遺産怪盗シャトン

作者 文屋律

25

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

猫耳帽子と猫型ルーペがトレードマーク。関西弁を話す大宮千春は、名探偵になることを夢見る中学生です。

文章を読んでいると、元気いっぱいに動き回る姿が目に浮かびます。
明るくて優しくて可愛くて凜々しい、千春ちゃんのことが大好きになりました!

そんな彼女に託された任務は、遺産(レガシー)というお宝を回収すること。
探偵を夢見ていたはずが、怪盗になってしまった千春ちゃん。
しかもこのお宝、思った以上に危険で、ハラハラドキドキの連続でした!

個性的な登場人物も次々に登場! 時に彼女を苦しめ、時に彼女を助けてくれます。

千春ちゃんの元気いっぱいな姿に、そして、悩みながらも成長していく姿に、こちらも元気をもらえた作品です。

★★★ Excellent!!!

女子中学生の大宮千春が、身の回りで起こる事件の謎を解く名探偵として、そして事件の原因となる不思議な力を宿した遺産を回収する怪盗として活躍するストーリーが、夢とロマンに溢れていました。

幼少時より名探偵の祖父の教えを受けてパズルや謎解きが得意な千春は、素直で明るくてキュートな女の子。そして何より正義感に熱くて、他人のために行動できる、とっても格好良い女の子です。

遺産は異能力で持ち主の願いを叶えるが、人の心と結びつき、一歩間違えば持ち主の心を壊してしまう危険な代物。

遺産が起こす事件の真実を暴き、また遺産の犠牲者を救うのは大人でも困難なミッションだ。

最初は祖父の頼みから始まった遺産回収で、その危険性を目の当たりにして怖気づいてしまう千春でしたが、事件に巻き込まれた友人や大切な人を救うため、自分の意思で遺産と再び向き合う勇気に見惚れました。

本来は児童向けに書かれた作品だそうですが、大人も童心に返って胸踊らせる一作です。

(「名探偵 VS 怪盗」4選/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

名探偵、怪盗、忍者、バトル、謎の美少年……などなど、楽しい要素が満載のこの作品。
読み始めてすぐに、主人公・千春のかわいい語りや関西弁セリフに魅了されました。裏表がなく、あざとさも感じさせない素直なところがポイント高い!
けれどもこの千春、かわいいだけじゃないのです。性格がとっても明るい。そしてまっすぐ。いい子だけれど嫌味がない千春のことを、誰もが応援したくなってしまうのではないでしょうか。

人の願いから生まれる不思議なアイテム「遺産(レガシー)」の設定も、とても上手に機能しています。その対処方法の違いからくる「人の心」に対する考え方の提示も見事。
いじめや将来の夢といった子供達にとっての身近な問題も物語にうまくからんでおり、さりげないテーマの提示につながっています。

セリフや地の文のバランス、流れるような文章表現もすばらしい。児童文庫の賞の選考通過作品ですが、子供だけでなく、大人も楽しめる良作です。

★★★ Excellent!!!

 もう、あらすじを読んだ時点で読みにくるわ!
 名探偵なのに怪盗で、怪盗が名探偵で……何を盗むかって、それは貴方の心です!(ウソ)
【遺産】回収を目的とする怪盗シャトン、ここに爆誕!
 しかしその【遺産】回収も簡単ではなく、大宮千春は【遺産】の真実に近づきつつも事件に巻き込まれていく。

 子供に向けた作品である事に間違いはない。
 描写も表現も可愛らしい。
 まさに、『ザ・児童文学』!!
 だからと言って、子供だましじゃあないからご安心を。