【書籍発売中】理想の聖女? 残念、偽聖女でした!(旧題:偽聖女クソオブザイヤー)

作者 壁首領大公(元・わからないマン)

分かりやすく明瞭で人間臭い聖女譚

  • ★★★ Excellent!!!

かなり分かり易い文体で書かれています。人によっては阿保ぽいと感じるかも知れないので読者を分けるかも知れませんが、わたし個人は親しみ易く読み易い一気読みが推奨出来る作品に思えます。それと後日談まで読ませて貰いましたが、”立つ鳥後を濁さず”をよく体現しておりメインストーリーは完徹されつつ、後日談も主人公の本質はブレがないので安心して見れます。偶に「人として強い」と語られるなろう系主人公が後日談で地球に戻った後に得た力で高慢に振る舞い、力で相手を無理やり従わせるような傍若に走る事もままありますが、この作品に限ってはそう言った不快な印象がないので、後日談まで本当によく貫徹された良い作品だと捉えます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

daidroidさんの他のおすすめレビュー 10