六芒星が頂に〜星天に掲げよ!二つ剣ノ銀杏紋〜

作者 縞杜コウ(縞守皐駕)

814

297人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とにかく面白いです!

戦国時代に現代の知識を持って逆行転生してしまった主人公が、立身出世していくストーリーです。

設定としてはありがちではありますが、構成がとてもよく考えられていて、史実と絶妙にリンクしながら進んでいくので、「ここでこの展開になるのかぁ~」と感心しながら読ませてもらっています。

キャラクターもとても魅力的で、味方になっていく有名武将はもちろん個性的で素敵に書かれていますが、敵視点の話も上手く書かれていて、敵としてみると腹が立つのに、その内心を読むと切なかったり…と、素晴らしいです。
個人的には三好長慶の栄枯盛衰の過程が、何とも物悲しくも“戦国時代”というものを表していて、好きでした。

まだ天下泰平にはなっていないので、主人公がこれからどのように日本を平定していき、本来の敵である南蛮勢に対し、どう対応していくのか、今から楽しみで仕方ないです!

日本史わかんない!という方も、時代背景含め詳しく書いてあるので、ぜひとも試しに読んでみてください。
次の更新も楽しみにしています!

Good!

 寺倉氏というマイナーな家、天正年間よりもやや早い年代、と歴史を先読みして変えていくファンタジー要素の強い作品です。特に兵器については、誤射や誤作動による味方・民衆への被害が発生しないようなフィクションらしい展開が多く、歴史小説というよりも純粋に明るい活劇として楽しめます。同盟関係が活きた珍しい作品ですので、よくある安土桃山時代の作品に飽きた方にもおすすめします。

★★ Very Good!!

主人公が信長と初対面したあたりまで読んだところでのレヴューになります。 

今作の原型となった作者さんの別作品をすでに読まれていて、これからこの作品を読もうと思われる方、またはこの作品の原型?の作品をまだ読まれていない方に向けてのレビューになっているかも。

前作は、この作品に比べれば、読者受けなどあまり狙わず、作者がより自分の書きたいように書かれていたとおもいます。

そのため、足利将軍家とのしがらみ、本願寺派など寺社勢力との抗争、朝廷、公家との深い関わり、など、
読者によっては、ちょっとくどく感じたり、いささかやりすぎ感があったり、あまり興味を持てない記述が多かったりしたかもしれません。

今作では主人公の転生先が別の人物になったことによって、そこらへんがどう変わっていくのか興味があります。 

あと浅井長政などじぶんが関心を持っている登場人物の命運がどう変わったのかも。

前作に比べると権謀術数の比重は減った印象をうけますし、
主人公の婚姻相手に選ばれる相手も前作とは傾向が異なってきているようです。

それら変わった部分は読者の好みによって、評価の分かれるところだとおもいます。 

でも今作でも、今川氏真がクローズアップされているなど
よくある戦国転生物の型にはまらない部分がありそうで
期待しています。 


グーグルマップの航空写真など見ながら合戦場を頭に思い浮かべたり、領地が拡大繁栄していく有様など空想してみたりして楽しんでいます。

★★★ Excellent!!!

更新を楽しみにしています。

はじめはよくある戦国時代への転生物と思って読み始めましたが、すぐに裏切られました。
引き込まれてあっというまに読みました。
ちゃんと時代を追いかけて話が進んでいきます。
たくさんの有名な武将が出てきますが、
あっちこっちへ飛ぶことなくまっすぐです。
読んでいて気持ちが良いです。

ほんとは話の内容について書きたいところですが、もったいないのでやめておきます。
読みながらえーまじ?と声を出してしまったところが何カ所かでてきました。思わずそこから読み返してしまいました。それも楽しい。

戦国時代の話が好きな方、この時代への転生物が好きな方、そうでないカクヨムの読者の方にも是非読んで頂きたいです。

ごめんなさい。取り留めがなくなってきました。主人公とともにまっすぐ進んで、この物語を必ず終わらせてください。ワクワクさせてください。

落ち着かないこの時期にこの小説に出会えたことに感謝です。