~唯一王の成り上がり~  外れスキル「精霊王」の俺、パーティーを首になった瞬間そのスキルが開花、Sランク冒険者へと成り上がる。なお俺を追放したパーティーは没落した模様

静内(しずない)@唯一王の成り上がり

登場人物紹介(ネタバレ有)



 フライ


 主人公。黒髪で尖った髪型。クリーム色のローブを着ている。

「精霊王」という使いどころがないスキルに悩まされるも、雑用係や周囲の加護など自分にできる精一杯のことを行う。

 しかしその努力は仲間達から認められることはなく、彼だけ外れスキルであるということからパーティーを首になってしまった。


 直後ようやく自分のスキルを活かせる状況になり、彼の立場が一変し始める。





 アドナ


 長身でツンツン頭。パーティーのリーダーらしく、明るくも冷静そうな態度。

 接近戦が得意。

 強力な電気を纏った雷剣「ボルト=アスタロト」を持ち、戦う。



 ウェルキ


 槍使い。

 目つきが悪く、ドクロの首飾りをつけているのが特徴な男。

 口が悪く、尊大な態度をとることがあるが、実力が確か。

 パワーと豪快さでチームを引っ張る。




 キルコ


 大人びた美しさを持った少女。

 杖を持った魔女。


 街一番の美しさといわれている。

 近距離戦闘はできなくはないが不得意。もっぱら遠距離での戦闘スタイルで戦っている。




 ミュア。


 小柄で幼い顔つきに、水色のワンピースとミニスカートを着た少女。

 水と氷に関する魔術の使用適性が高い。

 体力が人並み以下で近距離での戦闘が全くできず、遠距離で仲間の援護などを得意としている。

 人見知りで、他人と接するのはあまり得意ではない。




 フリーゼ


 緑色のセミロング、ストレートの髪で肩がはだけたワンピース、ひざ下まであるスカートをした女の人。


 精霊と呼ばれる人物で長い間遺跡の中に孤独に閉ざされてきた。

 そんな時、フライによって救われる。


 普通の人間では到底太刀打ちできない強さを持ち、彼女一人でSランクパーティーをなぎ倒してしまうほど。


 感情の起伏が少なく、平坦な物言いが特徴。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る