高嶺の花と放課後

作者 罰印ペケ

353

127人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ストーリーの本筋、ヤンデレ描写は良かったが、台詞の言い回しやヒロインが主人公に対して自分がどのように依存させようとしているかなどをわざわざ言う点など少し疑問に残ることはある。
上記の少し悪い部分があっても読む価値は十分にあるカクヨムでもトップレベルのヤンデレもの。

★★★ Excellent!!!

マジでやばい。寒気はする、冷たい汗は出る。でも身体が熱くてたまらない。手は震えるのに読み進めようと手が止まってくれない。甘々なラブコメが好きだった。平和なラブコメが好きだった。でもこれからそれで満足できるのか。それほどまでに引き込まれました。そして自分が好きなヤンデレ、ハマったヤンデレがなにかというのを思い出されました。

★★★ Excellent!!!

ヤンデレ作品は作者によって具合が変わりますが、この作品はとてもちゃんとした”小説”でした、あやふやな内容の薄い文で話を伸ばすのではなく簡潔な文章による少し怖いと思ってしまうようなヒロインを作り出しており、僕的にはちょうど良いと思える作品でした。
皆さんもぜひ読んでみてほしいです。

★★★ Excellent!!!

タグをよくよまずに(ヤンデレ作品とは気が付かずに)読んでいたので、
ボッチと高嶺の花の作品(前半部分)と思いながら読んだのですが、
ヤンデレ作品(後半部分)へと急転直下になり引き込まれました。

ヤンデレ作品としてみると前半部分が若干長くなりますが(1話ごとの分量も
結構長めですし)、その分後半が際立つ作品となっていると思います。
ただ、長いとはいっても、作者が「あとがき」で言及しているように、
本筋とは関係ないところはばっさり省略していますので、間延び感も
なく、読んでいて引き込まれていきます。

ヤンデレの度合いもかなりえげつないですし(残酷描写ありは冗談ではありません),
ラストも非常に印象深い(人によっては、はっきりしろ、という人もいるかもしれ
ませんが)ものになっています。
特に最終話の題名となっている花の花言葉はこの作品のラストを象徴し
ていると思います。

ついでに付録の「花言葉」は読まない状態で本編を読み、最後まで読み終え
てから「花言葉」をみることをお勧めします。「登場人物」は適宜読んでも
かまわないかと。

作者の方は次回作も書かれるとのことですので、非常に楽しみです。

★★★ Excellent!!!

物語の筋書きがしっかりしてるしヤンデレも良い具合の狂気。
展開も、予想通りに進まない(簡単に予想できる内容じゃない)から読んでて楽しい。
まだ未完結だけど何回か周回して読んでます。
追記) 完結しました。
   一言で言うと、最高の遥か上を行く作品です。

どうでもいいけど人生初のレビュー。
なんならレビュー書くために登録済ませたまである。