お前が魔王で俺が邪神!

作者 ながやん

30

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

暗黒神話の神性をモチーフに繰り広げられる、ダークヒロイックファンタジーとでも呼ぶべきでしょうか

圧倒的な邪神の力を手にした少年は、身勝手に力を使い続けます
その結果、大切な人が傷ついていきます

やがて、力を使うことの脅威を自覚した少年は、力に振り回されるのではなく、自らが強くなろうと誓います

……と、非常に王道の少年成長系ライトノベルなのだと、私は読んでいて思いました

リスクのあるちから、それも自分ではなく大切なひとが苦しむというペナルティーに正面から向き合い、ひたむきに頑張る主人公にとても好感が持てます

主人公の周囲の人物も魅力的で、シリアスになりすぎず、かといって緊張感を損なうことなく続く物語に、あなたはきっと魅了されることでしょう

王道のライトノベルが読みたい
そんなかたに、是非オススメしたい作品です

★★★ Excellent!!!

勉強漬けだった日々が突然世界が変わった。

そんな訳で転移された九頭竜灯牙だが、何と彼は魔王であるアルテアから邪神になってくれと頼まれる。あえて世界の敵になって平和を取り戻す為だと。

それで力を行使する灯牙。しかし力を使うたびにアルテアに苦痛が襲い掛かる。何と力を行使すると、アルテアにダメージが行くのだ。

なのでいかに力を使わないで戦うかという工夫をしなければならない。全ては彼女アルテアの為に。
二人の願いはかなう時が来るのか。ぜひとも見届けたい!