王様にミルクティーを

作者 楠瀬スミレ

恋した相手は朝鮮王朝の王様でした。

  • ★★★ Excellent!!!

訳あって男性アレルギーになってしまった高校教師の主人公は、一生独身で恋などしないと思っていた。

その主人公のもとに、450年前からタイムスリップした朝鮮王朝の王様が現れる。

教師と生徒、王様と同居することになった主人公ですが、その想いは次第に恋へと変わっていきます。

幸せな時を過ごす二人ですが、もとの時代に戻らなければいけない王様との、切なくも悲しい別れ。

このまま悲恋となってしまうのか……と思われましたが……。

――時を超えたラブストーリー。

素敵なラストシーンに、幸せな未来が見えるようです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

ayaneさんの他のおすすめレビュー 697