雨の終末に船を出す

作者 冬木洋子

日常に擦りきれて、

  • ★★★ Excellent!!!

徐々にぼやけていく思い出や声。向こうからの干渉にも煩わしげな主人公に、いまの自分を重ねて身につまされた

それでもさいごは少女のもとへ漕ぎ寄せられますように。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ピピンさんの他のおすすめレビュー 685