Errare humanum est. ~間違いだらけの高校生活~

作者 於田 縫紀

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第28話 訓練迷宮探索中へのコメント

    主人公、文句をつけつつも流される(長い物に巻かれる)タイプですよねえ。きっとこのままなし崩し的に恋人になって結婚してしまいそうだ^^;

    PS. 誤字報告
    2泊3日かかりるから→2泊3日かかるから
    "り"が余計に入ってます

    作者からの返信

     誤字報告ありがとうございました。訂正完了しました。

    >文句をつけつつも流される
     まさにそういう性格です。学校は勉強をするだけで充分だとか言いつつもこの研究会にしっかり染まっている模様です。
     ある意味このお話は、正利君がそうやって骨抜きにされていく過程の物語なのかもしれません(笑)。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年4月2日 21:51

  • 第28話 訓練迷宮探索中へのコメント

    正利君は何とか言いながら、
    愛梨ちゃんとダンジョンデートを
    楽しんでいる模様。
    将来はお堅い仕事を目指して
    居るのでしょうけど、
    愛梨ちゃんと付き合って行くと
    違う世界が見られそうですから
    楽しみです。

    作者からの返信

     確かに正利君、文句を色々言ってはいますが、楽しんでいないと言えば嘘になります。
     将来も何になりたいというのは特になく、長い人生のためにお金を稼がないとならないという焦り?があるだけです。
     その辺からどう脱線していくかがこのお話となります。


     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年4月1日 22:21

  • 第26話 武器を選ぼうへのコメント

    愛梨さんが魔女の力に目覚めると、何か凄いことになりそうです。ダーリンとペアで、退魔師家業すら出来てしまいますから。
    正利君はこうして魔人の世界にデビューするのてすか。堅実に進むプランが何時の間にか、特殊な国家資格の保持者の進む道に足を踏み入れて仕舞いましたから。

    作者からの返信

     本人はまだその辺の意識は無い模様です。あくまでこの活動は仕方無くやっているという認識で。その実結構本人も楽しんでいるのですけれど……

     なお将来がどうなるかまではエピローグにも出てきません。ただ長生きしても生活できる方法はいずれ手に入れる予定です。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年3月28日 20:46

  • 第25話 装備の準備へのコメント

    量産型聖剣と言うとガンダム的にはGimやNemoですね。お話ではRPGの世界が目の前とか羨ましすぎです。地学部を高校の頃やってたので、探検や調査は今でも好きです勿論剣ではなく化石ハンマーとかですけど。

    作者からの返信

     一応聖剣なので、ジムやネモだとちょい可哀想な気がします。ザクのS型とかR1,R2型位の価値は与えてあげないと。量産型とはいえ一応勇者専用の聖剣ですし。連邦側だとジムのライトアーマーあたりでしょうか。スペシャルな機体ですがスナイパーカスタムほど高性能では無いような気がするので。

     鉱石探しは私もちょっとだけ囓らせてもらいました。山梨県の奥地でズリを漁ったり岩を割ったり。化石ハンマーは専用のを持っていなかったので、岸壁用ハンマーでやっていましたけれど……

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年3月26日 21:18

  • 第23話 ちょっとキャラが強すぎるへのコメント

    ふむふむ、今度はそっち系勇者ですか…どうして勇者ってのはみんなみんな箍が外れてしまうのか(笑) あるいは元々そういう素質があるから勇者になるのか…。

    PS. 一か所「川口透子」になってますん:-)

    作者からの返信

    >どうして勇者ってのはみんなみんな箍が……
     そりゃいきなり訳わからない世界に拉致されて、原始的武器で血なまぐさい戦闘をやれって命じられるんですよ。しかも下手すれば怪我したり死んだりもするんですよ。精神的におかしくなって当然だと思います。最初からネジが数本ぶっ飛んでいる人なら適合できるかもしれませんが……
     というのが私の意見です。異論は認めます。
     なお透子さんはその辺のストレスをエロで解消していた模様です。きっと向こうの世界ではそれが普通のストレス解消法だったのでしょう。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

     追伸 誤記報告ありがとうございます。訂正されていただきました。

    2020年3月25日 20:43

  • 第24話 合宿のしおりへのコメント

    ダーリンは正統派ノスフェラートの能力が覚醒すると、とんでもない存在に成長するかもしれませんね。女の子が何もしなくても寄ってきますよ。

    作者からの返信

     確かに正利君はそのうちパワーアップする予定です。正当派ノスフェラート系になるかは不明ですが。
     でも正利君は、本来は能力が欲しいとか彼女が欲しいと言うより勉強したい派です。一流大学に合格し、更に高給取りになって長い長い人生に困ったりしない為に。
     なのであくまで第一義は勉強で、その為に透子さんが敵扱いされているのですけれど……まあ色々思い通りにいかない訳です。
     なお正利君にとって最大の敵は、こんな研究会に引き入れた大和先輩です。そのため気を抜くと『貧乳先輩』とか『無乳先輩』とか頭の中で思ってしまう訳で……

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。
     

    2020年3月24日 22:55

  • 第23話 ちょっとキャラが強すぎるへのコメント

    勇者…いろんな意味で勝てない相手が増えたぞw
    これからの展開が楽しみです

    作者からの返信

     ただ味方としては実戦経験も少しあるし、初歩的な攻撃魔法や回復魔法を使えるし、割と頼りになる存在です。燃費こそ極めて悪いですが……

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年3月22日 17:00

  • 第23話 ちょっとキャラが強すぎるへのコメント

    ノスフェラートのダーリンは、透子さんという天敵の勇者が現れてしまいました。愛梨さんはダーリン同様意味は違いますが天敵(GL)が出ました。
    破天荒なキャラが描き出す非日常が楽しみです。

    作者からの返信

     まず最初にお詫びを。
     すみません。第36話は間違えて公開してしまったものです。そんな訳で一度下書きの方へ戻しました。コメントも消えていますが以上のような理由からです。大変申し訳ありませんでした。

     なお夏休みまでには愛梨さんも透子さんの言動に大分慣れる模様です。その辺は後のお話で……

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年3月22日 16:59

  • 第22話 有明透子の事情へのコメント

    愛梨ちゃんの場合は改変ではなく、どちらかと言うと絡めてから攻めて何時の間にかダーリンを落としてしまう篭絡に近い技ですね。
    新たに加わったレベル20位の勇者さんも、中途半端で味があって良いキャラです。

    作者からの返信

     透子さんはレベル20も無いと思います。精々10程度、最初の村から次の村へやっと向かうか程度ですね。
     ただこの人は異世界帰りだけあって程良く怪しい性格になっていたりもします、その辺は、まあ後程……
     なお正利君はまだ抵抗中なので、あまりいじめないでやって下さい。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年3月20日 22:42

  • 第20話 午後の異変へのコメント

    ぐいぐい来る愛梨さんに押されて、何時の間にかダーリンも悪くないような気がしてるのが凄いです。精神操作等は使ってないのにテンプテーションが掛かってしまいました。ラブラブになるのもあと少しです。

    作者からの返信

     ダーリンさんの言い分を書いておきます。
    『そんな事は絶対無い! あくまで高校生活のメインは勉強だ。俺は長い人生のために稼がなければならない。その為に何としても一流大学に入って給料の高い仕事に就く必要があるのだ!
     確かに愛梨は一般的に見れば可愛い方かもしれない。お昼ご飯も結局世話になっているし、性格だって悪くない。勉強だって頑張っているのはわかる。だけど……。邪視は特に欠点とは思えない。俺だって不死者だからな。なら問題ないじゃないかと言われると、うーん……』

     そんな感じです。
     なおダーリンこと正利の性格からして、そう簡単にラブラブにはならない予定です。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年3月16日 23:44

  • 第17話 午後の講習へのコメント

    何とか言いながら愛梨の事は憎からず思っているし、女子力に嵌りこんで尻に敷かれる未来が見えます。

    作者からの返信

     そんな未来を見られてはこのお話が終わってしまいます(笑)。
     まあ、結果はどうであれ過程も必要という事で……

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。。

    2020年3月10日 23:29

  • 第14話 豪華な夕食へのコメント

    誤字報告です。
    > パンの実が吐いていたり、

    作者からの返信

     ご指摘ありがとうございます。
     実はこれはスープの中のパンの実がまだ生だったから、食べられなくておえーと……という事では無く、単なる誤字です。

     また何かありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

    2020年3月4日 21:56

  • 第12話 水を得る方法へのコメント

    おお・これは両手に🌸の展開ですね。

    作者からの返信

     この状態を両手に花と思ったが最後です。
     道路ではアクセルとブレーキ踏み間違えた車に襲われ、空からは落下物に襲われ、横を通った崖は必ず崩れ電車の乗ると前の人がコロナウィルス保菌者という日々が待っています。

     なお愛梨さんも実tメル両手に花という事案は今後発生します。大分後のお話ですけれど。まあそれはその時まで置いておいて……

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年2月29日 20:22

  • 第10話 サバイバル合宿開始へのコメント

    誤字報告です。
    > 俺地震の身体能力を使えば

    作者からの返信

     指摘ありがとうございます。
     修正致しました。

     また何かあれば宜しくお願い致します。
    (本当はあってはまずいのですけれど)

    2020年2月25日 20:49

  • 第9話 不穏な合宿へのコメント

    米は最悪は生でも大丈夫(笑)
    あと津和先生になっちゃってます。読みは同じなんですね。変換候補に出て気付きました。

    作者からの返信

     ああ、またもご指摘ありがとうございます。
     訂正致しました。

     なお米の生は炊き直せばいいだけですが、中途半端に炊けた怪しいお米は始末に負えないです。元ワンゲル部員としての経験談ですけれど。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年2月25日 00:32

  • 第8話 次の新入生と行事その1計画へのコメント

    狼で桜と言うとトライアングルハ(ry
    ウルフガイも懐かしいですね:-)
    あと復讐になってる箇所があったような?

    作者からの返信

    >狼で桜と言うと……
     私はエロゲは範囲外なので『とらい●んぐる●ート』も綺堂●くらも知りません。没シナリオで何か壁に薔薇が咲いたような……

     というのはおいておいて。
     復讐→復習、無事修正致しました。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年2月25日 00:30

  • 第8話 次の新入生と行事その1計画へのコメント

    平井和正さんの作品を40年以上前に読んでいました。犬神明さんの親戚の登場ですね、桜さんの戦闘力は凄そうだ。

    作者からの返信

     うーむ懐かしい。犬神明さんは少年の方ですか? それともアダルト・ウルフガイの方かなあ。でも個人的には平井和正は実は『超革命的中学生集弾』とか『星新一の内的宇宙』とかのギャグ路線の方が面白いではないかと……ごめんなさい冗談です。こんな事を書いたら幻魔大戦派にボコボコにされます……

     なお今のところ物語内での戦闘の予定は未定です。桜さんの狼変化も実はしょうもない処で出てくる予定です。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。当分は1日おき更新になると思いますけれど宜しくお願い致します。

    2020年2月21日 21:23

  • 第7話 研究会の目的へのコメント

    新しいお話、展開を楽しみに読んでます。
    あと、途中でグレムリンがゴブリンに…:-)

    作者からの返信

     ああっ、本当だ!
     グレちゃんがゴブちゃんになってしまっている!!!

     済みません、ご指摘ありがとうございました。
     2箇所ほど訂正させていただきました。
     また何かありましたらよろしくお願いいたします。

    2020年2月19日 12:58

  • 第4話 帰り道での疑問へのコメント

    魑魅魍魎と会話できるスキルは何処から来るのか不思議です。ヒロイン度がマシマシの愛梨さんは、その内電撃も出来そうな気がします。

    作者からの返信

     残念ながら変な語尾の方言を話したり空を飛んだり電撃したりする事は無いと思います。それはきっと別人で宇宙人です。

     あと今回のお話は、妖怪だろうと妖精だろうと言語が同じなら会話は出来るという想定です。ただし性格的に(自己中心的過ぎて人の話をきかなかったりして)会話が出来ないという事はあって、妖精はそういう位置付けになっています。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年2月15日 19:43

  • 第2話 証拠品と邪眼持ちへのコメント

    愛梨さんはやはり濃いキャラですね、主人公のフィアンセ的なうる星のラムちゃんの立ち位置ですね。
    応援致しております、これからも執筆活動頑張って下さい。

    作者からの返信

     基本的に最初は濃いキャラの方がわかりやすいので。ただスリーパーホールドになったのは意図した訳ではなく、単に背後から抱きつこうと思ったら慣れていないのでそうなってしまっただけです。何故背後からかというと、彼女は自分の視線の力を非常に気にしているので……

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年2月9日 23:11

  • 第1話 鉄骨落下事案へのコメント

    昭和30年代に8マンというアニメがありましたが、主人公の移動方法がその走り方にだぶってしまいました。

    作者からの返信

    >8マン
     古い! まあ私もわかりますけれど(苦笑)。確かに加速装置を使う009より8マンの方がイメージは近いかもしれないですね。

     お読み&コメントいただき、本当にありがとうございました。

    2020年2月9日 23:09

  • プロローグ 間違いの始まりへのコメント

    吸血鬼に魔女に占い師
    バランス悪そうなパーティー

    巻き込まれて迷ってもいいじゃない 人間だもの

    作者からの返信

     何せタイトルが『間違いこそが人間の本質である』なんてラテン語ですから……
     なおバランスが悪いパーティはもっとバランスが悪くなる予定です。

     まだ海のものとも山のものともつかぬお話ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

    2020年2月5日 13:21