君に捧げる【英雄録】

作者 伊勢産チーズ

1,284

448人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

1章は素晴らしかった。The 王道って感じですぐにハマる。閑話もとても好きで主人公の成長した具合がよく見て取れて良かったんだけど、新章では前の主人公に戻ってしまった感がする。成長してカッコよさ優しさってのが出てたんだけど新章はなんかただ優しいやつっていうか甘ちゃんになった感じがする。それでも今一番面白い物語だと思うから頑張ってほしい。付け加えて何かいうとしたら対魔物戦をもっと増やすべきかなと思う。

★★★ Excellent!!!

人と向き合い続ける、成長の物語です。

物語は大きく奇をてらうものではなく、王道そのもの。

しかし、飽きるのかと言えばそうではなく、著者の物語の運びかたが秀逸で、山場をしっかりと体感させてくれる、暑くて熱くて厚い物語構成になっていました。

キャラクターに関してもそれぞれ独立した個性があり、キャラクターの個性がほやけるといったこともありませんでした。それぞれのキャラクターが成長により変化していくため、キャラクター性を大事にされる人にとっても、キャラクターが生きているように感じる、満足のいく作品だと感じます。

向かない人もいます。
主人公の特性上、安易に敵を乗り越えることはありません。
ですので、一斉の迷いはなく、正解のみを特に努力もなく選び続け、人間的成長が一切ない、完成された主人公や、そこに心酔するヒロインの姿を切望する読者には致命的に向いていない作品だと思います。

個人的に嬉しい点は、ヒロインと主人公の関係です。主人公はここまで、終始高嶺の花に手を伸ばし続ける物語となっており、同じ男として、いい女を手にいれるために頑張る男の姿は、心をうたれるものがあります。


富も女も名声も、全て、自分で奪い取れ!

といわんばかりの熱さを感じます。

是非とも、そのどでかい欲を、誰よりも臆病で、純真な主人公とともに、勝ち取るecstasyを感じてください。

おもしろいですよ

★★ Very Good!!

1章までは素晴らしく主人公が英雄になるのを心から望み、行動、成長できた一面を描けてたと思う。

しかし、新章ではカモにされたうえギルドに入るという甘々の性格が治っておず、、、
あれ?1章ラストで成長したはずの主人公はどこへいったの?って感じです。
新キャラの猫娘に関しても弱者から物を盗む、強者には媚び諂うクズ野郎にしか見えません。
ギルドに世話になっているのに悪行を働きそのせいで迷惑をかけた時は辞める覚悟はあるとか、どの口がほざいてんの?行動が矛盾していて好きになれませんでした
新章に関してボロくそ言わせてもらいましたが今最も好きな作品ですので頑張ってください

★★★ Excellent!!!

ギフトの台詞や、主人公の相棒の性格などに心が震えました!

自分は結構小説を読んでるんですけど(イキリ)、
導入から伏線、設定などが沢山盛り込まれててとても面白い。
バトルの描写が特に熱くて、
他には絶対にないともいえる熱さと、相棒の破天荒さが混ぜこまれてて
いい感じに共鳴してる、
最高の作品でした。

しかも無理にハーレムを練り込まない所も好きです。

★★★ Excellent!!!

話の作りはシンプルで読みやすいですが、なんと言っても熱いです。

修行によって目に見えて成長していく主人公!
成長できたことへの喜び!これからも強くなるんだろうという期待や、ワクワク感!
それでも主人公には悩みや障害がつきまとうものなんだけど、それを振り切るために頑張る姿にまた燃える!

熱さを兼ね備えつつ、非常に良いテンポで進行していく物語は、まさに王道を駆け抜ける迅雷。
さあ道を空けろ、「彼」が通るぞ!

★★★ Excellent!!!

剣と魔法系の成り上がりモノ。そんな作品を初めて読んだ際は心踊ったが、いつからかありふれたテーマになってしまった。
似たような設定、世界観、名ばかりの個性。気づけばもう読まなくなった。

いつものように脳死してTwitterを見ていた時、私が一番尊敬している作家さんがこの作品をリツイートしていた。曰く「アツい」と。初めは流していたが、何回も何回もリツイートされると嫌でも気になる。「別につまらなければやめればいい」と思い開いたページ、1時間後にはニヤニヤしながら2週目を読んでいる自分がいた。探し求めていた「アツさ」があった。鳥肌とともに体に伝播するアツさ、最高です。

5週目、行きますか…!

★★★ Excellent!!!

この話をなろうで読んで「なんてアツくて面白い話なんだッ!!!」と思い、翌日友人に勧めようとブックマークを開いたところこの作品が見当たらず、履歴から辿ったところエラーとなっており存在せず「なぜだッ!なぜなんだッ!!!」と、物凄く落胆したものですが、カクヨムに移っていることに気づき歓天喜地しました。

二章もアツい話を楽しみにしてます!!!

★★★ Excellent!!!

作者の熱量の全ては【英雄録】に注がれ、【英雄録】の熱量は俺を魅力する。

幼い頃に読んだ、数多の英雄よりも。
数年前に読んだ、憧れの英雄よりも。

弱小で臆病で泥臭い、英雄像から遠く欠け離れた主人公なのに、その全てに憧れる。

「そんな奴に何故憧れる?」
と疑問に思われた方は読んで下さい。
『テンプレだから』
と回避したら後悔しますよ?

★★★ Excellent!!!

決まったレールから自分勝手に、進んでいく主人公がカッコよかった。
目標に一歩近づいた、その先に待っているものは,,,,,,,,


臆病で、何度も何度も逃げて、逃げて、挫折、苦悩、嘲笑、さまざまな事を、最後は、それらに負けてしまう姿が怖いという思いから逆境に立ち向かっていき、困難、逆境を乗り越え、自分の夢を叶え、未来へ前進していく姿に励まされました。

今後、どういう冒険をしていくのか楽しみです。
2章、楽しみにしています。応援しています。

★★★ Excellent!!!

ただ熱いだけじゃない。
長い間小説から目を背き続けてきてそれでもまた小説を書くことを始めた作者の思いとか、
話の中で作者の伝えたいことが、きっと感じられると思う。
読めば読むほど話に引き込まれる。
面白いだけじゃない。
この小説には作者の信念が詰まっていて、作者の人生が表れている。
そう思います。

★★★ Excellent!!!

王道 of the 王道。
マジで熱量が凄い。あんまり他の作者名出すのよくないかもしれないけど作者さんがTwitterで言ってたので書きますが、弁当箱先生のファンの方は大好物だと思いますよこの作品。

最初は一見普通なのかな?と思いますが、徐々に面白くなっていって、一章完結時のカタルシスは最高でした。
近年希に見る面白さです。

★★★ Excellent!!!

なろうで気になっててカクヨム転生されてから覗きにきました。
読んでみて、皆さんが熱い熱い言ってるのが理解できました。
確かに、熱い。
主人公の真摯な性格に、癖のある脇キャラ。
絶妙な台詞回しも大きな魅力ですが、何より、本作は『速度感』の描写がずば抜けています。
全てをすっ飛ばす爽快感。
それを文章で表現できる人はそうそういないと思います。
あと、熱いキャラクターに対比するかのような静謐な描写。
精緻で、過不足なく、キレのいい表現。
読んでるだけでワクワクしてきます。

王道の物語に皆が欲しがってるものは、きっと全てここにある。
読んでない人はとりあえず読むべき。