妹のラブレターを代筆したら、無敵美少女アイドルと同居することになった。

作者 坂井ひいろ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全98話

更新

  1. Season1
  2. 第1話 知ってるくせに!
  3. 第2話 ラブレターを代筆して欲しいんだけど
  4. 第3話 ラブレターって響きだけでドキドキします
  5. 第4話 『持っている』女の子です
  6. 第5話 嘘だろ。無敵美少女が玄関の前に!
  7. 第6話 兄貴の煮込みハンバーグ食べてってよ
  8. 第7話 ワイルドじゃないです。単なる事故です
  9. 第8話 煮込みハンバーグ、まだいただいてません
  10. 第9話 お帰りなさい
  11. 第10話 無敵美少女!私が初の敵になってやる
  12. 第11話 家族?お姉さん!
  13. 第12話 どちら様ですか?
  14. 第13話 どんな難問にも答えがある
  15. 第14話 ごめん。そう言うの慣れてませんから
  16. 第15話 ドラマの演技練習の相手を
  17. 第16話 いちご大福、食べてもいいかな
  18. 第17話 お姉ちゃんって気持ちいい
  19. 第18話 逆告白に続く、逆宣戦布告!
  20. 第19話 美少女のご褒美って
  21. 第20話 魔女みたいでしょ
  22. 第21話 陽くんの秘密
  23. 第22話 見せてあげよっか!
  24. 第23話 では、瑞菜さん一言
  25. 第24話 さあ、才能をさらすがよい
  26. 第25話 応援してくるね
  27. 第26話 バトンは受け取った
  28. 第27話 また、トイレに走らなきゃ
  29. 第28話 寝ながらそんなこと考えてたの?
  30. 第29話 説得して見せます
  31. 第30話 社長、どこまで聞きました
  32. 第31話 私の親友に手を出さないでください
  33. 第32話 私はどうしたらいいの!
  34. 第33話 今晩、僕はどうなってしまうのだろう
  35. 第34話 きっと私の目も輝いています
  36. 第35話 だれ、このお嬢様は?
  37. 第36話 お待たせしました。お兄様
  38. 第37話 私の妄想は現実のものになっていく
  39. 第38話 詳しい話を聞かせてもらおうか
  40. 第39話 今晩は二人きりなのです!
  41. 第40話 つい見とれてしまいました
  42. 第41話 でへへ。やっぱ、ばれてた
  43. 第42話 太陽の匂いがするんです
  44. 第43話 約束してくれるまで、膝の上から降りません
  45. 第44話 後、十分だけ。このままで
  46. 第45話 大変なことになっているぞ!
  47. 第46話 ちっ、違うんだ。当たらないんだ
  48. 第47話 勝手にタオルを投げ込むなよ
  49. 第48話 そんなはずはない。ヤツの妹の作戦か?
  50. 第49話 バシッ、ドスッ。ビシッ、バスッ。ビュン、ピシッ!
  51. 第50話 なっ、何がどうなっているんだ
  52. 第51話 面白いね。キミの青春にのった
  53. 第52話 状況はわかりましたか?
  54. 第53話 江戸時代だったらお嫁に行っている歳なんだぞー
  55. 第54話 陽くんは人を引き付ける力があるって
  56. 第55話 だから、そんなこと言わないでよー
  57. 第56話 ちゃんと話ができるのだろうか
  58. 第57話 陽くん、社長は化け物でした。
  59. 第58話 キミ、いったい何をするつもり
  60. 第59話 兄貴の最終攻撃がきまった。
  61. 第60話 コスプレには人格を変える力がある。
  62. 第61話 あれっ。この顔、見覚えがある。
  63. 第62話 どうかした!行くわよ。少年たち
  64. 第63話 ドジョウはコイに変わらない。
  65. 第64話 ちゃんとハッキリ、言わせて
  66. 第65話 この人には冗談が通じない。
  67. 第66話 お願いみんな。正気に戻るのです。
  68. 第67話 今日は色々な瑞菜様を堪能できた。
  69. 第68話 陽くんの笑顔はみんなの太陽だ。
  70. Season2
  71. 第69話 クールな横顔に私はメロメロなんです。
  72. 第70話 おばさんって言ったな!
  73. 第71話 完全に手の内を読まれている。
  74. 第72話 ヘレンちゃん。真実の愛です
  75. 第73話 いちご大福。トラック一台分
  76. 第74話 不思議の国のヘレンちゃん
  77. 第75話『執事』は裏の支配者なのだ。
  78. 第76話 投資指数、5000!
  79. 第77話 反射的にポーズを決めるなんて天性の素質です。
  80. 第78話 じっくりと策を練るべきね
  81. 第79話 煽っても無駄です。
  82. 第80話 まだなんにも・・・。
  83. 第81話 ロンドンは朝を迎えようとしている
  84. 第82話 偽パイは西宮月の手に渡った。
  85. 第83話 涙が止まっていないのに!笑わせないでください。
  86. 第84話 何だか新しい時代が来たような気がします。
  87. 第85話 もうどうにでもなれって感じだ。
  88. 第86話 人生最大のチャンスとピンチが同時に訪れた。
  89. 第87話 みんな本当は日本を元気にしたいだけなんだ。
  90. 第88話 心の準備ができていない。
  91. 第89話 魔法のアイテムと魔法の言葉
  92. 第90話 今日の出来事は一生忘れません。
  93. 第91話 俺は彼ともう一度戦ってみたいと思った。
  94. 第92話 笑っちゃうだろ
  95. 第93話 助けてくれてありがとうなのだ
  96. 第94話 それが男の生きる道なのだ。
  97. 第95話 意地悪な質問ですね
  98. 第96話 僕の背中を冷たい汗が伝う。嘘だろ?
  99. 第97話 新郎無しの新婦が二人。
  100. 第98話 私も陽くんの事を独占したいです。