青い世界

天野蒼空

青い世界

ここはどこなのだろうか何十年、何百年も前からいたような気もするが、たった今来たばかりのような気もする。懐かしさの中に、違和感がある。

深い深い青色。紺と群青の間の色。一面が同じ色だ。僕は目をこすり、この青をよく見る。ぼやけていた視界が次第にはっきりとして来る。だんだん深い深い青色が明るくなる。遠い遠い北の海のような瑠璃色。遠くにほ何かの陰がみえた。高く四角い陰。

なせだろう。

僕ほそこに行ってみたいと思った。そこに懐かしさを感じた。

四角い陰はたくさんある。ごちゃごちゃと立ち並んでいる。そこはとても遠いようで、案外近そうだ。

僕は前へ進んだ。

その時、僕は初めて足があることを知った。いや、違う。知ったんじゃない。思い出したんだ。

「僕には足がある。進めるから進むんだ。」

誰かの声がした。誰だろう。中を見回してから思い出した。これは僕の声だってこと。


どのくらい歩いたのか、僕にはもう見当もつかなかった。青い世界は青いままだった。四角い陰は近くなる気配もない。

僕は、考えることを辞めていた僕の頭を使って考えていた。一体ここはどこなのだろうか、と。

答えたは出てこなかった。何か思い出せそうだったのだか、僕の頭の中には霧がかかったままだ。

――ザワザワザワ

何かを揺れ動かすような音。空気が右Kから左へ流れていく。風、だ。


その時、僕の頭の中から霧が消えていった。次々に蘇る記憶。懐かしい街のざわめき。あの人の声。あの時のぬくもり。

そして――――止まってしまった時。


あの日。僕がみたものは、幻なんかじゃなかった。

いつも通りの帰り道。前を歩くあの娘。まぶしい空。照り返しの強いアスファルト。空からふってきたまぶしい物体。その物体の放つ青より青い青。消えていく音。腕時計の微かな音もやがて止まった。僕が最後に見たのは気味が悪いほど青くなった、青だけの世界。そう。


そして――――



―――カッチ、コッチ、カッチ、コッチ、

音がする。時計の音だ。また、時が回り始めた。


fin

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

青い世界 天野蒼空 @soranoiro-777

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画