君との軌跡

作者 九条 蓮@書籍化【君との軌跡】

1,091

376人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品の良さを伝えたい言葉は沢山あるが、人それぞれで感じ方が違うから伝えるのがとても難しい…。
だけど一言だけ伝えられるとすれば「読んだ全ての人が共感し、感動を覚え、恋愛の喜怒哀楽を思い出す」と言う事。

作者 九条先生の信条である
『ありきたりな物語ではなくリアルな物語を』
『男性からも女性からも共感してもらえる物語』
を心掛けると言う気持ちが薄れる事なく描かれ続けている。

拝読していくと物語の主人公達に自分の体験が重なり<感情移入>してしまう。

是非とも他にはないリアリティーある恋愛物語を皆さんにも味わってもらいたい。

★★★ Excellent!!!

本当に久しぶりに、自分が泣いていたことを自覚した。


最初はただの好奇心で、試し読みのつもりだったけれど、終わりに近づくにつれて読む手が止まらなくなった。
最後まで読んでみようと思った5時間前の自分に感謝したいと思う。
その意味では、こんなにもいい話に巡り会えたのは本当に”きせき”だった。


ちょっと物色するような気分で読んでみたけれど、最初の章だけで読むのをやめてしまうような人がいそうなのがとても残念。
すぐそこの運命とすれ違いにならないように、もう少しだけ、後少しだけ読んでみて欲しい。

見てみて下さい。
魅力的な登場人物たちに連れられて、そこに広がっていく貴方だけの世界を。

★★★ Excellent!!!

いやぁ、青春時代こんなだったら、楽しく、苦しく、だけど想い出になったろうなぁ。

高校2年の真樹は、どこか周囲の学生と馴染めずに鬱々と学生生活を過ごしていた。
そんなある日、クラスにやってきた転校生、伊織。
美少女故に周囲にも人気がある彼女だが、転校してきた日以降、何故か少しずつ真樹との距離を縮めてくる。

お互いがお互いを意識しつつも、親友の信や、伊織と一緒に転校してきた彰吾、無口な少女、芙美など、様々な生徒達と日常を過ごす中で、人間関係に悩み、お互いの気持ちに悩む。そんな群像劇が描かれていきます。

最新話なども読んでおり、あまりネタバレになってもいけない位連載の続く本作ですので、敢えて物語に大きくは触れませんが、とにかく言えることは、この作品の魅力はキャラもそうですが「丁寧な描写」に尽きると思います。

主人公、真樹として語られていく物語は、不器用ながらも優しすぎる彼の苦悩や、若いが故の心の昂りなど、本当に丁寧に表現され話が進んでいきます。
勿論そんな中で、仲の良い仲間達の苦悩や悲しみ、喜びなども表現として語られています。

また、普通の学生の毎日の日常を、飽きさせないように話を進めつつ、しかし丁寧に描いています。

そういった作品の密度が、より感情移入させるのですよね。

その表現力から「ライトノベル」ではなく、しっかりと小説として書き込まれている本作。
作者様も言われている通りの本格的、かつ濃い学園ものを求めている方は是非読んでみてください。

とりあえず、ハッピーエンドで終わって欲しいなぁ……。

★★★ Excellent!!!

いつも思っていることですが、人を好きになるって綺麗事だけでは済まされない。
誰もが憧れるような、甘く切なく、美しいお話といった向きではありませんが。
恋愛を通じた心の機微、人間模様にどこまでも真摯に向き合われています。

喜びよりも、悩む姿により共感を覚えます。

死んだ方がまし、別れた方がましと思うことがあっても、放っておけないし、行く末が気がかりだし、出来れば幸せになってほしいと思う。
主人公たちの傷つき這いつくばりながらも、大切なものに必死にで手を伸ばす姿に震えさせられます。

ヒロイン競争とかそういうのはありません。あくまでたった一人(と、その周りの人たち)の人生と真摯に向き合っていくお話です。

★★★ Excellent!!!

感動と言うか何というか、心がジーンってしますよね。
この作品は高校生たちの『日常✖恋愛』ですが、付き合い始めるまでの苦悩が入っていてとても現実味が強く、胸が痛くなってしまいました。
まあ、自分は作品に感情移入しやすいタイプなのですが(笑)
文面も大変見やすいものとなっているのでぜひ見てみてください!

★★ Very Good!!

最近、空気を読む読まないとか噂云々の話を見たからか、主人公に対して多少の同情を禁じ得ない。

暴力による勝利は捉え方によって抱く印象が様々、主人公の場合、その話が悪い方向で噂された結果からくる不幸だった訳だけど、ちょっとしたボタンの掛け違いの不幸は身近にあるようでない、不思議な怖さがあるね。

★★★ Excellent!!!

総じて文章は上手く仕上がっている印象を受けました。
まだ、物語が始まったばかりなので評価するのも悩みましたがささやかながら花を添えるものかと思いレビューさせていただきます。

要素要素によって今後の物語の進展が変わっていきそうですね。
外語系高校というのも中々珍しいかもしれません。

コメディー要素があるとすこしほっこりするやも?