半月の探偵

作者 山田湖

34

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作は卓越した推理力を持つ中学生探偵が警察の協力者として難事件、そして背後で指南する黒幕と対峙する物語です。

半月の探偵と呼ばれる主人公は、警察のA級協力者として事件を追いますが、その真意は先代であり、師でもあった女性を『芸術的な』死に至らしめた、犯人に復讐するためでもありました。

大まかには少年探偵ものにカテゴライズされる作品であり、やや現実の警察機構とは異なる点もありますが、推理ものが好きな方には特にお薦めの作品です。

★★★ Excellent!!!

現時点で投稿されているところまで、一気に読みました!
事件発生から解決までの一連の流れが、推理小説のお手本のように綺麗でした。
特に最初の事件では至る所にヒントが散りばめられており、また事件自体はとてもシンプルのため、とてもわかりやすかったです(私は自力で解けませんでしたが笑)

とても面白かったです。
気になる終わり方をしていたので、続きも期待です!

★★ Very Good!!

 イベントに参加した縁で作品を読ませていただきました。
 導入から事件、疑問点と解決法と、綺麗な流れを作っていて、物語としてとても読みやすかったです。
 ただ少し、以下の点について気になりましたので、素人感想ではありますが書かせていただきます。

・段落の最初の文頭は一字下げ(全角空白)を行う。
・中点「・」ではなく三点リーダー「……」を偶数で使う。
・会話文中で感嘆符「!」や疑問符「?」の後に文章が続く場合は、全角空白を入れる。
・カギカッコの最後に句点「。」は不要。

 中にはこういったルールを気にしない方もおりますが、私なんかはこの辺りが気になってしまうタイプですので、星二つとさせていただきました。
 気にしないで書きます、ということであればそれはそれで問題ないと思いますので、上記については参考程度にしていただければ幸いです。
 今後の展開を、楽しみにしております。