転生したけどチート能力を使わないで生きてみる

作者 大邦 将人

2,280

831人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

チートでもなくハーレムでもなくてとても良いです。
他の俺強え系チートハーレム物にうんざりしてきた私にはとてもいい作品です。
内政チートと言えば内政チートかも?

ただブラコンヤンデレ気味妹が目につきますね。もう少し大人しくなってくれるといいです。 
主人公をもう少し建ててくれるともっと魅力が増すかも。

気疲れ系苦労人な感じが強くてスッキリとは読み進めれない所があります。
領主になって開拓し始めてから怒涛のごとく問題起きまくりでそこがちょっと解せない感じはしますね。
安定させてからの盛り上がりに期待してます。

Good!

ベースとなる発想は面白いです。
この世界の感覚からすれば彼だけは他の世界の価値観で動こうとする狂人なので、それにどう折り合いを付けていくか興味深いところです。

キャラクターは女性陣はなかなか楽しい面子が揃ってきていますが、男性が少なすぎますね。

難点としては主人公の性格がブレブレです。
理性的で慎重、主張も理屈っぽいタイプのはずなのに、やたら女性に甘く、急に結婚を決めたり慎重さや主張がなくなって軽率になるのが違和感しかないですね。

論理的に進めたいのは分かりますが、本文の説明が冗長で例えも分かりづらいので、読みづらく感じるところがあります。

まだ一章を読み終えた段階なので今後に期待したいです。

★★★ Excellent!!!

1~2章はほかのレビューにもある通り単なるなろう系のテンプレに対するアンチメタに過ぎなかったんですが、3章から方向性をグイッと曲げて、とにかく内政もののお手本のような政治を繰り広げる作品になりました。

以下、軽いネタバレを含みます。

最初に2章読んだときはそんな荒唐無稽な!となっていました。
いままでの使途はどんなことをしてきたのか、ただただそれを主人公目線であきれかえらされるだけのお話です。

それを踏まえた3章からは、じゃあ今までの使途のよくなかった箇所はどこかを分析して、使途としての力をできる限り使わずにどこまでこの世界をよく出来るかというところにテーマが置かれるようになりました。
それによって、差別と宗教の問題に真摯に向き合う主人公のドタバタ劇がメインになりました。
多種族国家で被差別階級が存在するときにどうやれば差別をなくせるのか、そこにテーマが置かれているような気がします。
戦争に乗り気でない主人公が心を痛ませるのも大変に心にグサリとくる描写で、この作品の良いところだと思います。



内政ものが好きな方は3章からが本番と思って読んでみると良いと思います!

Good!

他の方も言ってますが異世界転生もので安易にハーレム展開もなくチートも使わず、慎重にこの世界はどうなのかと探っていく主人公にありきたりが無い作品で目新しさがあり読みたくなるプロットです

ただとにかく誤字脱字多くていろいろな方が指摘されてますが私のように気づいてて指摘されてないのか気づかれなかったのか、もう各話に随所に見られます。
わかる誤字脱字なら脳内で変換が可能でスルーできますが、なんの誤字なのか、そもそも誤字?と自分を疑うものまであります
こうなると普段スルーしてる細かい!て部分の誤字も気になり物語に没頭が出来なくなるレベルでした

ご自分でも指摘され治さないとと言われてますが早急に治したほうが良いのではと思ってしまうレベルです

なので流し読みレベルの方は読めるだろうけど文字を読みその世界に没頭したい方は私のように読めなくなると思います

同じようなレビューを書いた作品がありますがあちらとは違い、まだ返事をし、訂正をされ、近況報告でも治さないとと言われているので、
発想がよく、どう読ませるか心理描写には気をつけていそうなのも感じ取れるので私は今作は断念ですが仮に修正がされれば読み直したい、若しくは新作ならば読みたいとは思う程度には今後に期待したい作家かと思いますので非常に残念

参考までに第2章43?話まで読んだ感想です