アステリアの白雷

作者 東 京介

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第10話 死んでも助けるへのコメント

    マリー、良かった。(ノД`)・゜

    最後の一文、超カッコ良かったです。心臓がキュッとなります。

  • 第9話 新星の唄へのコメント

    >人狼の死体に触れ、ぺろり、と取り込んだ。
    うわーん!
    怪物、マジやばそうですー!!!!

    >マリーはもう死んでいるかも
    そ……そんな……((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    見るからにヤバそうな怪物ですが、歌ったり言葉を介したり妙に美声だったりと殊更ヤバくなっております!絶望的状況の中でヒューズはどうするのか、マリーは無事なのか、ぜひお楽しみに!

    2020年11月22日 11:55

  • 第9話 新星の唄へのコメント

    意思を持つような不定形生物の容赦ない攻撃。
    マリーの行方、ヒューズの怒り。どうしようもない絶望。
    けれど、まだ先がある。
    レグルスが何を待っているのか、それが人狼にとってどういう意味があるのか。
    人語を話す化け物を、倒すことは出来るのか。
    続きを待ってます!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    この生物はいったい何から生まれ、なぜ言葉を話すのか。レグルスの真意とは。様々な謎を散りばめながら進む第二部ですが、今後ともぜひよろしくお願い致します!

    2020年11月22日 11:53

  • 第9話 新星の唄へのコメント

    畳みかけるようなピンチで続きが気になります、応援しています!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ピンチをチャンスに何度も転じてきた彼らですが、それが今後も通じるのかどうか…これからも頑張って書いてまいりますので、ぜひ応援よろしくお願いします!

    2020年11月22日 11:52

  • 第8話 落果へのコメント

    >マリーは「愛の力!」と興奮していた。
    こういうユーモアを入れつつ……

    >マリーは、消失していた。
    こういうめちゃ緊迫したシーンッ!

    流石ですッ!!

    ってか、マリーは無事なのか!?
    心配ですー!!!!
    ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ユーモアからの急転直下というのは書いている側からしても緩急がついて楽しいので、今後も多用するかもしれないです笑黒い果実の脅威、マリーの安否、ぜひハラハラしながらお楽しみください!

    2020年11月22日 11:51

  • 第8話 落果へのコメント

    やっと読みに来れましたが、状況がすごいことになってますね……
    ルークさんの異能は探知系の物なのかな……
    そして危険な果物の正体はどういったものなのか……
    謎は深まるばかりですがマリーちゃんがまだ無事であることを祈ります………

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    果実編(仮称)、怒涛の展開となっております!新キャラを多く迎えて謎も盛りだくさんでお送りしていますので混乱しがちかと思いますが、ぜひゆっくりとお読みいただければ幸いです。マリーはどうなったのか、一行は無事任務を終えられるのか…お楽しみに!

    2020年11月14日 22:32

  • 第8話 落果へのコメント

    た……大変なことになってるじゃないですか!
    ルークが何でそこまで死のにおいに敏感なのか。それはきっと、これ以降に明らかにされていくのでしょう。
    落果させるべきではなかった? でもそれ以外にどうすれば!
    マリーの身が心配です……。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ルークの持つ力についてはまだ語れず…読者様にはぜひともヤキモキしていただきたいと思っております笑 今回は急転の話でしたが、次回マリーがどうなるのか、そして果実の正体とはなんなのか?ぜひご覧いただければと思います!

    2020年11月14日 22:30

  • 第7話 黒い果実と若き王へのコメント

    レグルス、軽い感じですが覚悟を持って接してきているのですね。
    ルークの正体も気になるところではありますが、まずはその気味の悪い果実とやらをどうにかしなくては……!
    人にも人狼にも被害が出ているなんて、これは新たな波乱の予感です!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    人狼の王としての片鱗も見えつつ、軽さも際立ちつつと言った具合です。彼の内面が見えてくるとまた印象が変わるかな?と思いますのでお楽しみに!果実といいルークといい正体を描くのが作者としても楽しみです!

    2020年11月8日 19:50

  • 第7話 黒い果実と若き王へのコメント

    今度の敵は触手使いですか。これは気を付けなければいけませんね、特に女性陣は。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    触手に絡め取られてあんなことやそんなことをされてしまうとマズいですね。もしかするとそんな生易しいものでは済まないかもしれませんが…

    2020年11月8日 19:48

  • 第7話 黒い果実と若き王へのコメント

    触手、気味悪いですね。
    これが人がいなくなる原因だったんだ!

    レグルスと戦うことにならなくて良かったです★

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    気味の悪い触手と果実ですが、その正体や如何に……?
    レグルスのキャラクターについても今後しっかりとご注目くださればと思います。恐らく、印象がコロコロ変わる男なので…

    2020年11月8日 19:47

  • 第6話 狼の森再びへのコメント

    またフェリシアが沢山活躍しそうで良かったです。
    学園に入学にはならずにノルノンドに帰ってしまったから、もうあまり登場しないのかな〜と思っていたので、嬉しい誤算でした☆

    ルークの異能、どんなものなのか気になります!

    レグルスから失踪事件についても聞けるのかな?
    ((o(´∀`)o))ワクワク

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    フェリシアは住んでいるところこそ遠いですが、ノルノンドという街自体が異能的地雷源とでもいいますか、凄まじい土地なので出番も自然と増えるのです笑 彼女の治癒能力も強力なので、今後とも活躍にご期待ください。ルークとレグルス、新キャラが矢継ぎ早に登場しましたが、ゆっくり描いて参ります!

    2020年10月27日 12:13

  • 第6話 狼の森再びへのコメント

    新入生のルーク、見た目頼りないですが、何を持ち合わせているのかとても楽しみです。
    更にレグルスまで現れて……
    彼の軽薄さも計算なのか素なのか
    これから始まる感じがして、わくわくします!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。(反応遅れてしまい申し訳ないです!)
    ルークも勿論ただの臆病な後輩ではなく、バックボーンも用意してありますので、今後明かされることをご期待ください。レグルスの思惑も含め、森の話も盛り上げてまいります!

    2020年10月27日 12:11

  • 第41話 箒星の偽演へのコメント

    コピー系能力者との戦闘は大好物なのでアツくなれました!

    そして黒幕的な存在だったリオさん…オ “リオ” ンって事だったんですね……こういう意味を含んだ名前もとても好きです

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    コピー能力者がオリジナルに劣る展開はあるあるなのですが、それでも熱いものがあると思います。王道ならでは…といったところですね。リオ改めオリオンの暗躍にもご注目くださればと思います!

    2020年10月27日 12:10

  • 第5話 琥珀のひと時へのコメント

    この一年、改めて聞くと濃密ですね(笑)
    ヒューズの違和感と第三世代が気になります!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    実際は一年どころか一年が経過する前に起こったことなので、濃密度はさらに上がっております笑
    カトレアの人格や過去、そして世代という概念は今後重要なものになってきますので、ぜひお楽しみに!

    2020年10月18日 19:44

  • 第5話 琥珀のひと時へのコメント

    更新お疲れ様です^ ^
    お待ちしておりました((o(^∇^)o))
    一年で何を学んだ?
    難しい問いですね( ̄^ ̄)んーッと⁈
    自分は昨日の事すら危うい!
    一年を要約して語れるヒューズは凄いです!
    今話は深いです。
    求められるものとあるべき姿......⁉︎
    いろんなテーマが隠されているように感じます。
    次回の更新も楽しみにお待ちしております♪

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    私も一年前のことをいざ思い出してまとめろと言われても難しいと思います笑ヒューズたちの一年は一般とは比べ物にならないほど濃いものなので無理もないとは思いますが…
    おっしゃる通り、今回の話にはテーマが存分に盛り込まれております。カダフィ様の考察が当たりかどうかは残念ながら答えられませんが、ぜひ続きをお待ちください!

    2020年10月15日 22:04

  • 第3話 疾技と剛力へのコメント

    ヒューズとフレッドの力が均衡している感じが良いですね☆

    なんと次の任務はノルノンドの森ですか!
    シリウスを思い出します(*´∀`)

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    二人の力関係は曖昧なところが多いですが、いざ激突すれば互いに無傷では済みません!いずれ決着まで書きたいと思っています。
    ノルノンドで何が起こっているのか、そして物語がどう展開するのか、ぜひお楽しみに!

    2020年10月7日 13:55

  • 第2話 隻腕の女傑へのコメント

    爆発に巻き込まれて人知れず死んだ強者というのが印象に残りました。いくら強くてもダメなときはありますし、異能が広域系でないと自力脱出は厳しいでしょうしね。
    あと、誤字らしきものとして「確かな自身」(自信?)という表記がありました。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    あの戦いは見た目以上にアステリアに深刻な被害をもたらしたのだということを知らせたかったのです。仰るとおりいくら強い人でも運が悪ければ死んでしまうでしょうしね…
    そして誤字報告感謝です!修正いたしました!

    2020年10月7日 13:54

  • 第2話 隻腕の女傑へのコメント

    ヒューズとフレッドの手合わせって久々ですかね?
    どちらが勝つのか、引き分けか……
    気になります!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ヒューズとフレッドが戦うのは(本編で直接描写していない訓練中以外は)第一部第一話の戦いぶりになります!あれから二人がどう成長したのか、異能抜きにはなりますがぜひご堪能いただければと思います!

    2020年9月27日 10:32

  • 第2話 隻腕の女傑へのコメント

    『"空凍"のカトレアさん』の一言だけで
    場面がクルリと展開してしまう!
    スゲェ!
    やっぱり筆力ハンパないっす!
    ヒューズも成長しているみたいだし
    これから大好きな剣撃シーンもありそうだし
    更新楽しみです((o(^∇^)o))

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    「空凍」という異名の真意もこれから先明らかになりますのでぜひお楽しみに!次回はヒューズとフレッドの成長を感じていただけるかと思います!

    2020年9月27日 10:31

  • 第1話 始まりの風へのコメント

    新しい担任は右腕の無い女性!
    なかなか印象的なビジュアルですね☆

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    新担任、カトレアは第二部の重要な役割を担う人物になっています!彼女の右腕が失われた理由なども今後明かされていきますので、ぜひご注目くださいませ!

    2020年9月25日 11:02

  • 第28話 紡がれる道へのコメント

    フェリシアがシリウスの傍にいた時はどうなることやらと心配していましたが、ひとまず無事(?)にヒューズと一緒に戻れてホッとしました…

    2章ではシャウラの戦い方が特に好きでしたね!再登場にも期待しております

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    フェリシアにも色々と思うところがあるでしょうが、ひとまず解決ということでヒューズの元に戻ることができました!シャウラもまだ出番がありますので、ぜひお楽しみに!

    2020年9月25日 11:02

  • 第1話 始まりの風へのコメント

    楽しみにしておりました……!

    そしてまたもや一癖も二癖もありそうな教員さん……

    彼女の過去に何があったのか、明かされるのが楽しみです。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    なんだか癖の強そうな新担任、カトレアが右腕を失う経緯も第二部のストーリーの根幹に大きく関わってきますので、ぜひご注目いただければと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します!

    2020年9月14日 09:41

  • 第1話 始まりの風へのコメント

    お待ちしておりました(((o(*゚▽゚*)o)))!
    いきなりクセのありそうな担任Σ(-᷅_-᷄๑)

    更新楽しみですぅヽ(^o^)

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    新たな担任、カトレアも今までのキャラクターに負けず劣らずの精神性を持っていますので、ぜひご注目いただければと思います笑 できるだけ早めの更新を心がけますので、ぜひこれからもお付き合いください!

    2020年9月14日 09:39

  • プロローグへのコメント

    『白色兄妹の得意技』から第二部『プロローグ』まで読破です!
    そんなわけで、ようやく最新話に追いつきました☆

    >ヒューズは料理が好きだった。
    ヒューズ、そうなんだ!
    意外でした(*´∀`*)

    >切りすぎ! 微塵切りみたいになっちゃってるよ!
    (笑)
    フェリシアとフレッドが気になって仕方ない感じが面白かったです☆

    >私たちがサポートする。
    マリー、良い家族がいて良かったです(*´ω`*)
    とってもほっこりしました☆

    >傷付けることはないって信じてるよ。
    ヒューズとフレッドの折り合いがついてホッとしました♪

    >されど暗闇に光あれ
    まさか、シリウスやシャウラが出てくる話をまた読めるとは!
    なんだか切ない気持ちになりました〜(*´ω`*)

    >新王、レグルスよ
    おおおお!
    新章の冒頭から新キャラ!!
    ワクワクする始まり方☆
    イイですね〜(*´艸`*)♪

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。素敵なレビューもいただいていたようで、もう跳ね上がるような嬉しさです笑もう感謝しかありません!
    フレッドとフェリシアの恋路は、なんだか本編でがっつりと絡ませるのは違うなあという思いからこうして描かせていただきました。彼にとって納得のいく結末かはさておき、一応の区切りは付いたのではないでしょうか。第二部ではそこにも触れていきますので、ぜひ今後ともよろしくお願い致します!

    2020年9月13日 19:43

  • 館の恋愛攻防戦へのコメント

    『追想:大樹と無垢の花』から『館の恋愛攻防戦』まで読破でーす!

    >13歳まで孤児院で時を過ごした。
    ええ!?
    ロシェにそんな過去が!
    なかなかの苦労人だったんですね。。。

    >ジン・ブレンハイムが発した、初めての言葉だった。
    おおー!
    ジンだー。
    二人はこういう出会い方だったんですね。

    >同じ姓になるのは「まだ早い」などと
    良いですね!
    すごく初々しいです(*´艸`*)♪

    >「んー……無いな!」
    無いんかーい!ってなったけど、このあと起こること考えると予言めいててイイですね☆
    切ないけど……

    >読めたと思ったら話が訳わかんねえし!
    残念です(笑)


    >満開のお花畑で二人っきりになって……
    超女の子らしい理想!
    微笑ましい(*´ω`*)

    >「ぜんッぜんわかんねえ」
    残念です(笑)(笑)

    >混ざり砕けてみぞれになる
    確かに、活かしきれない。。。

    >僕の水をレインの氷にそっとなぞらせてやれば、氷はもっと大きく、ずっと冷たく、強力な力を生み出すのさ
    おおおおお!
    なるほど!!
    合わせるだけが能じゃないんですね!
    『助ける』ですか〜、良い話だ〜☆

    >新しい兄弟みたいなものなのかな
    レイン、良かったですねー(*´∀`*)


    >モノクロを基調としたメイド服を可憐に纏っている。
    おおお!
    良いですね〜☆
    実際に見たい(●´ω`●)

    >そりゃあフェリシアちゃんでしょ?
    マリー、鋭いッ!(@_@;)
    ほわわんとしているように見えて、結構周りをしっかり見ている娘ですよねー(*´∀`)☆

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    またまた返信が遅くなってしまい申し訳ありません!番外編は本編では触れられなかったキャラクターの一面や、学生らしさに主軸を置いて描かせていただきました。ロシェとジンの話は私もお気に入りで、二人のキャラ性を際立てることができたんじゃないかなあ、と思っております。
    詳しく読み込んでくれて嬉しい限りです!本当にありがとうございます!

    2020年9月13日 19:41

  • あとがき&お知らせへのコメント

    第53話からあとがきまで読破です!
    というわけで、本編読み終わりました☆

    >マリーの異能が吸血鬼にとって最大の弱点
    マリー強かったです!
    大活躍でしたね☆

    >「俺も誇りに思う……愛してるぜ、お前ら——」
    めっちゃ良いシーンでしたが、悲しかったです(´;ω;`)

    >他でもないシリウス自身が険しく制しているのだ。
    シーリーウースーッッ!!!!!
    最後までカッコ良すぎる!!!!!!!

    >焼ける! 私の体が、水分が、蒸発する……!
    フレッドの「秘密兵器」、めっちゃ役に立ちましたね☆

    >一度故郷に帰るのもありかも。
    また皆で旅行!
    楽しいことが起こりそうな予感での第一部の終幕!!
    とっても気持ちの良い終わり方で好みです(*´艸`*)♪

    >アステリアは「星」を意味する言葉
    なるほど!
    小説のタイトルの意味がわかって、スッキリです☆

    ではでは、また番外編を読みに来ますねー!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    本編を読み終わってくださったようで感激の至りです!長いお話でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。シリウスとジンという敵味方を問わない大きな柱、そして生徒たちの成長、考えの変化。その辺りを楽しんでいただけていたのなら幸いです。番外編は本編で書けなかった日常、裏話、そして二部に繋がる重要なお話もありますのでぜひお楽しみいただければと思います!

    2020年9月1日 20:24

  • されど暗闇に光あれへのコメント

    久しぶりにシャウラの登場!やっぱり、なんか好きなんですよね。悪役に魅力があるのはすごいです。

    番外編もとっても面白かったです。第二部も楽しみにしてます!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    シャウラを気に入っていただけて嬉しいです!私も好きなキャラクターで、主にレインとの戦闘が多かったですが、もっと戦わせたかった、または可愛い姿も描きたかったと思っております。本編で命を落とした彼女ですが、なんらかの形で言及がある予定なのでお楽しみに!

    2020年9月1日 20:22

  • プロローグへのコメント

    長編 第一章完結 お疲れ様でした。
    重厚にして軽快。
    しっかり楽しませていただきました^ ^
    読後にフワフワと漂う感じは読み物の中から
    現実に戻って来る残り香なのかな?
    自分にはそんな不思議な作品です(*^ω^*)

    第二章も楽しみにしてます((o(^∇^)o))

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    読後感をなんらかの形で味わっていただけるというのは、一物書きとして本当に嬉しいお言葉です!ありがとうございます!第一部を踏まえた上で、第二部でもまた新鮮な物語を提供できればなあと思っております。お付き合いいただきありがとうございました!

    2020年9月1日 20:20

  • されど暗闇に光あれへのコメント

    アルフェルグの誇りの関係は第一部でも少し引っ掛かるところがありましたからね。
    そして、ついに第二部がスタートしたようで!
    確かにここで終わりにするには少し勿体なかったですからね。
    あと、途中で「見に纏った」という表記がありました。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    アルフェルグと誇りの関係、そして本編で見せたような聖人のような心と黒い精神性の二面性が、実は第二部の鍵になってきたりします。第一部で回収できなかった謎のあれこれもガンガン書いていきます!
    そして誤字報告もありがとうございます!直しておきました!

    2020年9月1日 20:18

  • 第52話 天空が落ちる日へのコメント

    第48話から第52話まで読破でーす!

    >「命の意味を知りたい」という潜在的な願望はあった
    初めてハーピーが登場したときは恐いなって思ってましたが、ここでシャウラの話が出てきて、かなり見方が変わりました。
    薄々感じていましたが、この物語は人間が善で、魔物が悪という簡単な構造では無いみたいですね。

    >でも、許可が。
    許可がいるような事って何だろう? ってこの時点ですごく気になってました。

    >儂は勝利を導くことと、こやつの護衛を任された。
    シリウスの義理堅さ!
    カッコイイですねー。でも敵なんだよなー。

    >危ないし巻き込むかもだし
    なるほど、それで許可か!

    >お前の『本気』に巻き込まれて死ぬ者が居れど、それは本望なのだ。
    やっぱりシリウス格好良い!
    仲間になってほしいキャラですねー。

    >呟きを最期に生き絶えた人面鳥
    いつの間にかシャウラに感情移入してしまってたみたいで、何やら寂しさを覚えます。

    ではでは、またー!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    返信が遅れてしまい申し訳ありません!シャウラの望みはとうとう叶いませんでしたが、その身に宿った想いと悔いはぜひ重要なものとして忘れないでいただけると幸いです。魔族一人ひとりにバックボーンがあり、生い立ちと理念もあるのです…

    2020年9月1日 20:16

  • されど暗闇に光あれへのコメント

    深い……魔族側にもそれなりの思いがやはりあってそれを滅茶苦茶感じられる話でしたね……。
    そして暗闇を駆け抜けた流星が落ちた先に何が見出されるのか、とても気になります。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    本編を通して魔族は人間に立ち塞がる大きな壁でしたが、その裏にどんな思いがあったのかを感じ取っていただければ幸いです。流星のその先は、第二部でたっぷりとお届けしますよ!

    2020年8月22日 22:11

  • 彩に浮かぶ白色へのコメント

    諦めが悪いで、こちらもキュンとしました。
    ヒューズの最後の思いもカッコいいです!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    フレッドの精一杯の強がりでした笑 彼も第一部を通してダントツで成長した人物ですので、今後フェリシアを相手にどう立ち回るのかにもご注目いただければと思います。ひとまず、第一陣はこれは決着ということで。

    2020年8月20日 19:43

  • 彩に浮かぶ白色へのコメント

    フェリシアらしい断り方でしたね。
    そして、フレッドは諦めないでしょうし……。
    ゆーーーーっくりと何かが進展していくかもしれないし、しないかもしれない(笑)
    でもとりあえず、五人の間に流れる雰囲気が変わらずに安心しました。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ヒューズにも共通して言えることですが、多分この兄妹は自分の損得勘定が超苦手なので、こう断るだろうなあという具合に書かせていただきました。進展するのかしないのか、ヤキモキさせられれば幸いです笑

    2020年8月21日 18:35

  • 第47話 小さな覚悟へのコメント

    第43話から第47話まで読破です☆
    そんなわけで、四章を読み始めました!

    >「ぎゃああああッ、核、身体の核がッ! 焼ける焼ける焼ける——」
    ジン、強い!
    オリオンが小物に見えます!!

    >ヒューズが目を覚ますと、辺りは暗闇だった。
    無事のようでホッとしました☆

    >アルフェルグという魔族と最初に戦ったのは、今から丁度七年前——ジンが24歳の時だ。
    ジンとアルフェルグが出会った話、面白かったです!

    >アルフェルグが整えた手筈は……毒殺と不意打ち。
    あんな過去ばなしのあとで、まさかの不意打ち!
    私もアルフェルグを見誤ってましたー!!!!

    >……わたしの異能じゃ、治せません
    毒は駄目なんだ……
    ショックです。。。

    >勝ちの目しかないな!
    ジン、カッコ良すぎですね!!(涙)

    >「先公だけじゃねえ、フェリシアが命張ってんだ。この救助、絶対に成功させるぞッ!」
    フレッドもフェリシアもカッコ良かったです!
    すごく良いシーンでした☆

    >「お前の、仲間んとこにも……到着したな」
    このあとのヒューズとレインの戦いも楽しみです☆

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    なかなかショッキングな始まりから四章に突入しましたが、着いてきてくださっているようで嬉しいです!ジンの命を燃やす様、そしてそれを受け継ぐ生徒たちの奮戦をぜひ最後までご覧いただければと思います。

    2020年8月20日 19:42

  • 星降る夜にへのコメント

    優しくてめんどくさいお兄ちゃんが最高です。そしてイベントを抜け目なくでばがめする女の子たち...。青春ですね!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    青春してます!全員同級生のはずなのですが、書いているとやはり微妙な年齢差があるような、それこそ四兄弟のようなポジショニングになっている気がしますw見守る側と見守られる側、これからも彼らの青春をご覧いただければと思います!

    2020年8月14日 22:38

  • 星降る夜にへのコメント

    フレッド……告白が男らしすぎるでしょうよ……( ̄▽ ̄;)
    フェリシアちゃんが混乱しちゃってるじゃないですか! まさか、自分にそんな感情を抱く人がいるなんて、思いも寄らなかったでしょうから。
    ……でも、彼女はどうするのか? 断るのか、お友達からならと言うのか、この場は逃げて考えるのか、はたまた……?
    次のお話も楽しみです。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    フレッドがどんな告白をするだろうかとよーく考えたのですが、最後はストレートだろうなと思ってこうなりましたw
    フェリシアの返答はどんなものになるのか、ぜひ次回をご期待ください!

    2020年8月14日 22:36

  • あとがき&お知らせへのコメント

    長編完結お疲れ様でした。
    薄氷を履むような勝利だったからこそ
    印象が深いです^ ^
    自分もこんな風に描けたらいいのにな。
    勉強になったり勉強を忘れて読み込んだり。
    全てがハッピーエンドで終わったわけではないけれど良かったなと思えたラストシーンでした。
    新章も応援します(^O^☆♪

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    ここまで読んでくださって本当に嬉しいです!そのように言って頂けると作者として感謝しかありません…!また機会があれば新章にもぜひお越しください!

    2020年8月13日 10:37

  • 第5話 氷刃の宴へのコメント

    読みに参りました!
    磨き抜かれた表現力に圧倒されてしまいます……!なんて読み応えのある戦闘描写なのでしょう!
    キャラクター1人1人に早くも魅了されています。

    楽しみに、大切に読ませていただきますね!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    お褒めいただきとても嬉しいです!特に月原さんに「磨き抜かれた表現力」と言っていただけるとは、書いていて良かったなあと思う次第です!
    またお時間があればいつでもお越しくださいませ!

    2020年8月12日 06:19

  • 追想:ジュエル・パニックへのコメント

    次はアレですね、俺と妹とどっちが大切なんだってやつですね

    作者からの返信

    そうですね、兄と妹とで巻き起こる修羅場が発生することでしょう()

    2020年8月12日 06:17

  • 追想:ジュエル・パニックへのコメント

    こういう、大人がしっかりと子供を包んでいくお話は大好きです。導くもの、守る者、背を押す者…。年齢と共に苦労と静かな強さを得た、かっこいい大人の描写でした。

    総じて、アイオライト家は幸福な一族だ。

    そして、この文の余韻が大好きです。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    この物語の主軸は子供たちですが、だからこそ彼女らを支える強い大人たちが魅力的に感じるのだと思います。私もかっこいい大人は大の好物です!
    アイオライト家はおそらく何百年前からもずっとこんな感じの暖かな心を持ってるんじゃないかなあ、と思います笑

    2020年8月8日 10:28

  • 追想:ジュエル・パニックへのコメント

    アイオライト家……いい家族だなぁ……

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    誰一人として性格の曲がっていない理想的な家庭でございます。ずっと位が高い理由もそこにあるのかも…?

    2020年8月8日 10:26

  • 追想:ジュエル・パニックへのコメント

    マリーさん、下手に異能が暴発して、死者が出なくて本当に良かったです!!

    そしてアイオライト家の皆様優しくて見ていて微笑ましい限りです………!

    ………さて、フレッドさんとヒューズさん、一体どうなるのでしょう、ハラハラしつつ見守らせていただきます!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    本当に下手したら人死が出る火力ですからね、そういう面も含めてマリーはかなり幸運でした!
    次回、フレッドとヒューズが一体どうなるのか、ぜひお待ちくださいませ!

    2020年8月8日 10:25

  • 第42話 此方七年を嗤う影へのコメント

    第39話から第42話まで読破です!

    >「お兄ちゃん」と呼んだことは一度もない。
    おおお!
    フェリシアじゃなかったんだ!!
    ヒューズ、さすがです☆

    >「君の親を殺したのは、この私だと」
    犯人!ってここで信じ切ってました(笑)

    >やんなきゃいけねえことは何だ!
    おおお!
    フレッド、良いこと言うじゃん!!
    その通りですね☆

    >私の力は何も姿を真似るだけではない。
    すごい!
    この時点ではこの人には勝てないんじゃ?って思ってました。

    >変身と模倣は似ているようで真逆だ。
    どんなに人の能力を使えても、使いこなすのは別問題なんですねー。
    なるほどなーってなりました。

    >私が犯人です。
    まさか本当の犯人が別にいるとはッ!
    びっくりしました!!
    面白いです!!!

    次の章も面白くなりそうで、読むのが楽しみです♪

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。三章の読破お疲れ様でした!三章は構造が他の章と比べて複雑で難しい部分もあったと思いますが、ここまで読んでくださって本当に嬉しいです。フレッドの成長っぷりを沢山描くことができたので、私は大満足ですが笑
    これからもどうぞよろしくお願いします。

    2020年8月9日 09:46

  • 第38話 目覚めの咆哮へのコメント

    第34話から第38話まで読破です☆

    >冷気とガスの入り乱れる室内に、三人の寝息だけが穏やかに聞こえている。
    ヒューズが狙われてるのかと思ったら、女性陣もピンチッ!

    >そこらに転がっていたのは、数人の死体だった。
    ええ!
    そこまでするような何かが学園内にいるって事ですか!?
    これってかなりヤバい事態ですね。。。

    >ロシェがすぐ近くで顔を寄せていた。
    味方の登場にちょっとホッとしました☆

    >「……誰かに、洗脳されていた?」
    催眠術的な感じでしょうか。
    まさか自分の意思で動いていたわけではなかったとは……
    驚きの展開でした。

    >二人はフレッドのことを完全に敵と認識しているようだった。
    女性陣まで洗脳されちゃうとは!
    フレッド、ピンチでしたね☆

    >「あ……あれ? なんで二人に攻撃してたんだろ」
    一時はどうなる事かと思いましたが、正気に戻ってくれてホッとしました♪

    >あなたたちがその担い手かもね
    ロシェの回想シーン、グッときました☆

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    読破お疲れさまです!少しヘビーな内容だったと思いますが、こうして付いてきてくれて本当に嬉しいです。
    ロシェと行動することで事件の全貌がぼんやりと見え始め、これから核心へと移っていきますので、ぜひそちらまで読み進めていただければと思います。

    2020年8月4日 19:27

  • 白色兄妹の得意技へのコメント

    フェリシアさんが気付いていない辺りと、ヒューズくんが焦っているの、そしてフレッドさんが告白どころじゃなくなっているの見ていてわちゃわちゃしててかわいいですね!

    果たして、フレッドさんの告白、成功するのか、というかまずフェリシアさんに気付いてもらえるのか!

    続きが気になります!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    こういったあれやこれやとわちゃわちゃしてる感じは番外編ならではというか、本編ではなかなか書けなかった部分なので、そう言っていただけると嬉しいです!フレッドの奮闘とフェリシアの天然っぷり、そして少しずつバグり始めるヒューズにご注目ください笑

    2020年7月31日 12:33

  • 白色兄妹の得意技へのコメント

    お兄さんに勘づかれてしまいましたね。
    でもフェリシアちゃんは全く気付いていない様子…(笑)
    フレッドとレインのコンビもなかなか面白いので、続きも楽しみです!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ヒューズとフェリシアは兄妹揃ってどこかぽやっとしたところがあるのですが、今回はヒューズだけ勘付きました笑
    奮闘するフレッドと保護者ポジションのレイン、その活躍も今後ともよろしくお願いします!

    2020年7月31日 12:31

  • あとがき&お知らせへのコメント

    お疲れ様でした!
    マリーが好きです…!かっこいい…。続けて読ませていただきます!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    そう言っていただけると本当に嬉しいです。マリーは四人の中でもムードメーカー的な立ち位置でしたので、垣間見えるカッコよさに着目していただけて何よりです!

    2020年7月28日 12:57

  • 館の恋愛攻防戦へのコメント

    ようやく、ここまで追いつきました!
    最終回&番外編を楽しく読ませていただきました。
    あ、でもまだ番外編は続きますね。楽しみです。

    本編の怒涛のようなバトルシーン、いつもわくわくしながら読んでいます。
    番外編はヒューズたちの和気あいあいが読めて、ほっとすると共に、楽しいです。
    やはり、フレッドが一番好きなので(笑)、そもそも告白できるのかさえ怪しいですが、彼の気持ちが伝わればいいなと思います。
    第二部に入ってからでも、チャンスはあるはずですから!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    一部最終話、そして番外編まで読破していただき嬉しい限りです!そういったコメントを頂けるだけで本当に励みになります!
    番外編はキャラクターの隠された一面、本編で見せなかった素顔を描いていますが、フレッドが特にふにゃふにゃになっているので、これからフェリシアとどうなっていくのかお楽しみくださいませ笑

    2020年7月26日 21:04

  • 第55話 彼方幾年を照らすものへのコメント

    やはり、シリウスとジンは規格外にかっこいいですね。
    二人とも自らの信念を貫き、貫き通して生を終えた。
    居なくなってほしくない二人でしたが、それが必要な物語だと思います。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    シリウスとジン、それぞれ敵と味方とで立場は真逆ですが、ヒューズたちにとって「人生の師」というポジションになるように描いていました。彼らの遺したものはこれから先、第二部でも大きく関わることになると思いますので、ぜひ心に留めていただければと思います。

    2020年7月26日 21:02

  • 第37話 煉熱・後帯の乱舞へのコメント

    フレッドのストレスたまったからとりあえず殴る、が笑えました。
    そして、やっぱり彼がこの物語で一番好きですね!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    フレッドの単純さというか、暴力の真っ直ぐさは作者としてもとても書きやすい上、書いていて楽しいです笑四人の中でも随一の成長を誇るフレッド、彼のことをこれからもご注目いただければと思います。

    2020年7月26日 21:00

  • 第34話 不可視の檻へのコメント

    アステリアの生徒に殺されかけてる!
    え、何がどうなったんですか。
    数人で魔族と渡りあった彼らを危険因子と見たのか、それとも別の目的があるのか。どちらにしろ、ヒューズたちにとっては危険以外の何者でもありませんね。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    さて、どういう理由なのでしょうか笑読んだ先で納得していただけていれば幸いです。「危険因子」という考え方はひょっとするとこれから先(まだ書いていないところ)で少し重要になってくるかもしれません…

    2020年7月26日 20:58

  • 第4話 四人目へのコメント

    めっっっちゃ面白いです!読みやすいし、内容がもう完全に好みだし、キャラ立ってるし。ちまちまとになりますが、読ませて頂きます。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    気に入っていただけて何よりです!そういったお褒めの言葉が本当に励みになります。ぜひお楽しみくださいませ!

    2020年7月26日 10:20

  • あとがき&お知らせへのコメント

    面白かったですー!番外編も楽しませていただきますね。

    戦う女子はカッコいい派の私なのですが、マリーの決め技はもう、文句なしにかっこいいです!でも、印象に残ったのは天が落ちてくるシャウラの攻撃でした。あれもすごかった!そして迎撃するレイン!

    みんな素敵でした。

    最終回が近づくと寂しかったので、第二部のお知らせを読んで嬉しくなりました。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    最終話まで読んでいただき感激です!男女問わずかっこよく、信念を持った戦いを描けていたならいいなあ、と思います。
    番外編ではマリーとレインたちの意外な一面、そして第二部(予定)では死亡したシャウラの存在が物語に関わる予定ですので、ぜひお楽しみいただければ!

    2020年7月25日 13:18

  • 館の恋愛攻防戦へのコメント

    マリーの指摘で間抜けな声を出すヒューズが、らしからぬ様子で面白いです。
    戦闘ではかっこよくても、普段の生活でこういう隙のある描写とかいいですよね。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    今までヒューズも含めキャラクターの強さに重点を置いて書いてきたので、こういった面も描写できて本当に楽しいです。こういうものも番外編ならではですよね!これからも彼らの日常にご注目ください笑

    2020年7月24日 11:14

  • 館の恋愛攻防戦へのコメント

    うわぁ、これはフレッドさんも大変そう………

    まさか、相手のお兄ちゃんに冗談で片付けられてしまうとは!!

    頑張ってと思わず応援してしまいました……!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    フレッドとヒューズ、お互いに相容れない思惑があり、譲れない意志があるのです…初期に暴れたツケなのかもしれません。
    ヒューズに認めてもらえるのか、そしてそもそも告白が成功するのか、ぜひお待ちいただければと思います!

    2020年7月23日 19:30

  • 第33話 揺らぐ秩序へのコメント

    第29話から第33話まで読破です☆
    というわけで、三章を読み始めました~!

    >目的は場慣れだ。
    ひえええ。
    じゃあ、二章であった出来事は小手調べってことですか!?
    本番はこれからか……

    >後のことは天運に任せよう
    シリウス。本当に敵になってしまったんですね。。。
    好きなキャラだったので、ちょっとショックですが、面白い人間関係ですね。←人間じゃないけど(笑)

    >医者が暴走しないとも限らん
    不安になる言葉(笑)

    >敢えて性別をうやむやにしているような、そんな印象を与える姿だった。
    リオ、人柄が読みにくいキャラですね。
    良い人なのか、悪い人なのか……
    ちょっと警戒してしまいます。。。

    >『あるんじゃない。こっちから情報を抜く方法が』
    むむ。
    これは今後の展開に関わるポイントなのでは!? と個人的に勘繰ってます(笑)

    >親殺しの『犯人候補』。それがセントールだった。
    意外と近くに候補が!
    他にも犯人候補、出てくるのかな???

    >間違いなく、命を狙われている。
    また一波乱起こりそうですね!
    飽きさせない展開☆ さすがです!!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    三章まで到達していただき嬉しい限りです!シリウスのことを気に入っていただけたようで、作者としても力を入れているキャラクターなのでとてもありがたく思います。三章は他章と比べて異質な内容になるかと思いますが、ぜひ文を疑いながらお読みいただければと思います笑

    2020年7月24日 11:13

  • 第32話 諜報科へへのコメント

    フレッドくん応援してますよ(笑)
    ああゆう手合い、キャラクターとして応援せずにはいられませんから!
    多分、お兄さんの壁が分厚いでしょうが…。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    応援せずにはいられませんか!笑フレッドは四人の中で精神面の成長がかなり大きいキャラクターなので、こうして応援していただけるのもそのお陰かなあ、と思います。当作に恋愛が少ないからかもしれませんが笑

    2020年7月20日 21:42

  • 第5話 氷刃の宴へのコメント

    『氷の巨盾』に驚きました。
    氷の異能は使用方法もかっこいいんですね!

    バトルシーンはとても繊細且つ迫力があり、面白かったです!

    『地面から迫る強烈な冷気に身が震える』ってゾクっとしますね(>_<)

    続きも楽しみです!

    時間がなくて読むのが遅くなり恐縮ですが、少しずつ読ませていただきます!
    今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    氷の異能は書いている側からしてもどう動くか、どう使うかのイメージが膨らませやすく、とても書きやすい異能の一つでした。表現にも着目していただけて嬉しいです!

    読んでいただけているだけで私は幸せですので、速度は全く気にしなくて結構ですよ!好きなように読んでいただければと思います!

    2020年7月20日 21:41

  • 第23話 戦局の昏迷へのコメント

    おおっ、フレッドとヒューズコンビの戦闘、格好いいですね!
    でも次回、第三の存在が現れるよう……。
    怖いような楽しみなような……
    レインの様子を気にしながら読み進めますね。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    格好いいと言っていただき嬉しいです!最初は犬猿の仲だった二人が徐々に打ち解けていく様子は自分でも書いていて楽しいところでした。第三の盟主の出現、お楽しみいただけていれば幸いです!

    2020年7月20日 21:39

  • 第28話 紡がれる道へのコメント

    第23話から第28話まで読破です!
    そんなわけで、二章を読み終わりました~☆

    >ハーピーは、少女めいた顔にヘラヘラとした笑みを浮かべながら、翼についた氷片を払っている。
    ハーピーの描写、こわかったです。
    ヘラヘラと笑ってるところが特に不気味でした~。

    >「……お前、入学の時とは別人だな……!」
    ですね!
    成長を感じます(*´ω`*)♪

    >レインは「兄」になることを決意した。
    レインの過去にこんなことがあったとはッ!
    切ない。。。

    >時間逆行にも近い性質を持つ、「癒いやし」の異能力であった。
    むむむ。
    これがフェリシアが狙われた理由かな??

    >立っていたのは、ロシェだった。
    ここで援軍が来たことを確信!
    ホッとしました( *´艸`)♪

    >無理に突っ込まれた食料でも顔色を戻している。
    面白いシーンでした。
    それまでが緊張した戦いのシーンだったので、余計に笑えた気がします☆

    >……フェリシアも、そこに来ないか?
    三章からはフェリシアも仲間になるという事でしょうか?
    キャラクタが増えて賑やかになっていきますね!

    ではでは、また読みに来ます(^_^)/

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    二章まで読んでいただき感激です!ハーピー、シャウラとの戦いは今までと比べてもとても激しく、レインの精神に大きな影響を残すことになりました。そしてシリウス、フェリシアと重要なキャラクターも出てきた章で、私も書いていてとても楽しかったです。ぜひまたご覧ください!

    2020年7月19日 23:02

  • 第41話 箒星の偽演へのコメント

    また読みにきます😊

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    いつでもお越しください!

    2020年7月18日 10:59

  • 第3話 才気の証明へのコメント

    削ぎ落とされ
    スッと入って来る臨場感!

    (*☻-☻*)スゴイッス!

    どれだけ一話一話削ぎ落す
    文字数があるんだろ?

    多分 一話で自分の二話分くらいは
    削ぎ落としてるなぁ⁉︎

    って思いながら作品に引き込まれてました。
    ありがとうございました。

    もうただの一読者でございます。




    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    お褒めいただき光栄です!多めの文字数から削ると良い文章が生まれる、とはよく言いますよね。私はあまり添削せずにぽいっと投稿してしまうものぐさなのですが…笑
    これから先、徐々に物語が進んでいきますので、どうぞお付き合い頂ければと思います。

    2020年7月16日 14:04

  • 第17話 ノルノンドの狼へのコメント

    ヒューズが行方知れずだった妹と再会……の前に一波乱あるようですね。
    次を読むのが楽しみです!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ヒューズは妹と出会えるのか、森の奥にはなにが待ち構えているのか……二章はそれら含めて物語の根幹が大きく動き出す章となっていますので、ぜひお楽しみいただければと思います!

    2020年7月14日 23:04

  • 第5話 氷刃の宴へのコメント

    面白いです!ただの異能力バトルではなく、そのバトルの表現方法が面白く、カッコいいです。例えば「轟音を重ね合わせ、鼓膜を顫動、、、」というような自分では思いつかないようなワードセンスがいいなと思いました!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    バトルシーン、かっこいいと言っていただけてとても嬉しいです!なんとなく合いそうな単語を並び立てている節もありますが、それはそれで良い塩梅に仕上がっていたのなら幸いです。機会がありましたら、続きもぜひご覧くださいませ。

    2020年7月12日 18:41

  • 第22話 討ち払う退魔の志へのコメント

    第18話から第22話まで読破です!

    >人狼は流槍を軽々と避けると、ぽかんとしているフェリシアをその場に座らせて笑った。
    まさか人狼と妹が仲良しな展開とはッ!!
    驚きました(*‘∀‘)

    >「そう警戒するな、お前は大切な友人の兄だ。退魔師とはいえ殺しはせんさ」
    人狼の王、話の分かる良い人そう。
    妹を助けてくれた、命の恩人ですね☆

    >フレッドはいつになくしおらしい態度で、ちらちらとフェリシアに視線を送っては逸らしている。
    お!
    これはフレッドに恋の季節が!?(笑)

    >ノルノンドが人狼に襲撃されるってこと?
    なんでなのでしょう?
    何か理由があるのかな??
    気になります!

    >人狼たちが咆哮を上げ、波状にフレッドに襲いかかる。
    予告通り、やって来てしまいましたね。。。

    >私はここでみんなを守らなきゃいけないので!
    マリー、カッコ良いです!

    わくわくする展開です( *´艸`)♪

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    シリウスは今までの魔族とは少しテイストの違う、ポジションはどうあれ好感の持てるキャラクターとして描かせていただきました。シリウスがどう動くのか、フェリシアとの関係はどうなるのか、そしてフレッドの奇妙な行動は!笑ぜひお楽しみいただければと思います。

    2020年7月12日 18:26

  • 第12話 終幕・檜星の断剣へのコメント

    いつもありがとうございます。
    ここまで読ませていただきました。
    アルフェルグの強さが恐ろしくはありますが、「二度はない」との言葉の通り、いつか主人公たちと再び相まみえるのだろうとわくわくしています。
    続きも楽しみに読ませていただきますね。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ここまでお読みくださって本当にありがとうございます!とても嬉しいです!
    アルフェルグとの因縁ができたわけですが、今後再び戦うときが来るのかどうか。ぜひご覧頂ければと思います。

    2020年7月7日 16:09

  • 第7話 親睦・晩餐会へのコメント

    マリーちゃんの力のもとは大量の食事。
    ……太らないのが羨ましい限りです(笑)

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    そうですね、私もいくら食べても太らない体質になりたいものです笑大量の食事で規格外のパワーを出すマリー、彼女にもぜひご注目くださいませ。

    2020年7月7日 16:06

  • 第14話 ロシェの矯正へのコメント

    「天眼」、、、強い!!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    天眼のロシェ、強いです!

    2020年7月7日 16:03

  • 揺れる焔の恋模様へのコメント

    フレッド君、かーわいい!
    タイプ正反対でむしろお似合いだと思いますけど、そういう雰囲気に持っていくまでが相当大変そうですね(笑)
    私もレインと同じ位置で応援してます^ ^

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    フェリシアはフェリシアで指摘通りのぽやぽやした性格ですので、うまく告白の雰囲気に持って行けるかが一番難しいかもしれません笑彼らがどうなるのか、ぜひ温かく見守っていてください。

    2020年7月7日 16:02

  • 揺れる焔の恋模様へのコメント

    間髪入れずに、「なに言ってやがんだこの雪女」で吹き出しました。
    レインの策士ぶりが見事です。

    こういう番外編、キャラの魅力が深く掘り下げることができていいですよね。
    番外編を書こう書こうと思いつつ、プロットを用意した者の、書けないままでいるのですが‥‥。
    わたしも早く書きたいです!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    レインのキャラクターは四人の中でも格段に扱いやすいので、こういった日常話でも活躍してくれました。番外編、いいですよね!私も本編ではバトルばかりだったので、ずっとこういう学生らしい一幕を書きたかったのです。夏頼さんもぜひ番外編書いてみてください!

    2020年7月5日 23:15

  • 揺れる焔の恋模様へのコメント

    フレッドさん、可愛すぎですか!?
    旅行で一体フェリシアさんとの仲がどうなっていくのか!
    続きが気になります!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    普段ツンケンしてるキャラクターがこういうことになるとトコトン弱いの、個人的に大好きなんですよね笑フレッドには少し申し訳ないですけど、書いていて非常に楽しかったです。
    これからは旅行に絡めて過去回想も入ってくるので、次話で即告白!とは行きませんが、引き続きお楽しみいただければと存じます。

    2020年7月5日 23:13

  • 揺れる焔の恋模様へのコメント

    青い春と書いて青春してますね。いかにも思春期らしい男子たちの会話という感じが出ていて、とても良いです。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    本編では学生らしいところをあまり見せられなかったかな?と思ったので、フレッドの恋模様と合わせて存分に書かせていただきました笑

    2020年7月5日 23:11

  • 第17話 ノルノンドの狼へのコメント

    第13話から第17話まで読破です!

    >「大丈夫、生きてる。容態は安定してるわ」
    みんな無事でなによりです(*´ω`*)

    >入学してまだ時間は経っていないが、完膚無きまでの敗北というのは心に重くのしかかるものだ。
    負けず嫌い(笑)
    でも、こういう小説のキャラクタはこうでなくちゃ☆

    >図らずもこの特訓の恐ろしさを体感することになった。
    ロシェの指導シーン、笑えました( *´艸`)♪

    >私たちをつつく時は絶対つぼを突くんだよ
    まさかのツボ押しッ!
    面白い設定ですね☆

    >「うん。四人でさ、旅行に行かない?」
    やったー!
    旅行だー!!

    >ノルノンド。それが、次の動乱の場所だ。
    えーーーーーー!?

    >フレッドは幼い子供のように広場を駆け回っている。
    和みました(*´ω`*)♪

    >マリーに手を出してはいないだろうね?
    お父さんッ(笑)
    いいキャラしてますね☆

    >題名は『ノルノンドの狼』。
    今後の展開の布石かな!?

    >「え? ヒューズの妹さん?」
    どういうことなんでしょう?
    気になる展開です☆

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ロシェの特訓、笑っていただけて何よりです!彼女のつかみどころのないキャラクターも楽しんでいただければ幸いです。ノルノンドの狼にヒューズの妹と、ここ辺りから物語が大きく動き始めるので、ぜひ読み進めていただけると嬉しいです!

    2020年7月5日 08:58

  • あとがき&お知らせへのコメント

    狼王の辺りから一気に物語に引き込まれました。彼の最後の戦いが印象に残っています。
    久々に重厚なファンタジーを読めました。第二部を楽しみに待っています。

    作者からの返信

    読了お疲れ様でした!
    物語が大きく動き出すのが二章、シリウスが絡み始める頃なので、まずそこに辿り着いていただいたことに感謝しかありません。ありがとうございました!第二部までの繋ぎとして番外編を投稿して行きますので、ぜひお楽しみいただければと存じます。

    2020年7月5日 08:56

  • 第27話 決別の問いへのコメント

    シリウスのおかげで人間と魔族の戦いに深みが出て一気に物語に引き込まれました。
    天晴れだ、新兵ども、のセリフがカッコいいです。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    シリウス、気に入っていただけて何よりです。彼はただの「敵」ではなく、今までの魔族とは一線を画した物語の軸を表すようなキャラクターになりました。セリフ、お褒めいただきありがとうございます!シリウスのセリフは個人的にも気に入っているものばかりです笑

    2020年7月5日 08:54

  • 第12話 終幕・檜星の断剣へのコメント

    ジンの強さと個性、アルフェルグと旧知の仲など、非常に魅力的なキャラです。戦闘描写も彼の強さを示していて印象にのこりました。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ジンはヒューズたちの成長に欠かせない、背中の大きい人物として描かせていただいておりますので、魅力的と言っていただけてとても嬉しいです!戦闘描写もお褒めいただきありがとうございます!

    2020年7月5日 08:53

  • 第1話 白雷と灼光へのコメント

    某とある異能物語でも某電撃使いはビリビリといわれてましたね( ´∀` )

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ですね。某有名な電撃使いさん、先駆者としてぜひリスペクトしたいものです。私もこの作品のことを愛称(?)としてビリビリくんと呼んでいました笑

    2020年7月1日 19:40

  • 追想:大樹と無垢の花②へのコメント

    暖かな印象ですね。ジンがロシュのことをどう思っていたか、またロシュがそれにどう応えようとしていたのか、不器用な優しさが感じられました。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ロシェとジンの詳しい関係性は本編であまり語らなかった部分なので、今回の番外編は補足の意味が強いです。本編の言葉の節々で伝わっていればいいなあ…
    不器用な優しさ、そう表現していただけて自分でもなんだか納得してしまいました笑

    2020年6月28日 20:22

  • 追想:大樹と無垢の花②へのコメント

    花言葉っていいですよね!

    最後のオチまで本当に素敵です!!
    ロシェさんとヒューズさん四人のこの面子、見ていて本当に好きです!!


    (ノエルさんとレインさん、スノウさんとか3兄妹の話も見てみたいっ…………!)

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    いいですよね、花言葉!「ライラック」に込めた意味は構想段階からあったのですが、本編では出せなかったので番外編で書けてよかったです!花言葉といえば「マリーゴールド」の花言葉は不穏なものが多いことも、後々活かしていければと思っております!
    レインたち兄妹の話も書きますよ!

    2020年6月28日 20:20

  • 第12話 終幕・檜星の断剣へのコメント

    第9話から第12話、読破です!

    >人を襲う魔族と、正式な許可を得て戦う
    おおおお。
    早くも実戦!
    飽きさせない展開☆ 流石です!!

    >「プロの退魔師に手配されながらもそれを撃退し続け、殺しを敢行し続ける魔族」
    しかも早々にすごく強そうな強敵!
    今の主人公たちでは太刀打ち出来そうもない程っていう所が……にくいッ!

    >ジンとアルフェルグ。二人には、どうやら今までにも交戦した経験があるようだ。
    面白い人間関係!!
    知り合いなんですね~。

    面白くなっていく要素が一章の中に沢山出て来て、二章以降を読み進める楽しみがどんどん増える!
    続きが気になります☆

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    一章の読了お疲れ様です!続けて読んでくださって本当に嬉しいです!
    一章はキャラクターやストーリーの導入色が強かったかと思いますが、二章以降は一章の内容を踏まえて話が展開していきますので、ぜひお楽しみいただければと思います。

    2020年6月29日 21:42

  • 第32話 諜報科へへのコメント

    いつも楽しく(ハラハラしながら)読ませて頂いてます。

    前回からの彼が気になって仕方ありません。

    そう、フレッド君!!(//∇//)

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    フレッドくん…彼はこれからどうなってしまうのでしょうか?ぜひご期待ください笑

    2020年6月22日 21:16

  • 第8話 研鑽の日々へのコメント

    第5話から第8話まで読破です☆

    >マリー。お前は別メニューだ。
    なるほど!
    マリーの力はすごいけど、戦闘は素人ですもんね☆
    別メニュー、納得です!

    >「僕の異能は『氷』。堅牢で、限りなく、そして自由な能力だ!」
    氷の異能、戦闘シーン格好良かったです(≧▽≦)☆

    >『魔族を殺さなければならない』のは、どうやら自分だけでは無いらしい。
    みんな何かしら思うことがあって、此処にいるのかな??

    >次の瞬間、シチューは皿から消えていた。
    マリー、めっちゃ食べますね(笑)
    消えるって……スゴイ( *´艸`)♪

    >「マリーの異能! あのエネルギーの正体は『食事』なんだ!」
    なるほど!
    それなら大食いにも納得ですね☆(笑)

    >自分の異能を活かし、より効率的に魔族を——
    魔族の弱点は異能なんですね~。
    上手く異能を使って魔族を倒せるようにならなきゃですね(≧▽≦)☆

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    詳しく読んでくださって嬉しい限りです!気になったところ、気に入ったところ、ぜひ覚えながら読み進めていただけると楽しみも増すかと思います。読破ありがとうございました!

    2020年6月22日 21:15

  • あとがき&お知らせへのコメント

    完結おめでとうございます!
    もっと早く駆けつけるべきところを、遅くなってしまいました。
    アステリアという名称に最初に思ったのは、某ソシャゲでミノタウロスがアステリオスと呼ばれていたことで、同じギリシャなので関係があるのかなと思いました。
    関連した続編とするなら、アレが変節したのはアレのせい、あたりを使うのかなとも思いましたが、きれいに決着を付けていますので、全く新しい形でも楽しみにしていますね。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    アステリオスは「雷光」という意味だそうで、それはそれで作品に合ってていいかも…。やはりギリシャ語はカッコいいですね。
    続編、仰るとおりアレの変性がアレで関係してくる予定でございます。ぜひお待ちください。
    お付き合いありがとうございました!

    2020年6月22日 21:14

  • 第55話 彼方幾年を照らすものへのコメント

    既に一週間ほど経ってしまっていましたが、完結と聞いて飛んできました。
    次回が最終回ということでしたが、ついに戦いが決着したので思わず書き込みをと。
    レイン、マリー、ヒューズ、それにフェリシアwithフレッドと、きっちり主要メンバーが敵の盟主を倒しきったのが良かったです。最近はなかなかそこまでやってくれない作品が多いので、スカッととは少し違いますが、やってくれたという感慨がひとしおでした。
    引き続き、最終話やあとがきも読ませて頂きますね。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    主要メンバーがきっちりと敵を倒し切るというのは初めから意識していたことで、ヒューズがまるっきり主人公!とはならないほうがいいなと思っていました。半ば群像劇みたいな。
    ここまで読んでくださり、本当に感謝しかありません!

    2020年6月22日 21:12

  • 第12話 終幕・檜星の断剣へのコメント

    お世話になっております、テルーです<(_ _)>
    手も足も出ないラスボス級が突然現れた絶望感…前の2話で「まさか」と思いましたが、生徒4人は死なないんですね。ビクビクしながら読んでました('ω')

    能バトルと謳われている通り、戦闘描写に迫力がありますね!変に難しい言葉を使っていないので、しっかりと映像が浮かんでくる描写でした!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    序盤でラスボス級と遭遇する、という展開は完全に私の好みです笑ビクビクしながらも読み進めていただけたことに感謝しかありません。戦闘描写に関しても、褒めていただき本当に嬉しいです!ありがとうございます!

    2020年6月17日 16:41

  • 第4話 四人目へのコメント

    第1話から第4話までイッキ読み失礼します!

    >彼女が対魔族能力科の新入生、最後の一人だ。
    同級生4人だけなんですね!
    それだけ特殊な能力って言うことなのでしょうか。

    マリーの力にはビックリです。
    この娘大丈夫かな?って思っていたらあんな力がッ!
    キャラが立ってます☆

    レインはどんな能力を持ってるんだろう。
    気になります☆

    文章とても読みやすいです。
    戦闘シーンの描写を読むの苦手なんですが、状況がわかりやすくて苦手な戦闘シーンも楽しく読めました☆

    また続きを読みに来ますm(_ _)m

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    一気読み感謝です!マリーの力は特に驚いて欲しかった部分なので、そう言っていただけてとても嬉しいです。戦闘シーンを好きになる一助になれれば幸いでございます。
    ぜひ続きもご覧ください!

    2020年6月15日 15:41

  • あとがき&お知らせへのコメント

    完結おめでとうございます。そして、お疲れさまでした^ ^
    中盤の敵味方がひっくり返る辺りから、最終決戦……一人一人の見せ場まで、綺麗に纏められていて楽しく読ませていただきました!
    私はフレッド君の恋を応援しています(笑)まだまだ乗り越えねばいけない壁は大きいでしょうけど……。
    特に女性陣がたおやかながらも強くて、素敵でした。
    続きか番外編か、どちらにしても楽しみにお待ちしております^ ^

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    最後まで追いかけていただいて、本当に嬉しい限りです!
    フレッドの恋…この先書くことになるかはわかりませんが、前途多難でしょうね笑ヒューズという最大の壁(?)が立ち塞がることになるので…
    本当にありがとうございました!続きがあればよろしくお願いします!

    2020年6月12日 22:52

  • あとがき&お知らせへのコメント

    執筆お疲れ様でした。迫力ありながらも細かい描写の戦闘シーンが好きでした。

    楽しい時間を過ごさせて頂きありがとうございました。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    戦闘シーン、お褒めいただきとても嬉しいです!最後まで読んでいただきありがとうございました!

    2020年6月12日 22:50

  • あとがき&お知らせへのコメント

    完結おめでとうございます!

    戦闘シーンにわくわくしながら読むのが日々の楽しみでした。
    キャラクターが亡くなるシーンは、死際がとても綺麗に描かれていたので、悲しいながらも素敵だと思っています。(語彙力が……)

    毎日連載お疲れ様でした。
    続きも待っています!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    キャラクターの死に関しては、味方であれ敵であれすっきりとした余韻が残せればいいなと思って書かせていただきました。伝わっていれば幸いです!
    改めて、最後までご覧頂きありがとうございました!

    2020年6月12日 22:50

  • あとがき&お知らせへのコメント

    読ませていただきました。途中からの参戦でしたが、とても楽しく読ませていただきました。ひとまずお疲れさまでした。また楽しい作品が読めるのを楽しみにしています。

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    お付き合いいただきありがとうございました!次回作を気長にお待ちくださいませ!

    2020年6月12日 19:21

  • あとがき&お知らせへのコメント

    完結お疲れ様でした!!
    本当に最後の最後まで素晴らしかったです!!
    (途中で追いつけてよかった・・・・!) 

    次回作、この話の続きになるか、別のお話になるか、どっちにしろ読みに行かせていただきますね!!

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    しばらくゆっくりして、また復活して好きなものを書いていきたいと思います!

    2020年6月12日 19:20

  • あとがき&お知らせへのコメント

    お疲れ様でした。゚(゚´ω`゚)゚。
    楽しみにしてますねヾ(๑╹◡╹)ノ"

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    気長にお待ちくださればと思います!

    2020年6月12日 19:20

  • 第55話 彼方幾年を照らすものへのコメント

     次回、ついに最終回ですか…! 楽しみです!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    はい、最終回でございます!
    最終回投稿後にあとがきとお知らせを掲載する予定ですので、ぜひご一読いただければと思います。

    2020年6月11日 22:40

  • 第55話 彼方幾年を照らすものへのコメント

    敵側にリスペクトというわけでも無いんでしょうけれど、最後にシリウスが見せた態度とオリオンの往生際の悪さがちょうどよいコントラストになって、戦いの最期を飾って見せましたね。とてもカッコよかったですよ。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    シリウスとオリオンは全く以って真逆のキャラ造形になりましたね。彼ら二人の振る舞いから、ヒューズたちも多くのことを学ぶのだと思います。

    2020年6月11日 22:40

  • 第53話 命の輝きへのコメント

    ジンさんの生き様が凄く素敵でした。

    そして、残された生徒達の戦い。
    例え、生命が無くなったという意味で死んだとしても人は誰かの心の中で永遠に生き続けるのだなと強く思わされます。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    ジンにはとても思い入れがあったので、こういう形で描けたことに心からホッとしております。
    残された生徒たちがこれから何を思い、何を成すのか。ぜひ見守っていただければと思います。

    2020年6月10日 10:22

  • 第52話 天空が落ちる日へのコメント

    意志と意志とのぶつかり合いですね。燃え上がるような熱さはなくても胸に刺さります。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    魔族サイドにも譲れない想いがあった、というのを感じて頂けたのなら幸いです。意志と意志のぶつかり合い、異能バトルの中に自然に盛り込められていたら嬉しいな!

    2020年6月8日 22:43

  • 第46話 語ること・託すことへのコメント

    とうとう追いつけられました。

    衝撃大きすぎてほんと脳味噌溶けたような感想しか言えなくて申し訳ないのですが

    ジンさん良い弟子持ったんだなぁと、胸が熱くなりました。
    そして、アルフェルグさんとジンさんの死闘。
    今後も続く命を投げた素敵な戦いに心を踊らせております。


    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    いえいえ!とても気持ちがこもっていて、私も見ていて嬉しくなる感想です。ありがとうございます!
    ジンの結末はもう決まったようなものですが、これから彼がどうなっていくのか、ぜひご覧いただければと思います。

    2020年6月5日 22:58

  • 第41話 箒星の偽演へのコメント

    黒幕っぽいの多すぎて、敵の構造が凄いことに………リオさんがまさかこんなところに出てくるとは!!
    (構想とかの下準備とかがめちゃくちゃ大変そうですね、ほんと尊敬です!)

    そしてヒューズさんとフレッドさんのタッグ素晴らしすぎです!!!!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    黒幕っぽいのが多すぎるのは個人的な好みなので、読みにくかったらごめんなさい!驚いて頂けたのなら何よりです!
    ヒューズとフレッドも最初あんなだったのに随分仲良くなったなあと作者自身思います笑

    2020年6月5日 22:53

  • 第37話 煉熱・後帯の乱舞へのコメント

    仲間同士の異能の撃ち合い!!

    レインさんとマリーさん、我にかえったら一体どんな顔するんでしょうか………

    そして相も変わらず戦闘描写がうますぎです!!!

    フェリシアさんが無事なことを祈ります!!

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    レインとマリーは完全に自分の意思とは関係なく戦っている状態なので、どう対応するかに絆が問われるところですね。

    2020年6月5日 22:52

  • 第41話 箒星の偽演へのコメント

    こんなに早く仇が、と思いましたがまだ黒幕が控えていたようですね。保険医となると何か色々と情報が取られてそうですね。
    ちょうど見たら★100になってたのでおめでとうございます。ある種の節目って感じがしますよね。
    それと、最後の辺りで「滑らか金の髪」という表記がありました。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    おかげさまで目標の星100に到達致しました!感謝しかありません…!リオのキャラクターにも今後ご注目いただければと思います!
    そして誤字報告ありがとうございます。修正いたしました!

    2020年6月1日 20:49