僕だけのあの子

作者 平中なごん

14

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 「過去に登場する」は「セリフと後ろ姿ならギリギリセーフ?」と「読む側がイメージするときにフィルターをかければいいだけのこと」で意見が分かれましたが、「グレーゾーンとして受け入れましょう」とあらかじめ決めていました。
 河垂さんの印象的なシーンは「スカートから覗く……」ですね。夕暮れの誰もいない教室で美少女が窓の枠に腰かけてグラウンドを見下ろしている。絵になるシーンで主人公は真っ先に河垂さんの脚に着目します。なるほど顔より脚なのか。それに恐れていた猟奇シーンもないので、ジャッジは「断然セーフ」です。
 
 『僕だけのあの子』はライトノベル調で書いています。加えて河垂さんがいなくなってから物語が始まるところも読みやすい一因です。「ご本人登場…しない怖い話」の企画に参加した他の二作にも当てはまるのですが「何かが近づいている恐怖」はありません。
 「てっきり、あの子は一体なんだったんだエンドかと思ったのに、4話の『…………いや、ちょっと待て。これっておかしいんじゃないか?』と急変するところから目が離せませんでした。あのラストは予想だにしませんでした。河垂さん、どこに行ったのでしょう」
 満場一致(?)で「怖い」がハッキリとしていて楽しめた作品です。

★★★ Excellent!!!

RETRO少年の懐古録です。

只今読了させていただきました。

些か疑問は残るとはいえ、その疑問がもたらす、無重力のような、言わば宇宙的な感覚こそが、不可解な物語の魅力であると勝手に考えております。
サイコのような、サイコでない……新境地ですね。

いくらでも意味付けや論理詰めは出来るでしょうが、それをするのは「野暮」ということでしょう。
ちなみに私は「恋は盲目」といったメッセージが受け取れました。

ありきたりなENDでないところも美しいです。

今後も期待しております。