琵琶師《びわし》

作者 吾妻栄子

幾重にも残る音と香りの余韻

  • ★★★ Excellent!!!

たった200文字の世界で、一人の子の成長と情景が、鮮やかに浮かぶようです。
いえ、ここは読み終わった後に、目を瞑ってその余韻を楽しむ方が趣深いでしょうか。
ぜひ、五感フル活用で味わって欲しい一作です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

仲咲香里さんの他のおすすめレビュー 286