【完結】~唯一王の成り上がり~  外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様

作者 静内(しずない)@(新作)元国家魔術師×

追放から始まる王道だけどどこか優しさのある物語

  • ★★★ Excellent!!!

実は個人的に追放ものを読んだことがなかったので、こういう世界かと新鮮さを感じながら読ませていただきました。

主人公のフライは幼馴染と共にパーティーを組んでいたが、気づけば戦闘で活躍していないからと、最高難度のダンジョン内でパーティーを首になる。

しかし彼には精霊王のスキルがあり、それこそが皆を強くしていた。
そんな中、フライは彼の力を知る遺跡にいた少女、フリーゼと出会い、彼女を始めとした新たな仲間達と共に活躍をしていく。

と、ある意味で王道らしい物語が基本にはあり、追放されたパーティーの凋落との対比で話を見せていく感じになるのですが。

確かに主人公追放した幼馴染達の凋落はあるのですが、何だかんだで元仲間にすら情を見せるフライの優しさは、物語の中できらりと光ります。

勿論新たな仲間との冒険だけでなく、元パーティーメンバーとの因縁なども合間合間に描かれていきますが、その勧善懲悪っぷりと合わせ、色々な一面を見せてくれます。

一人称ながら、描写と台詞のバランスが良いので「台詞回しばかりだとちょっと……」という方も安心して読める本作。
皆様も是非読んでみてください!\\\\٩( 'ω' )و ////

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

いわゆる典型的な追放ものなのだけど、復讐的要素よりも前向きにどん底から立ち直ろうとする前向きさの方がものすごく光る。読んでいてとても心地よい名作だ。楽しんで読めるダンジョン冒険ものを探している人には… 続きを読む

しょぼん(´・ω・`)さんの他のおすすめレビュー 83