実際にやられると殺意が湧くって話だよ

作者 @chauchau

29

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ハチャメチャな展開と、忖度ない独白と、強いキャラによるテンポの良い会話で、ぐいぐい引っ張られていく作品です。
お題がどこに入っているのかを探すのも楽しいですが、ラストまで読んで、その完成度に舌を巻きました。
タイトル、章題、細かなところにまで伏線が張られています。それらすべてを把握したら、ニヤニヤしてしまいました。

★★★ Excellent!!!

面白い企画だったので、自主企画に参加させていただいたと同時に、この企画に投稿された様々な作品を読ませていただきました。その中でも、本企画の主催者様の作品は特に面白かったのでレビューさせていただこうと思います。
とは言っても語りたいことは一つで、それはうまく作品を『見せかけている』という点です。物語は開幕からメリーゴーランドに乗った男の人が愛を叫んでいるという、これ以上ないくらいのギャグ展開で始まります。私はここでクスッと来たと同時に、「なるほど、そういうジャンルなんだな」と納得しました。しかし、それが作者様の思うつぼ、知らず知らずのうちに私は罠にはまっていたのです。そうとは知らずに読み進める中で登場するヤンキーな女の子、明らかに常軌を逸している松下という男、すべては表面的な印象に過ぎません。あなたがこの小説を読み終えるころには、前半のキャラ、展開、雰囲気というのは全て『見せかけ』で物語の本質をなぞってすらいないことに気づくでしょう……と、まあ偉そうにしゃべってしまいましたが、つまり私が言いたいのはそういうことです。素晴らしい物語だったので、星三つを送らせていただきます。

★★★ Excellent!!!

『三つのキーワードで小説を書いてみませんか【「メリーゴーラウンド」、「缶詰」、「ストロー」】』という企画を立ち上げた企画者様本人の作品。
ルールは『「メリーゴーラウンド」、「缶詰」、「ストロー」の三つのキーワードを必ず用いる』こと。注意書きに「作者様が用いた! と言えば誰が何と言おうとも用いております」とも書いております(自主企画より引用)。

しかし今回の作品、企画者が最大手と申しましょうか。
とにかく、その手は思いつきませんでした……というキーワードの使い方。

大変楽しんで読みました!(笑)
物語は疾走感あるギャグですが、キーワードを探して見るのも楽しいですよ!