儚くて美しい物語

3500文字に満たない短編でも、世界観がしっかり作りこまれています。
また、主人公の一途な思いが、セリフなしで淡々と語られ、ついにラストを迎えます。
タイトルの『蛍』。その光のように儚くて美しい物語です。
みなさんもぜひ読んでみてください。

その他のおすすめレビュー

烏目浩輔さんの他のおすすめレビュー2,162