記憶を踏みつけて愛に近づく

作者 無月兄

64

26人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

サイコパス好きにはたまらない倫理のぶっ壊れた夫婦の、歪みきった日常を描いた短編。
本編の方で『忘れてしまうのは幸せ?』と言われているけれど、この作品にいたっては、幸せだと思いますね、私は。
この夫がどうなるのかの先も知りたいかもしれない。
短編の今のところは調子に乗っているので、全てがバレて、どん底を味わってほしいですねッ(笑)。

★★★ Excellent!!!

まさかわたしの優しい無月兄さんがこのような、ホ、ホ、ホラーを書かれてたなんて!

でも、だからこそ。
いつもの作品とこの作品のギャップに限りなく広がる才能を感じずにはいられません!

義男の行動には賛否両論……いや、ないない。
「誠意」という超ウルトラ苦い丸薬を飲ませてやりたいですっ!