龍を抱きし天子・今上帝青龍編

作者 婭麟

壮大な青龍と、八百万の神々と。

  • ★★★ Excellent!!!

日本には八百万の神々がおります。
昔から、万物すべてに神様が宿られていると。

このお話の舞台は、そんな日本の神様だけでなく、魑魅魍魎たちまでもがひしめく1000年もむかし。

今上帝様の恋のお話から始まり、ゆっくり時間をかけて、結ばれていく。
ですが、ただの恋愛小説ではございません。

神々や魑魅魍魎たちが黙っておりませんから。

今上帝様が抱かれる巨大な青龍。
最愛なる妻。
そして、本作のメインパーソンである朱明と伊織。

ドタバタあり、キュンキュンありの物語です。
皆様もぜひ、お読みになられてくださいね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

にぎたさんの他のおすすめレビュー 266