幻約聖書『愚者篇』~まやかしの天空の城~

作者 星十里手品

「ありふれた文体」を引き裂く幻想譚

  • ★★★ Excellent!!!

紹介文通り、パラグラフのない一篇でした。ですがそれが既に、この物語に妙味なエッセンスを添えています。
くっきりとした輪郭はこの物語には存在しないように見えました。穿った言い方をすれば――どこからともなく現れて、静かにわれわれの世界に落ちてきた。そしてまた消えて天昇する。そんなテクストでしょうか。
わたし自身ファンタジーはほとんど読まないのですが、これはその枠を超えてひとつの幻想世界を構築している、非常にいい一篇でした。お見事!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

山根利広さんの他のおすすめレビュー 33