ダンジョンツインズ 〜元人間のダンジョンマスターと誇り高いダンジョンコアは、共依存の果てに国を滅ぼす〜

作者 白雲庭 まし麻呂

898

316人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

132話まで読みました。変わらず面白いのですが、評価が上がらない理由の1つを見つけた気がします。
それは各国の地理関係が分からないこと。
各国の力関係が分からないこと。
おそらくなんども読み直せば理解できるかもしれません。しかし1度サッと読んだだけでは理解出来ませんでした。ラノベの単行本のように挿絵があればまた違うかも?非常に惜しいです。
地理などの挿絵ありの単行本で読みたい。
※あくまで個人の感想です。

★★★ Excellent!!!

 まず第一に、文章が読みやすい。嫌な突っかかりなくサクサク読めて、笑いもあって素敵です。主人公たちの心理描写に無理がなく、キャラクターとしても好印象。
 そしてダンジョン、元人間というありがちなところから見事に物語を発展させていて面白いです。
 この作品には、あまりに都合が良すぎるせいで「どうしてそうなるの?」と手が止まってしまうこともありません。

 王道は読み切った! という人ほど、一度読んでみるべきかと。