【ざまぁ追放】された勇者の幼馴染を木こりの俺がもらいます

作者 くま猫

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    筋肉は世界を救う…

    作者からの返信

    romanecofさま

    最後までお読み頂き誠にありがとうございます!
    とても嬉しいです(*´ω`*)

    やはり筋肉 is ジャスティスですね笑!(*´艸`*)

    2020年12月4日 20:38

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    お疲れ様です、そして物語を有り難う!

    クルスの歪みの元は間違い無くブルーノでしょう。
    ただ彼の友愛に気付く前に勇者にされた事が、最大の不幸と思われます。
    ハーレム三人衆への扱いも、アリスを得られなかった鬱憤から来る、と見るのが自然でしょうし。

    では何故、冒頭でアリスに辛く当たったのか……?
    これは子供が母親に対する『許容観察行動』に似ていると思います。
    自分に絶対付いてくると思うからこそ、何処まで自分のわがままを許すか試す……無論許される事では有りませんが、本人にとっては大切なので、罪悪感が芽生えるまで行われます。

    そして厄介なのは、これはあらゆる形で行われる、と言う事です。
    ブルーノにマウントしまくるのも、実は基盤がこれです。ただしこちらは『勝利』と言う目的が有るので完全に暴走してしまいますが……
    したがってブルーノの評価「小さい」「醜い」は当然―――いい年して子供な訳ですから。

    ですがいかにそう感じて、殺害に至るブルーノでも、幼き日を経て今を生きるクルスに対する憐憫は計り知れないでしょう。
    彼が善人なら尚更です。

    アリスとブルーノもしているでしょうが、クルスとハーレム三人衆の来世がせめて幸福たらん事を……と言う訳でかしこ。
    いや、面白かった。

    作者からの返信

    外訪楠さま

    最後までお読みいただき誠にありがとうございました!(*´∀`*)
    また、ご感想までありがとうございます。

    深い考察ありがとうございます!

    クルスは幼少時に鬱屈した感情を抱えていそうではありますね。
    その歪みは爆発せずに静かに彼の中で成長していき、
    神託の勇者という称号を得て更に認知が歪んでいったのでしょうね。

    重ねて、最後までお読み頂きどうもありがとうございました!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年5月25日 01:37

  • 第26話『兄妹の結婚を妨げる教会を滅ぼ…へのコメント

    インテリジェンスに暴走してるのか、インテリジェンスが暴走してるのか…
    まあどっちにしても変わりませんが。

    作者からの返信

    外訪楠さま

    ご感想誠にありがとうございます!(*´∀`*)

    お二方とも性への好奇心の強い年齢ですので、
    アリスちゃんもあえて口車に乗りやすくなっている
    感じもありますね笑

    2020年5月25日 01:24

  • 第23話『異世界での超特訓』へのコメント

    悪いモンスターはいねがー……ですね、分かります。

    作者からの返信

    外訪楠さま

    ご感想誠にありがとうございます!(*´∀`*)

    悪いモンスターはいねがーです笑
    相手が対国家レベルの相手なので主人公超強化回でした!

    2020年5月25日 01:22

  • 第3話『旅立ち』へのコメント

    所々に出てくる木こりならではの言い回しが良いですね!キャラの個性を活かすこの台詞選びがとても好きです!

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    ツイッターでこの作品がランキング上位になってるのをみかけて、気になったので読んでみました!
    勇者が最初アリスに好意をもたれてたことを考えると、もしかして昔はいい奴で環境が彼を変えたのかなーと思うとなんかやるせないなぁと思いました。とはいえ、堕ちるとこまで堕ちすぎですがね(ーー;)
    なんだかんだでぶっとんでたので勇者がでてくる回が一番面白かったです(笑)

    作者からの返信

    はちみつまんじゅう様

    完結のお祝い、ご感想誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    ツイッター告知目を通していただきありがとうございます٩(๑òωó๑)۶

    勇者クルスはいろいろと……アレな方でしたね(;^ω^)
    勇者の回はアクセスがスパイクするので、みなさま、
    ブルーノにクルスをぶん殴られるのを期待していたのかなと。
    そんな光景を、私も一読者として楽しく見ていたりしました笑(*´艸`*)

    >なんだかんだでぶっとんでたので
    >勇者がでてくる回が一番面白かったです(笑)

    この言葉とっても嬉しいです!!(๑•̀ㅂ•́)و✧
    勇者と森の回は私の好きな回でございます(*´ω`*)

    倒してスカッとなれる悪役を試行錯誤しながら作っていたのですが、
    クルスくんが途中から私の手を離れ暴れ始めまして笑

    私自身もクルスの暴れっぷりを楽しく眺めつつも、危険過ぎる存在なので
    『ブルーノさん頼むからクルスを殴ってくれ』と祈りながら書いていました笑

    狂人キャラクター、勝手に動き出して面白いなと思わされましたね笑。

    最後までお読みいただき、素敵なご感想を書いていただき、
    誠にありがとうございました!!!!(*´ω`*)

    2020年4月14日 01:11

  • 第36話『勇者クルスの辞世の言葉』へのコメント

    「しょっ……しょうだ、僕、偉い勇者なんでしゅ。特別に[クルス]様には、教会の枢機卿カーディナルの職位を与えまっしゅ、どうか許してくれましぇんか?」

    ブルーノ、かな?クルスがクルスに職位与えてるような…?

    作者からの返信

    @CERBERUS様

    ご指摘いただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    とても助かりました!!!

    早速、確認し該当箇所を『ブルーノ』に修正しました!
    この度は、ご指摘いただき誠にありがとうございます!

    2020年4月12日 18:13

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    面白かった……

    作者からの返信

    沖合なせ様

    とても嬉しいご感想、誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    完結までお読みいただきとても嬉しいです!!

    嬉しいお言葉に感謝感激でございます。
    更に執筆がんばります。

    どうもありがとうございます!٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月12日 17:57

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    イッキ読み終了!
    おもしろかったです。
    テンポよく読みすすめたので休むことなくイッキ読みしましたが、駆け足だったのでもう一度読み返してみようかなと。

    やはり最後は「愛」ですねぇ。

    勇者のパーティーの女の子達にももう少しスポットを当ててくれたら良かったなぁ。
    どういう思考であのクズを助けていたのかが気になる所でした。
    助けられる選択肢もあったら……。

    ともあれ、ハッピーエンドに乾杯!
    ( ^-^)/U☆U\(^-^ ) カンパーイ

    お疲れさまでした。
    新作も期待しております。

    作者からの返信

    @hyperclockup様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    しかも、深夜の三時にナイスタフネス&ガッツです٩(๑òωó๑)۶


    @hyperclockup様が完結までお読みいただけたこと、
    これ以上なく嬉しいです!!

    ハッピーエンドのお祝いどうもありがとうございました!
    ( ^-^)/U☆U\(^-^ ) カンパーイ です!


    ねぎらいのお言葉までとても嬉しくて深夜4:25に泣きそうです。
    新作も気合を入れて作成させていただきます!!٩(๑òωó๑)۶

    やはり、最後は『愛』です(๑•̀ㅂ•́)و✧


    ☆ここから先は、勇者パーティーの女性陣に対しての私の妄想考察です☆
    ※記述のない部分は読者様が各々想像した物語が正解です

    勇者パーティーの女の子達は、姫騎士、英雄の娘、エルフ族長の娘、
    それぞれが、守るべき祖国、父から引き継いだ重い伝説、エルフ族の威信を示す役目、
    といった真っ当で重い目的を達成するために勇者パーティーに参加しました。

    魔王討伐を成功させれば、姫騎士は祖国に多大な名誉をもたらす事ができ、
    英雄の娘は、父の名を超える超英雄として永遠に語り継がれます、
    エルフの族長の娘は、エルフの自治権の拡張を主張する事ができるようになります。

    彼女たち3人も、明らかにおかしな勇者の蛮行に困惑し、
    時に諌めていたのでしょうが、いっさい止まらない、勇者クルス。

    枢機卿が最後に選んだ手段人を殺めてのレベル・アップで、
    勇者クルスが教会に反抗的な村の住民を皆殺ししてのレベル・アップした際は、
    誇り高く、背負うものの大きい3人で、勇者としてあるまじき、
    振る舞いに止めるようにと、直談判を行ったのですが、

    クルスとしては『信じていた仲間から裏切られた』、『美しい絆が壊された』
    と判断し『永遠に物理的に裏切れない宝石に変え』体に埋め込みました。

    3色の抜き取った宝石が彼女たちの慣れの果てと考えると悲しいです。
    もちろん、記述のない箇所なので(例えば、隠者の原初の魔法)で、
    奇跡的に救われたと想像いただいてもまったく問題のない部分でございます(*´ω`*)

    もちろん、愚かな勇者に着いていった末路として、
    救われなかったと想像する方がしっくりくるようであれば、
    もちろん、そちらの物語でも問題ございません!

    少しでも、想像しながらお楽しみいただければ、
    これ以上嬉しいことはございません٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月11日 04:36

  • 第25話『兄妹が結婚するのは合法だ!』へのコメント

    ここまでで1番おもしろかった……。
    「挨拶」という言葉のルビが脳内で「キス」に変換されてどうしてくれるんだと思った。

    作者からの返信

    @hyperclockup様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!٩(๑òωó๑)۶

    やはりアリスちゃんも性に熱烈な関心がある、
    お年頃の女性と分かるお話でした笑(*´艸`*)

    アリスも、ブルーノのハチャメチャ理論を、
    好意的に頑張って受け入れるあたり、やっぱりアリスは、
    ブルーノのことを好きなんだなぁというお話でした!!

    2020年4月11日 04:09

  • 第4話『野営地で新鮮な肉を食べよう』へのコメント

    ブルーノが全部筋力じゃない!ってツッコミにそれぞれの動きに必要な筋肉の違いとそのビルドアップ具合を詳細に説明しだす筋肉紳士でなくて良かった

    作者からの返信

    @sonshi2150様

    ご感想頂き、誠にありがとうございます!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    ブルーノは細かな筋肉の違いを理解しておらず、
    漠然とパワー="筋力"と認識しているようです笑(*´艸`*)

    喜んでいただけたようで、とっても嬉しいです!!٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月10日 18:13

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    面白くて一気に読んでしまいました!
    スピード感が良い作品で明確に敵キャラがヤバいやつというのが良かったです

    作者からの返信

    天池渢様

    ご感想いただき、誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    最後までお読みいただきとっても嬉しいです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    楽しんでいただいた天池渢様にこちらこそ、感謝です!!
    また敵キャラがヤバい奴と感じていただけて嬉しいです(*´ω`*)

    天池渢様のお言葉を聞いてきっと今は地獄の中でも最下層にいる、
    枢機卿とクルスくんもにっこりしているはずです(*´艸`*)

    2020年4月6日 00:49

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    面白かったです^_^
    ありがとうございました!

    作者からの返信

    コータ様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    最後までお読みいただきこれ以上なく嬉しいです!

    お褒めの言葉と、コータ様の素敵なレビューを、
    画面の前で何度もニヤけながら繰り返し、
    拝読させていただいております٩(๑òωó๑)۶

    最後までお読みいただきまた素敵なレビューを書いていただき、
    本当にどうもありがとうございました!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年4月5日 18:22

  • 第23話『異世界での超特訓』へのコメント

    こんとん…

    作者からの返信

    @mr-botchi様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!
    まさにカオスですね笑(*´艸`*)

    巨大な組織に対抗するための修行回なのですが、
    修行回が皆様の負担にならないようにできる限り、
    サクッと読み終えられる文章量にさせていただきました!

    それにしてもカオスですね笑(*´艸`*)

    2020年4月5日 18:25

  • 第31話『森という名の地獄』へのコメント

    花粉症の私には怖すぎる展開( ;∀;)
    しかし読む手が止まらない

    作者からの返信

    コータ様

    ご感想いただき、誠にありがとうございます!
    私も花粉症なので辛さは分かります(;^ω^)

    薬を飲めば緩和されるのですが眠くなるのが難点です。

    NHKの木から花粉が飛び出るスーパースローモーションの
    画像を見るだけでぞっとします(@_@;)

    楽しんでいただけたようで嬉しいです!
    どうもありがとうございます!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年4月5日 18:28

  • 第29話『巨腕の炎鬼との拳と拳の語らい』へのコメント

    こんにちは!
    面白くて一気読みしています^ ^
    テレフォンパンチという言葉が出てくるいうことは、この世界には電話があるのでしょうか。

    作者からの返信

    コータ様

    ご感想いただき、誠にありがとうございます!(๑•̀ㅂ•́)و✧
    ご指摘いただき誠にありがとうございます!٩(๑òωó๑)۶

    確かに……この世界にはテレフォン(電話)がないので、
    別の表現の方にさせていただいた方がよいですね!(*´ω`*)

    この世界の世界観に沿った"大振りで直線的なストレートパンチ"
    などの言葉に置き換えさせていただきます!

    具体的な修正箇所のご指摘、誠にありがとうございます!(*´ω`*)

    2020年4月5日 18:34

  • 第6話『闇夜の港町を襲う暗殺者』へのコメント

    マチェットでさくっと。

    う~む。
    きこり強い(^_^;)

    作者からの返信

    ともはっと様

    マチェットでサクッといきました!

    每日森に潜って木を切り運搬する仕事ですから、
    体の筋肉の付き方が凄いのでしょうね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    木こり……強しです!!٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月5日 18:40

  • 第2話『勇者と木こりの木剣での決闘』へのコメント

    どこにも「絆の力」がない(笑

    昨今の勇者は傲慢な存在ですねー(^_^;)

    作者からの返信

    ともはっと様

    ご感想いただき、誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    仰る通り絆の力はどこへやらという感じです笑

    さすがは神託の勇者クルス様、といった感じです笑(*´艸`*)

    2020年4月5日 18:39

  • 第3話『旅立ち』へのコメント

    丸太のように連れていくって
    木こりらしい格好いい言葉よのぉ?

    作者からの返信

    レン-kon様

    ご感想、誠にありがとうございます!

    『丸太のように連れていく』木こりっぽいですね(๑•̀ㅂ•́)و✧
    格好良い言葉と仰っていただき、嬉しいです!!

    どうもありがとうございました!!!٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月3日 23:41

  • 第2話『勇者と木こりの木剣での決闘』へのコメント

    「絆の力」がツボりました。
    センスを感じます!

    だた、「連れ子」は、「再婚相手が連れてきた子ども」の事だと思うので、この物語の設定には適切ではないかも?

    作者からの返信

    @Hisohiso様

    ご感想とご指摘誠にありがとうございます!(*´∀`*)
    早速『連れ子』→『連れてきた子』に修正しました!

    『絆の力』を楽しんでいただけてとても嬉しいです(๑•̀ㅂ•́)و✧
    クルスはこれからも『絆の力』で闘います(;^ω^)

    ご感想とお読みいただき、誠にありがとうございます!!!

    2020年4月3日 01:14

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    完結お疲れ様です。

    ブルーノの父、母の出番が欲しかったです。

    作者からの返信

    @n_blood様

    完結のお祝いのお言葉、誠にありがとうございます!
    最後までお読みいただき、これ以上ないほどに嬉しいです(*´ω`*)

    ブルーノの強い父、ドラゴンスレイヤーの二つ名のある母、
    口数は少ないですがなかなか面白そうなキャラですよね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    ご感想とお祝いのお言葉、誠にありがとうございます!
    とっても嬉しいです!!!

    2020年4月3日 01:18

  • 第13話『遺跡にあらわれた勇者一行』へのコメント

    何故か勇者の声が汚いアララギさんの声で再生された。

    作者からの返信

    @ta_ke_sa_n様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!

    汚いアララギくんの表現最高過ぎます笑笑(*´艸`*)
    面白い表現でおなか抱えて笑わせていただきました!!

    アララギくんは最高ですね。西尾維新のリズミカルな
    言葉を綺麗に澄んだ声で喋る神谷浩史さんすごすぎます!

    それにしても汚いアララギくんの声は爆笑しました!
    お読みいただき、誠にありがとうございます!!!!٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月3日 01:21

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    完結お疲れ様でした。
    あまりにアレな勇者を粉砕してめでたしめでたし。
    …とことん駄目だったお陰で共存の道が開けるのですから、とんだ皮肉ですが。

    あるSF小説で、殺した少女の骨をダイヤに加工してコレクションする犯罪者がいましたが、クルスもその手合いでしたでしょうか。
    ある意味ですごいと思うのは、綺麗どころの少女達が仲間として設定されるのはそういう意図があるだろうに、宝石に加工してまで利用と支配を優先したところ。三大欲求の一角たる性欲以上に支配欲が濃く出た有り様は、教会の本質そのもの。
    枢機卿にとっては出来の悪すぎる道具だったでしょうが、むしろクルスの本質は教会への過剰な適合だったのかも知れませんね。

    作者からの返信

    @falsetto様

    ご感想だけでなく、作品の完結お祝いのお言葉までいただき、
    誠にありがとうございます!!(*´ω`*)

    勇者クルスは本当にダメな男でしたね……(;^ω^)
    SF小説では少女の骨をダイヤにコレクションする犯罪者がいるのですね!

    クルスは仲間の少女達を『永遠に変わらない美しい宝石にしてあげた』上で、
    仲間の少女たちが愛し敬っている(と勝手にクルスが誤解している)
    勇者クルスと『永遠に一緒になり、クルスに協力をすることができる』、
    『真の仲間の絆』を実現するために"善意"でしたと思っているようです(;・∀・)

    まさに、@falsetto様の仰る通りクルスの本質は教会に近いものでした。

    宝石にして自分の体に埋め込むことで他者から拒絶されない状態で、
    自分の支配下におくことを『絶対に裏切られない真実の仲間との絆』
    と、本当に信じているあたり、枢機卿より厄介かもしれません。

    枢機卿は、暗殺者を雇い最初にアリスとブルーノの命を奪おうとしたように、
    極悪非道で野望達成の為ならいかなる手段も問わない人物ではありましたが、
    冷徹なだけでクルスのように独自の異常な思考を持った人間ではありませんでした。

    ある程度理解可能な人間であったため大きな組織のトップになれたようです。
    クルスのような人間がこの世に存在する事実を理解できなかったのが枢機卿の敗因です!

    ご丁寧にお読みいただき、更に熱いご感想とても嬉しいです!
    最後までお読みいただき、誠にありがとうございます!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年4月2日 04:04

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    完結お疲れさん。そして、ブルーノとアリス……幸せにな!

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想をいただき、誠にありがとうございます!
    とっても嬉しいです(*´ω`*)

    ラビット様は登場人物の心情を現実の存在として、
    リアルに感情投影してくれたので、
    私としても、自分のキャラクターが"異世界"に、
    生きているのではと感じることができ、楽しかったです。

    真面目なブルーノと朗らかなアリスは、
    二人でゆっくりと成長しながら幸せに暮らしていくのでしょうね。
    二人は、出来る範囲で一生懸命に生きているので必ず幸せになります!

    完結お祝いのお言葉誠にありがとうございます!
    ラビット様、最後まで丁寧にお読みいただき、
    誠にありがとうございました!٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月2日 03:35

  • 第8話『遺跡都市で聖剣を引き抜こう!』へのコメント

    >  剣の刀身がまばゆいばかりの輝きを放たれた <

    →  剣の刀身がまばゆいばかりの輝きを放った

    か、もしくは…

    →  剣の刀身からまばゆいばかりの輝きが放たれた

    だと思う…

    作者からの返信

    @sakudou01様

    ご感想と、ご指摘いただき誠にありがとうございます!
    丁寧にお読みいただきとてもありがいです(*´ω`*)

    さっそく『剣の刀身からまばゆいばかりの輝きが放たれた』
    という表現が素敵だったのでこちらを反映させていただきました。

    ご指摘いただき、誠にありがとうございます!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年4月2日 03:41

  • 第6話『闇夜の港町を襲う暗殺者』へのコメント

    > 最も狭いく薄暗い裏路地を歩く。 <

    → 最も狭く薄暗い裏路地を歩く。

    :もう一つ…

    > 俺の首元にナイフを突き立てた男の手首を掴み、 <

    → 俺の首元にナイフを突き立てようとした男の手首を掴み、

    作者からの返信

    @sakudou01様

    ご指摘いただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    ご丁寧にお読みいただきありがとうございます。

    早速ご指摘の二点につきまして@sakudou01様の
    改稿文章にて修正させていただきました!

    どうもありがとうございました!٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月2日 03:47

  • 第2話『勇者と木こりの木剣での決闘』へのコメント

    フォローして読み始めました。

    展開が楽しみです。

    > 「御託ごたくは言い。来いよ、クルス」 <

    → 「御託ごたくはいい。来いよ、クルス」

    作者からの返信

    @sakudou01様

    ご感想とフォローいただき誠にありがとうございます!٩(๑òωó๑)۶
    お楽しみいただけますとこれ以上ないほどに幸いに存じます。

    ご指摘いただき誠にありがとうございます!!
    早速ご指摘の部分修正させていただきました(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年4月2日 03:44

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    完結おめでとうございます。

    作者からの返信

    @sudou09様

    完結お祝いのお言葉とても嬉しいです!(*´ω`*)

    夜遅くの更新になってしまいましたが、
    お読みいただきこれほどありがたいことはございません。

    最後までお読みいただき、更には完結お祝いのお言葉を
    いただき、どうもありがとうございました!!٩(๑òωó๑)۶

    2020年4月1日 00:45

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    お疲れ様でした!

    作者からの返信

    @area0421様

    最後までお読みいただき、更には
    ねぎらいのお言葉まで、いただきとても嬉しいです。

    誠にありがとうございます!(*´ω`*)


    夜おそくの時間の更新に関わらずお読みいただき、
    誠にありがとうございました!

    2020年4月1日 00:28

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    炎鬼の話の辺りで、厨房とキッチンと同じ意味の単語が並んでる?

    作者からの返信

    ジャック様

    ご指摘誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    さっそく、以下の通り修正させていただきました。

    >調理、お客様への食事提供、会計などは、

    夜おそくの更新にも関わらず最後までお読みいただき、
    誠にありがとうございます! とても嬉しいです!

    2020年4月1日 00:37

  • 最終話『そして俺は今日も木を切る』へのコメント

    おもしろかったです!

    どうしてもブルーノがシュワちゃん(CV玄田哲章)に変換されるんですよね。

    作者からの返信

    蘭宮 魎様

    最後までお読みいただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    最高のお言葉をいただき感無量でございます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    ブルーノは確かにシュワちゃんっぽい感じの声をしてそうですね!
    私も脳内音声を変更して読み直したら凄く腑に落ちました!笑(*´艸`*)

    素敵なお言葉と夜おそくの更新にも関わらずお読みいただき、
    誠にありがとうございました!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年4月1日 00:32

  • 第36話『勇者クルスの辞世の言葉』へのコメント

    さよならだ、クルス。地獄に行ったら、枢機卿によろしく言え……。

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!

    ラビット様のユーモラスなコメントをリアルに
    想像して笑ってしまいました笑(*´艸`*)

    枢機卿にとっては地獄に落ちることそれ自体よりも、
    これからクルスが同じ地獄に落ちてくるほうがよっぽど、
    地獄なのではないかと想像してしまいました笑(*´艸`*)

    2020年4月1日 00:41 編集済

  • 第34話『魔王ブルーノと勇者クルス』へのコメント

    もういい、いい加減黙ってもらおうか。クルス。

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!

    いつもラビット様のキャラクターへ真剣に感情移入しながらの
    ご感想とても楽しく読ませていただいております(*´ω`*)

    クルスは正に、ラビット様のお言葉の通り口を針と糸で
    縫い付けたくなる男でございます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年4月1日 00:39

  • 第36話『勇者クルスの辞世の言葉』へのコメント

    勇者メンバーも魔女狩よろしく虐殺してただろうしこの結末の仕方ないと思うわ
    個人的には神がただの戯れ言で駒でしかなかったと教えて上げてほしかったな
    神に選ばれてなんかいないしただの殺人者でしかないとかね

  • 第33話『陽光を喰らう深淵なる闇』へのコメント

    ブルーノ、思いっきりあのアホをぶっ飛ばしておしまい!

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)

    ラビットさんの仰る通りガッツリやって欲しいですね!
    がんばれ、ブルーノ(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年4月1日 00:44

  • 第2話『勇者と木こりの木剣での決闘』へのコメント

    決闘、かっこいいです。


    トップページの総合ランキング10位すごいですね、プロじゃなくて載ってるなんて。これ、なんのコンテストに応募ですか?もう、書籍化なりそうですね!

    作者からの返信

    坂井令和(れいな)様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(*´∀`*)

    ランキングは怖くて覗いておりませんでしたが光栄です!
    一生の記念にスクショ撮らせていただきます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    書籍化……そんなことが起きたら、本当夢のようですね(*´ω`*)
    お読みいただき誠にありがとうございました!

    2020年3月31日 03:24

  • 第31話『森という名の地獄』へのコメント

    21世期になった今でも人間が大自然に勝てない理由きたな

    作者からの返信

    @sudou09様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!
    21世紀になっても大自然に勝つのは難しいですね(;^ω^)

    本当に自然の気まぐれで国レベルで大変なことになりますから……。
    オーストラリアの山火事の件といい昨今の件といい、

    私達人間が生きていられるのは結構奇跡的なのかもしれませんね。

    2020年3月31日 03:39

  • 第25話『兄妹が結婚するのは合法だ!』へのコメント

    ブルーノが賢者になって帰ってきた

    作者からの返信

    @sudou09様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!

    ブルーノさん賢者になって帰ってきました笑(*´艸`*)
    アリスもノリノリなのはお年頃の女の子だからでしょうね笑

    なにげに魔王もちょっとムラっとしているようです笑

    2020年3月31日 03:37

  • 第24話『星の終焉と異世界からの帰還』へのコメント

    壮大な話になったと思ったら劇場版だった。
    地球上の酸素を必要とする生き物を殺す方法に熱帯雨林の木を全て切ることだと誰かが言っていました。地球の酸素の98%を作ってくれているこの森をなくすことができれば簡単に死の星に作り変えれるそうです。

    作者からの返信

    @sudou09様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    そしてとても熱いご感想とても嬉しいです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    確かに、ちょっと劇場版っぽいですね!(*´艸`*)
    (旧劇場版エヴァが好きなのでそれを想像して言っております笑)

    地球の酸素の98%は熱帯雨林が作っているとは知りませんでした!
    そう考えるといかに人間が木という植物に活かされているか分かりますね。

    人間以外にも海から出て進化した生物のほとんどは酸素がないと、
    生きていけませんので生殺与奪権を持っていると考えると最強ですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月31日 03:29

  • 第8話『遺跡都市で聖剣を引き抜こう!』へのコメント

    女勇者か。いいね。
    きこりって大変ですよね。仕事で木を切りに行ったけど結構重労働だった。これに熊に襲われても生き残れる技術がいるんだからすごいよね。

    作者からの返信

    @sudou09様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)

    女勇者は格好いいですよね! 私も好きです。
    昔はDQ4のレオタードの女勇者像一択でしたが、
    最近は色々なレパートリーが増えてきて楽しいです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    @sudou09様、木こりの仕事経験されたことがあるのは凄いですね!
    想像するだけで重労働だと想像できます……(;^ω^)

    木は意外に水分あるので思ったより切りづらかったり、
    スズメバチやムカデのような毒を持った虫や、
    熊やイノシシに遭遇する危険性がある仕事でもあります。

    木こりは科学の進んだ現代でも相当に命を張った仕事だと思います。
    自分の方に木が倒れただけでその時点で一巻の終わりですからね(;・∀・)

    2020年3月31日 03:35

  • 第32話『勇者クルスという最悪の選択』へのコメント

    クルス、お前は勇者じゃない。血に飢えた化物だ。
    そして、お前にアリスを渡すわけにはいかない。

    教会があっけなく壊滅したけど、まぁいいや。

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!

    >クルス、お前は勇者じゃない。血に飢えた化物だ。
    >そして、お前にアリスを渡すわけにはいかない。

    正にそのとおりですね。分不相応な地位を与えられ、
    実際に奇跡的な速さで強くなり勘違いをしたようです。

    こんなクズにアリスを渡すわけにはいきませぬ(๑•̀ㅂ•́)و✧

    >教会があっけなく壊滅したけど、まぁいいや。

    神託の勇者クルス的には、枢機卿でも大司教でも誰であっても、
    勇者であるオンリーワンの自分以外は替えがきく人間だと、
    勘違いしているようですが、実際は替えがきくのはクルスで、
    他は替えがきかないというのが実態でした(;・∀・)

    クルス的には自分さえいれば教会は健在なようなので、
    もしかしたらまだ健在かもしれません(;^ω^)

    2020年3月29日 03:11

  • 第32話『勇者クルスという最悪の選択』へのコメント

    バカのおかげで教会が堕ちるぞ!!いやぁおめでたい!!
    …ク〇ズとかいうやつの、頭がね?
    有能な敵より無能な味方、余計に強かったらさらに始末が負えない。ある意味こいつを選んだ時点で教会の運命が定めた。
    まぁそのうち木こりに潰されるでしょうが。

    作者からの返信

    @anin様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!
    ク◯ズさんのせいで大変なことに……(;・∀・)

    (いずれ利用された上で◯される事を知らない哀れで滑稽な)道化役として、
    自由に要職の会議の場にも参加させてたりしてたせいで、
    道化役のキリングジョークによって教会の司令塔が破壊されました。

    >有能な敵より無能な味方、余計に強かったらさらに始末が負えない。
    >ある意味こいつを選んだ時点で教会の運命が定めた。

    一番害があるのは、有能な敵より、無能な味方。全く同意見です。
    制御ができる前提で力だけは与えすぎたのは教会の落ち度です。

    野心も、悪知恵もあるキャラだったようですが……
    愚かな人間の愚かさのレベルを見誤っていたようです。

    まさか、決戦の会議中に待たされてイライラしたという理由だけで、
    命を奪うような人間がいるとは想像が及んでいなかったようです。

    枢機卿の脇が甘かったといえばまさにそのとおりですが、
    さすがに少しかわいそうな人ではありました(;^ω^)

    2020年3月29日 03:19

  • 第32話『勇者クルスという最悪の選択』へのコメント

    射線上の味方ごとちゅっどーん。
    落ち目組織らしい所業ですな。
    枢機卿は油断も慢心もしないとのことですが、個人的にはその誹りを免れないような気がします。
    首輪をつけていたところで、猛獣と同じ檻に入っているようなものでしょうから。

    ちなみに勇者のくだりにある「恐れるに足る」は文脈上、「恐れるに足りない」が正しいと思われます。
    …実際には恐れるべきだったのが、何とも皮肉ですが。

    作者からの返信

    @falsetto様

    ご感想誠にありがとうございます!(*´∀`*)

    >首輪をつけていたところで、
    >猛獣と同じ檻に入っているようなものでしょうから。

    まったくもってそのとおりですね。
    『いつでも殺せるボタン』を持った人間は
    心にスキができるのか負けることが多いですね。

    本作の枢機卿もその例に漏れず、
    運命から逃れられませんでした。

    枢機卿のイメージとして昔は結構流行った作品、
    バトルロワイアル(もういまは古い作品ですね・汗)
    でいつでも主人公たちを倒せる首輪型爆弾に頼った結果、
    ◯されるボス役的なキャラをイメージしていたので、
    もしかしたら@falsetto様の考えていたイメージと
    近い感じでキャラを枢機卿をイメージしていたのかもしれません。
    ↑のキャラに知的さ高貴さ老いを+したイメージです

    勇者の下りのところのご指摘ありがとうございます!
    修正させていただきました(*´∀`*)

    2020年3月29日 02:51

  • 第32話『勇者クルスという最悪の選択』へのコメント

    >「これは、この失態は。許されざるものではないぞ」
    二重否定だからつまり許されるってこと?

    作者からの返信

    @sennbonn様

    >二重否定だからつまり許されるってこと?

    実は、そのとおりです! 
    いや嘘です……!笑

    少しのってみました(;^ω^)

    『この失態。許されるものではないぞ』に
    修正させていただきました٩(๑òωó๑)۶

    ご指摘どうもありがとうございます!!!

    2020年3月29日 02:35

  • 第29話『巨腕の炎鬼との拳と拳の語らい』へのコメント

    へ? 身長差婚もダメ? てことは、恋愛はどうなん?
    教会?どのみち滅びればいい。

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想誠にありがとうございます!

    身長差婚がダメって超ナンセンスですよね。
    恋愛も教会の教義がこの世界では、
    浸透しているため周りからは、
    冷ややかな目で見られること間違いなしです。

    むしろ身長差があるから良いんじゃないです。
    2メートル弱と130cmの夫婦とか凄く良いと思います。

    教会の連中は何も分かっていませんね! 悪です!

    個人的に最も許せない条件を考えたら、
    低身長キャラの非合法化だったので、
    邪悪な組織教会の教義に盛り込んでみました!(*´艸`*)

    2020年3月29日 03:16

  • 第31話『森という名の地獄』へのコメント

    まさに大自然のおしおきですね・・・くわばらくわばら

    火事になって森が焼け落ちないか心配ですね!

    勇者(笑)は後続にいるのかな

    作者からの返信

    @toratama様

    ご感想ありがとうございます!(*´∀`*)

    『大自然のお仕置きよ……!』(絶命奥義)という感じです!
    ナコルル好きなので乗らせてもらいました笑(*´艸`*)

    勇者(笑)さんのお話は次話にて……(;^ω^)

    2020年3月28日 08:49

  • 第31話『森という名の地獄』へのコメント


    トト◯じゃなかった・・・

    花粉怖い( ;´・ω・`)

    山の神様恐るべし!

    作者からの返信

    @yosimitu01様

    トト◯さまのような優しい神様じゃなかったですね(^o^;)

    わたしが花粉症ということもあり、アレルギー緩和の処方薬を
    飲まないと目とか、痒さがかなり辛いので、
    その超強いバージョンを登場させてみました٩(๑òωó๑)۶
    アレルギー持ちの皆さんは今はマスクもなく辛いですよね……。

    山の神、恐るべしですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月28日 02:48

  • 第26話『兄妹の結婚を妨げる教会を滅ぼ…へのコメント

    『木こりが強い』というコメディちっくな展開を真面目にやっているからこそ、とても面白いと思っていましたが、異世界で1億年以上?のところから急に安っぽいコメディになってしまい残念です。

    作者からの返信

    @takoyaki723様

    ご感想誠にありがとうございます。
    ご期待に添えず誠に申し訳ございません。

    相対する敵が国家の軍隊レベルの敵なので、
    荒療治でも主人公を強くする設定を盛り込みました。

    後半が過酷な闘いなので特訓→アリスとのラブラブ回を
    箸休めのコメディタッチの回として用意していましたが、
    さじ加減が難しいですね。

    ご指摘感謝です。真剣に考えさせていただきます。

    2020年3月28日 02:08

  • 第22話『異世界に転移し魔神を倒せ』へのコメント

    異世界に行って修行して強くなるのは分かるんですが、異世界で死んだらこっちでも死ぬ。今まで誰一人生きて戻ってきていない。

    この情報があるのに、アリスが何の反応も見せていないのは流石に違和感があります。告白後?なので尚更。
    ブルーノを信頼してるからってことと、前人未踏の死の危険に対して反応を示さないってことは違うんじゃないでしょうか。

    作者からの返信

    @takoyaki723様

    ご感想いただき誠にありがとうございます。

    アリスはアーティファクトとか虚構の世界とか、
    異世界とかあまり分かっておりません。

    目の前でブルーノが膝をついた姿を見せたことがないことからも、
    根拠はなくてもブルーノなら何とかなると確信していたようです。

    実際の危険度を正確に理解していたら、
    おっしゃる通りアリスは死んでも止めていました。

    2020年3月28日 02:12

  • 第30話『地獄の始まり』へのコメント

    更新お疲れ様です!

    森の神様!(トト◯かな?(._.)

    作者からの返信

    @yosimitu01

    更新のねぎらいのお言葉大感謝です(*´∀`*)
    どうもありがとうございます!!!

    森の神様! トト◯のような優しい神様だと、
    よいのですが果たしてどうでしょうか。

    引き続き、よろしくお願いいたします٩(๑òωó๑)۶

    2020年3月28日 02:14

  • 第13話『遺跡にあらわれた勇者一行』へのコメント

    そいつの本質が知りたければ権力を与えてみるといい、みたいなニュアンスのことを、どこかのリンカーンさんが言ってたけど、まさにその通りの人物が描けていて素晴らしい^ ^

    作者からの返信

    @takoyaki723様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!
    素晴らしい格言ですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    クルスは勇者という立場には適さない人間ですね。
    最も権力を与えてはいけない人物だったと思います(^o^;)

    村人時代は顔の整った優しそうな普通の青年だったようなですが。

    2020年3月28日 02:18

  • 第1話『勇者による幼馴染追放宣言』へのコメント

    あらすじに「義理の妹」というワードが頻出しすぎて読みにくいので、最初に「義理の妹〇〇」と固有名詞を出して、以下固有名詞で綴った方が読みやすいです

    作者からの返信

    @nozue様

    ご指摘いただき誠にありがとうございます!
    あらすじについて見直させていただきます!

    2020年3月28日 02:23

  • 第26話『兄妹の結婚を妨げる教会を滅ぼ…へのコメント

    応援してます。

    アリスト結婚って誤字がありました。

    作者からの返信

    @area0421様

    ご指摘いただき、誠にありがとうございます!٩(๑òωó๑)۶
    さっそく修正させていただきました。

    アリストってなんとなく哲学的な感じの
    誤字になってしまいましたm(_ _)m

    2020年3月28日 02:22

  • 第4話『野営地で新鮮な肉を食べよう』へのコメント

    木こりって戦闘職やったか?

    作者からの返信

    コンシュウ様

    木こりは戦闘職ではないですが王都周りの、
    森の中のモンスターがゲームで言う所の
    中盤の終わりくらいのモンスターが出る地域で、
    野良モンスターや硬い木を切っているうちに強くなりました(*´∀`*)

    2020年3月26日 23:30

  • 第3話『旅立ち』へのコメント

    母親なにもんだよ笑笑

    作者からの返信

    コンシュウ様

    まったくもってそのとおりですね笑
    何者なのでしょうか(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月26日 23:28

  • 第3話『旅立ち』へのコメント

    勇者から逃げるって珍しいパターンですね。

    作者からの返信

    ゆっくり会計士様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(*´∀`*)

    王都にいると親や周囲の人間に必ず迷惑が掛かると
    思って出ていったようです。

    アリスと一緒に出るのを決めてからは、
    アリスの過去探しの旅という感じです。

    2020年3月28日 02:38

  • 第2話『勇者と木こりの木剣での決闘』へのコメント

    おおーかっけー。
    こんな奴に文句言ったら死罪なの?
    なぜ馬鹿に権力を持たせるのか。

    作者からの返信

    ゆっくり会計士様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(๑•̀ㅂ•́)و✧
    おっしゃるとおりですね!
    なぜ教会はクルスを勇者に選定したのか……!

    2020年3月28日 02:34

  • 第25話『兄妹が結婚するのは合法だ!』へのコメント

    漢気溢れるブルーノに憧れます。
    話のテンポも良く、読んでいて小気味良いです。

    一つ思ったのが、アリスがいつの間にかブルーノに惚れていた所です。
    アリスの幼馴染への想いはそんなアッサリとして、簡単に忘れられる物だったのか…と残念になります。
    アリスがブルーノに惹かれていき、幼馴染の未練を断ち切る描写をきっちりと描いてくれれば、この作品はもっと面白くなると思います。

    作者からの返信

    @super-hg-terry様

    ご感想をいただき誠にありがとうございます!(*´∀`*)
    素敵なご感想のご返信遅くなり申し訳ございませんでした!

    ブルーノの男気を認めていただきありがとうございます!
    不器用ながらも熱いものをもった主人公でございます。

    おっしゃるとおりですね。真剣にお読みいただき誠にありがとうございます!
    改稿等のタイミングでその辺りのアリス側の心情描写は描きたいと思います。

    ※実際、クズになる前のクルスを幼馴染として長いあいだ知っている
    アリスの心情は遺跡での決闘あたりまでは内心複雑かなとは想像しています
    決闘の完全勝利→主人公がズバッと告白展開も良かったかなとは思っています

    2020年3月26日 23:50

  • 第26話『兄妹の結婚を妨げる教会を滅ぼ…へのコメント

    義理の兄弟でもダメなの!?
    ……いいだろう!恋路を邪魔する輩は地獄に落ちるが相場っしょ!!

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!(*´∀`*)
    完全にラビットさんの仰る通りです!

    義理の兄弟の恋路を邪魔する邪悪な連中は、
    馬に蹴られて地獄に堕ちろ、ですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    お互いが好き会っているのであれば、
    法律であれ教義であれ関係ありません!!

    2020年3月24日 22:17

  • 第26話『兄妹の結婚を妨げる教会を滅ぼ…へのコメント

    なんかここ3話程で急にインテリジェンスなふいんき(なry)になってきて驚きました

    教会は悪 はっきりわかります
    これだけ法整備がガバなら戸籍を抜くだけで大丈夫そうな気もしますが戸籍がそもそもあるのでしょうか
    あと王族の婚姻関係とか気になります!
    そもそも何度も言ってる神様同士が親子兄弟でアレなのに教会がそれ禁じてるってどうなの
    勇者教みたいなもんだから神様信仰してないのかな
    カルトですね滅ぼさないと

    作者からの返信

    @juyusi様

    ご感想いただき誠にありがとうございます!!(*´∀`*)
    確かに……インテリジェンス()な感じに(^o^;)

    アリスもきっと若干おかしいとは思いつつも18歳、
    異性の性に関心のあるお年頃の女の子なので、
    ノリノリでブルーノの説法に乗っているフシがありますね笑(*´艸`*)

    この世界の教会自体がもともとあった素朴な庶民に親しまれていた、
    各地域の宗教を根絶やしにしてのさばっている悪徳新興宗教団体です。
    しかも、過去にアリスの国を滅ぼしアーティファクト強奪した泥棒です。

    主人公にはバッサリと斧で切り倒してもらいましょう!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月24日 22:23

  • 第26話『兄妹の結婚を妨げる教会を滅ぼ…へのコメント

    義理の兄妹での結婚は合法では?

    作者からの返信

    ゆきちさん様

    コメントいただき誠にありがとうとざいます!(*´∀`*)

    法制度がしっかりしている日本ですと全く問題ないのですが、
    この世界では以下のような感じのザックリ法になっています↓

    『父母兄弟姉妹間の婚姻を禁ず 罰則:利き腕一本を切断』
    ※義理の兄弟かどうかの記載などの細かい記述なし

    この世界では法律と、教義で"義理の兄弟ですら結婚禁止"
    されているからこそ、逆に主人公の恋心は燃え上がるような
    感じでございます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月23日 21:42 編集済

  • 第25話『兄妹が結婚するのは合法だ!』へのコメント

    さすがに1億年ものの知性は説得力が半端ない(嘘)。
    ところで、表記としては兄弟よりも兄妹のほうが合っているのではないでしょうか。
    …読みは変わらないのですが、更に一段、新しい世界を目指してしまうような気が。

    作者からの返信

    @falsetto様

    さすがは1億年の間に蓄えた知性は説得力あります笑(*´艸`*)

    おお……『兄妹』その語彙をご教示いただき、
    どうもありがとうございます!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    お恥ずかしながらその語彙があるとは存じておりませんでした(^o^;)
    すぐに、兄弟→兄妹へと置換させていただきます!!

    ご教示いただき大変助かりました!!!!

    追記(2020/03/23 20:49)

    修正完了しました!『兄妹』というのは素晴らしい漢字ですね。
    物凄く気に入りました! ご指摘どうもありがとうございました!

    2020年3月23日 20:45 編集済

  • 第17話『さあ! 魔王城にいってみよう』へのコメント

    勇者に臆病者とか言ってたのに主人公はいい加減告白しないのか

    作者からの返信

    @yanago様

    ご感想誠にありがとうございます!(*´ω`*)

    @yanago様のご期待のシーンはもうそろそろです。
    しばしお待ちいただけますと幸いに存じます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月20日 19:04

  • 第7話『船に乗って新大陸へ行こう!』へのコメント

    マチェットを海で・・・錆びないかな?

    作者からの返信

    @to_ku_ro_様

    ご感想誠にありがとうございます!(*´ω`*)

    ファンタジー世界なのでモンハンの"砥石"
    のような便利アイテムがあると思って
    いただけますと幸甚に存じます!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月20日 09:33

  • 第15話『一人は一人だけのために』へのコメント

    どこまでも情けねぇ奴……そんな野郎に!!
    アリスを渡してたまるかっつーんですよ!!

    そして、よくやりましたよ。ブルーノ。

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想誠にありがとうございます!!

    そして主人公くん褒めていただきとてもありたいです、
    どうもありがとうございます!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    クルスは本当にクズですね!!!
    少しはこの一件で"学んで"くれるといいなと思っています(*´ω`*)

    2020年3月19日 19:42

  • 第13話『遺跡にあらわれた勇者一行』へのコメント

    ――――どこまでも腹立たしい野郎だな、勇者クルス……。
    オレはな……お前みたいなやつが大っ嫌いなんだよ……。

    作者からの返信

    ラビット様

    ご感想誠にありがとうございます!٩(๑òωó๑)۶

    クルスは本当にクズ野郎ですね……。
    一度痛いめにあって欲しいものです(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月19日 19:39

  • 第7話『船に乗って新大陸へ行こう!』へのコメント

    誤字報告です。
    「そうそう、東の大陸に行くための船便の券がたまたあま(→たまたま)格安で取れたから、ちょっと早いけど船で移動だ。名残り惜しいとは思うが我慢して欲しい」 
    だと思います。

    アリスは勇者の事が好きだったのでしょうか。それにしては主人公への肩入れが強いな、と。義兄妹とはいえ肉親だからかもしれないですが。

    作者からの返信

    ゆきちさん様

    ご指摘いただき誠にありがとうございます!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    アリスはクルスが勇者になる前の平民の時まともで優しそう
    (と義兄の主人公でさえ誤認するほど一見、思えた)時期に、
    年が近いこともあって淡い恋心を抱いていたようです。

    アリスはクルスからの酷い罵詈雑言と追放宣言の時点で心が壊れています。
    極力考えないよう、そして主人公も思い出させないようにしているようです。

    2020年3月19日 08:47 編集済

  • 第14話『勇者と木こりの尋常ならざる決…へのコメント

    もう頭から唐竹割りにしてやれば良いのに……

    作者からの返信

    ジャック様

    ご感想誠にありがとうございます!!(*´ω`*)
    脳天唐竹割りいいですね!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    主人公くんにはもっとクルスに、
    "分からせてやって"欲しいものです٩(๑òωó๑)۶

    2020年3月19日 00:07

  • 第13話『遺跡にあらわれた勇者一行』へのコメント

    やっちまえ!

    作者からの返信

    ムネミツ様

    ご感想誠にありがとうございます!!(*´ω`*)

    主人公くんここはガツンと、
    男を見せて欲しいですね(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月19日 00:06

  • 第7話『船に乗って新大陸へ行こう!』へのコメント

    すぐにこの港町に別の(舞台)を派遣するかもしれない。←部隊、ではないかと。 主人公の気遣いや優しさは好感が持てますが、自分たちの命を狙っている者たちがいるという状況についての情報は秘匿するよりも共有して、2人で交互に補い助けあって警戒する方が生存率の上昇に直結するような気がしました。 主人公の心情や覚悟も分かるのでどちらが正解だと断定も否定も出来ませんが。

    作者からの返信

    @nekonikobanban様

    ご感想およびご指摘いただき誠にありがとうございます!(*´ω`*)
    さっそくご指摘の箇所を修正させていただきました。

    また、主人公の行動や心情などを考察いただき、
    誠にありがとうございました!!

    2020年3月17日 23:56

  • 第8話『遺跡都市で聖剣を引き抜こう!』へのコメント

    がんばれ、がんばれよ。

    作者からの返信

    ラビット様

    主人公くんもアリスちゃんも一緒に幸せになるため、
    前を向いて頑張って欲しいです!(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月16日 00:28

  • 第6話『闇夜の港町を襲う暗殺者』へのコメント

    やかましいわアホンダレが。
    てめえらごときが手出ししていい女じゃねえ。
    つーかアリスはブルーノといちゃラブ××××すべきじゃろが!!!

    ……って思わず余計(げひん)なこと言っちまったわ(大汗
    まあいい、返り討ちにしたんだし。

    作者からの返信

    ラビット様

    憤っていただき、どうもありがとうございます!(*´ω`*)

    おっしゃるとおりブルーノくんもアリスちゃんも、
    暗殺者が幸せを邪魔していい相手ではないです(๑•̀ㅂ•́)و✧


    極悪人が自業自得の返り討ちにあってくれてよかったです。
    主人公くん、ナイスファイト!

    2020年3月16日 00:27

  • 第3話『旅立ち』へのコメント

    行ってこい、ブルーノ!お前が好きな女と一緒にッ!

    作者からの返信

    ラビット様

    主人公とアリスちゃんいってらっしゃい!!
    王都の外でも一緒に頑張って欲しいです(*´ω`*)

    2020年3月15日 18:25

  • 第2話『勇者と木こりの木剣での決闘』へのコメント

    お前みたいなバカ、俺は大好きだよ。ブルーノ……

    作者からの返信

    ラビット様

    主人公くんはバカですが男気ありますね!(๑•̀ㅂ•́)و✧
    手強い相手でしたが、何とか勝利できました!

    2020年3月15日 18:24

  • 第1話『勇者による幼馴染追放宣言』へのコメント

    なあ、クルス……その口を縫い合わせてやろうか?
    二度と聞くに耐えない暴言が出てこないようにな……
    なんでかな、怒ると一周回って底冷えするような感じがしてくる。

    作者からの返信

    ラビット様

    とても分かります!
    クルスの口には麻酔無しで直接、
    針と糸で縫い付けてやりたいですよね!!

    アリスのために憤っていただき、
    どうもありがとうございます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    2020年3月15日 18:20

  • 第2話『勇者と木こりの木剣での決闘』へのコメント

    こういう女の子の為に戦う主人公は最高ですね

    作者からの返信

    もりし様

    私も心のなかで主人公くんを
    応援しながら書いております!(*´ω`*)

    頑張って二人で幸せを掴んで欲しいです!

    2020年3月15日 18:23

  • 第6話『闇夜の港町を襲う暗殺者』へのコメント


    更新お疲れ様です!

    返り討ち気持ちいい!

    ヽ(*´▽)ノ♪

    作者からの返信

    @yosimitu01様

    お気遣いのお言葉、
    どうもありがとうございます!(*´ω`*)

    主人公の暗殺者の返り討ちの場面を
    喜んでいただきとても嬉しいです!(*´∀`*)

    2020年3月14日 22:58

  • 第2話『勇者と木こりの木剣での決闘』へのコメント

    木こりの一撃ヤバイ

    人民の英雄 vs神託の勇者(笑)

    って感じ?



    どの作品も惹き付けられますね

    全部応援してます!

    作者からの返信

    @yosimitu01様

    複数の作品をお読みいただき誠にありがとうございます!
    これ以上にないほどに嬉しくパソコンの前で小躍りしてます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    そして……@yosimitu01様のとてもありがたく優しいお言葉、
    私は嬉しくて泣いております。゚(゚´Д`゚)゚。

    木こりの一撃ヤバいですね!

    每日尋常じゃない数の薪を割っているので、
    その反復が完全に体に染み付いて技に昇華された感じです!

    >人民の英雄 vs神託の勇者(笑)

    そうですね。正にそのような感じです。
    主人公はまだただの木こりですが、
    いずれはそうなって欲しいです!٩(๑òωó๑)۶

    2020年3月11日 19:59