だれがプリンを食べたのか

作者 雪車町地蔵(そりまち じぞう)

80

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

象徴は象徴であるが故に、立ち止まるべき果てを持たない。
「山田」は壁を倒す度に、その周囲に新しい風を呼び込み、再現なく世界を広げて行く。

これは確かに、帝国主義のカリカチュアだ。
だがそれは、主義や思想が目的ではなく、単なる手段に過ぎないことも示唆している。

「だれがプリンを食べたのか?」

その問いはつまり、「どうすれば人は満たされるのか?」という根源的な問いと答えと同じくしてあり、、、
人は未だその答えを知らない。