ソラシド

作者 神崎 ひなた

91

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

心が洗われるようなきれいなお話でした。ふと、「旅の報酬は旅の終わりの宝ではなく、旅そのものなのだ」という言葉を思い出しました。

私は器用に生きる人のことは好きになれないし、小利口に生きるための指南書は読みたくない人なので、とても物語に没入できました。
傍から見て不器用で滑稽な人生ほど、本人にとっては味わいがあってよいのだと思います。

素敵なお話をありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

こういう素直になれない男の子いるなと思いました。自分の中では信念とかを持った選択だけど長い人生でみるとちっぽけな分岐点だったりする。それはひとりよがりで何かと理由づけはしてみても相手より自分に向きがち。でも大事なことなんだ。私たちにとって「子供でいた」という日々は宝だ。大人になることそのものより大事かもしれない。あの頃出来なかったのを知っていることがとても大事なんだ。何年か後の自分によかったねと言ってあげるために。過去は魔法だ。今の自分があるための。

連話形式なのが良きでした。「もう!そこ何やってんの!」「いけ!ほら今でしょ!」とやきもきさせられた。おせっかいな悪戯好きの天使が二人をくっつけようと必死なんです。あ、天使って読み手のことなのかななんて思った。ソラシドちゃんが可愛いからそれを見守っていたいもんね。