で終わりました

彼氏としてはやり切れないでしょう、相手の男は名前すら知らず元彼女も謝罪はすれど言葉だけで「浮気してしまった状況やその心境を」彼女の口からではなく
彼女の親友女性から伝聞で伝えられるだけ
更には「アンタが不甲斐無いから浮気された」的主旨で詰られるという

語られた内容も当事者からすれば伝聞なので「何処まで本当の事か?」と疑念を抱かずにはいられない上に、言葉を素直に取れば「彼女の生来の博愛主義と少しの異性に対する隙」に付け込まれた形で、正に振り上げた拳の置き所に困る内容

彼女が自発的に初対面の異性相手に抱きついてた時点でアウトですし、本文を引用しますが「死にたくなる程の後悔と罪悪感が胸を襲った」にも関わらず最愛の人に対して嘘で塗り固めようとする時点でまあ人間らしいとは思いますが
信用は出来ませんねこんな人は生涯

最終回では謎思考に至って彼氏が彼女の行動を全面的に許容し、彼女を許して復縁匂わせる様な幕引きでしたが、浮気画像見た途端に嘔吐してしまう様な彼氏が今後彼女と復縁するのは精神安定的に宜しくないのでは?と個人的には思います、サブヒロインと化してしまった2人の方が女性としても人間としてもマトモなのでそちらに行かれた方がよろしいのではないかと

最後に元彼女の章タイトルに「あなたの隣を歩きたい」とありますが、彼女の都合で彼氏や夫に内緒で異性と会い、衝動的に動いて最悪の結果を導き出す輩と歩きたがる男性がいるのでしょうか?この辺りはどうも解せないの一言です




Good!

「反省の色が濃すぎて思わず許してしまいそう」
最後まで反省をしてるように思えなかった。顧みて改善していこうという意思もみられない。
ただ、凄く後悔はしているようだ。「悪いと思ってるアピール」は多かった。相手の迷惑考えてなく、やっぱり身勝手さが目立つ行動。
復縁したら次は巧くやるんだろうか…

「もう一度私を好きになってくれるように頑張ります!」
何をどのように頑張るんだろう?それこそが見たかった。
主人公はどうにか折り合いを付けようと考えちゃいるけど、浮気を赦すことって別に前には進んでないと思うんですよね。

★★ Very Good!!

27話完結段階。元々ここまでが執筆予定だったらしいですが、交際相手に浮気というトラウマスイッチを踏まれてショックを受けるも、周りが支えて前向きになっていくまでの話。
浮気理由も、それを赦す赦さないも恋愛感情によるところが少なく、周りのヒロイン候補だと思っていた女性たちにしても一人は好意を伝えたものの、結局友人止まり。
恋愛物で言えばこれから相手の気持ちに向き合う、という肝の手前で終了しています。
これから読む場合は恋愛要素に過度な期待をせず、ヒューマンドラマとして読まれるのがいいかと思います

★★ Very Good!!

一応 end と書いてあるのでレビューをば。と言っても一気読みした訳ではないので印象が薄いのですが。良くも悪くも色々な人が関わっていて、この終わり方はちょっと物足りないかなと思います。ここまでのエピソードで気に入っているものがあるので特にそう思います。その辺の伏線をきちんと回収できていれば星三つでも良かったんですが。次回作に期待ですかね。

Good!

本当はいい娘だから、間違いを許すというのもありかとは思いますが。とはいえ、親切心だけで唇を許すなんて、そんなんある?と思いますし、反省しても取り返しのつかない事ってあるよね??という気持ちもあります。そこら辺、どのように納得感のある展開を見せていただけるのか楽しみにしております。

★★★ Excellent!!!

物語は大変面白く続きを期待してます

男女間の考え方に違いがあり作者様の好きにしてもらうのが1番だと思いますが
やはり元カノは異常だと思うし、はっきり言って怖いし関わりたくないタイプですね
パートナーがいるのに異性からの誘いにホイホイついていくだけじゃなく、身体的接触も拒まないとかあり得ないと思います
元カノは何が悪かったのかすら理解してないし、結局自分の事しか考えてない
美空も元カノを全肯定して相手の男が悪いって本当に親友なの?って感じます
リアルでこういった相談されるときは私はまず自分の何が悪かったと思ってるのかを聞きますし、足りないと感じれば厳しいようでも私見を述べます
特に復縁を望む場合は言葉だけの謝罪に何の価値もないし、今後同じ過ちはしないのが大前提だからです

Good!

大変参考になりました。

現段階の元カノのような女性は、何度でも同じことを繰り返すでしょうし、主人公側も成長が必要だなとは感じますが、考えは人それぞれ、十人十色。大変面白いです。

個人的には、元カノはどんな選択をするにしろ、精神的な成長はして欲しいとは思います。でないと、切なすぎる。

それすらもどう展開するのかも含め、期待してます。(成長しないのも、また人の道)

★★★ Excellent!!!

別に結婚とか籍とか入れてないのだから、法的には何も問題ないし、彼氏彼女が別の異性と遊びに行ったり、手を繋いだりキスしたりとかは別に違和感なく読ませていただいてます。
ただ初対面の異性をいきなり抱きしめる行為は読んでいて気持ち良いものではありませんでした。
どのような設定かは図りかねますが、その後の彼女の描写と初対面の男性にいきなり抱きつく行為が結びつかなくて、、、
よく分かりません。

★★ Very Good!!

作品のタイトルにも挙げられている主人公の元カノ、彼女のキャラクター性が物語の肝と言えるでしょう。
恋人が居るのに浮気をする……そういった人間がどのような思考パターンを持つのか、どのような言葉を吐き、如何なる行動を起こすのか、それらを綿密に調べて、元カノの描写に活かしていると思えます。
だからこそ、自分も含め、読者は誰しもが元カノの一挙手一投足に注目するのではないでしょうか?
これだけ読者から注目されるキャラクターを作り、作中で実際に動かせるというのは、本当に作者の方の才能と努力を感じずにはいられません。

元カノばかりではなく、主人公を始めとしたそれ以外のキャラクターたちの造形も秀逸で、そんな彼らが紡ぎ上げる物語だからこそ、引き込まれてしまうのは当然だと言えます。

最終的にこの物語がどのような結末を迎えるのか……非常に楽しみです。

★★★ Excellent!!!

 彼女が行った行為は、致命的な浮気なのか、それともこの程度であれば、許すことができるのか、そして、彼女がこれから何をしたら主人公は許し、さらに、再び彼女を信頼することができるのか。
 読者のそれぞれの価値観・人生経験によって、意見が大きく分かれ、対立する問題、特に被害経験がある読者にとっては極めてセンシティブな問題がテーマの1つです。
 しかも、巧みな描写により、読者の多くが、登場人物に深く感情移入させられているため、コメント欄が非常に加熱しています。
 こうした点について、作者の方は、どのようなストーリー・答えを提示するのか、目が離せません。
 作者の方が、加熱するコメントに惑わされず、活かせるものは良い方向に活かして、完結して頂けることを切望しております。

★★ Very Good!!

浮気などで、別れてからモテる小説は、別れる前の彼女が、性格キモかったり、行動がめちゃくちゃな場合(ざまぁをするためだけど)や主人公の見た目イケメンだからモテる感が強いものが多いが、この小説は、登場人物全てに好感が持てるところがいい。

浮気した彼女は、自分が悪いとわかっていながら、好きという気持ちともう無理という気持ちに、揺れ動き

主人公は、トラウマを刺激されながらも元カノが幸せになるよう最低限のことを行いながら、これからを考える。

それぞれの親友たちは、自分たちができることを、それぞれの男女側に寄り添い、壊れないよう、見守る。

ヒロイン候補は、自らの気持ちの原点を思い、これからの自分を見つめ直す。

ちょくちょく出てくるクラスメートなども嫌悪感が出るようなこともせず、無駄に場を荒らさないため、ちょっとしたアクセントになる。

それぞれの描写がしっかり書かれてあるから感情移入しやすい。