四天王寺ロダンの足音がする / 『嗤う田中』シリーズ 

作者 日南田 ウヲ

レトロ感漂うミステリー!それは、古書『三四郎』に仕掛けられていた!!

  • ★★★ Excellent!!!

読み始めると、時代をタイムスリップしたような長屋の界隈に引き込まれて行きます。

古書A店で夏目漱石の『三四郎』を手に取ったのは、田中良二という古書を探し集めるのが好きな独身の男性です。

謎解きを手伝うのは、四天王寺ロダンという、一風変わった名前の、もじゃもじゃの縮れ毛でアフロヘアの若者です。

思いも寄らなかった、驚くべき真相が待ち受けていました!!

是非、騙されてみてください!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

@cypressさんの他のおすすめレビュー 316