いにしえの火竜はましろき雪の夢をみる

作者 眞城白歌(羽鳥)

100

36人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ひょんなことから始まるハートフルな物語です。
主人公とヒロインの、ぎこちなく進展する関係は読んでいてとても安心できます。少々進展度合いがゆっくり過ぎるようにも思えるかもしれませんが、たぶんこの作品には、このほのぼの具合が最も適しているでしょう。

各々の人物(種族)が持っている変身能力は大変ユニークでした。設定はこれでもかというほど練られているようですので、物語が確かな地盤の上に立っていることを感じられます。

★★★ Excellent!!!

人ではない色々な種族の者達のハッピーエンド物語。

良いテンポで次々とストーリーが展開されるのであっという間に読めました。

この物語の中にはわかり合うための精神が大きく関わっていて、異種の種族の者達がお互いにどうすれば一番みんなが幸せになれるかをそれぞれが考えているように見えました。
思いやる力の勝利と言いますか……そんな感じです。
その中で主人公は一目惚れをします。
彼女を守るべく自分の力を最大限に活用しようとするのですが、彼女を狙う最大の敵には力の差で及ばず仲間の力を借りて敵に挑みます。

彼は自分の非力を悔しがりますが、彼女が救われるのなら素直にみんなの力を借ります。
実はそれが彼の強さだと思っています。
何が最善かを見る力。結構大事ですこれ。
意固地にならず、素直に非力を認め、自分にできる最善を尽くす。
そうして彼女は助かります。

二人の間が焦ったいのですが、最後は大団円!
スッキリしました!

★★★ Excellent!!!

この物語の主人公は、魔族の青年リュカ。
幼い頃に海賊にさらわれ、両親と生き別れになり、紆余曲折を経て人間に育てられました。
人の心を持った魔族として生きていた彼は、ある日翼族の少女、メルトと出会います。
メルトの師匠、フォクナーの頼みで彼女を助ける事になったリュカ。彼女を狙う火竜からその身を守る内に、二人は次第に惹かれ合うように……

この物語のすごいところは、主人公達が皆、きちんと敵の言葉に耳を傾けようとする所です。我々が生きるこの世界と同じで、ファンタジーにも種族間の争いや戦闘はつきもの……ですが、相手の話に耳を傾けてみれば、意外と似た者同士だったり、不思議な縁で友達になれたりするのです。

リュカとメルト、なかなか発展しなかった二人の恋も、健気で甘酸っぱい気持ちにさせてくれました。誠実で、相手を尊敬し、思いやる気持ちのある二人の恋を、きっとあなたも思わず応援したくなると思います。

ストーリーも伏線や謎解きが丁度良い量で、難し過ぎて頭が痛くなることも有りません。情報量の配分も素晴らしかったです。キャラが誰だっけ?となる事も有りませんでした。

全体的に読みやすく、サクサク読めますので、分量よりも意外に早く読み終わると思います。

超オススメの作品です!(๑˃̵ᴗ˂̵)
是非一度読んでみてくださいね♪( ´▽`)

★★★ Excellent!!!

絡まれていた小鳥の少女・メルトを助けたリュカくんは、彼女にズキュンと一目惚れ。
自らの境遇とも重なったりして、メルトを他人事とは思えなくなっていって、力を手を貸すことに。


大事なもののために周りが見えなくなったり、固執したり──生きていれば、あなたにもそんなことがあるかもしれない。
そんなときに、種族を越えて手を取り合って協力しながら、大事なものを優しく再び手に入れるみんなをどうか見てほしい。

向かい合って、あーでもないこーでもない、こうしたらどうだろうかいやいや、と、話し合うみんながここにいます。
きっとあなたにとってのヒントが、たくさんあります。

リュカくんとメルトは、手を取り合った末に、互いに何を手に入れたかな?
どうか、優しく爽やかな気持ちが吹き込む当作品を、あなたの心にも宿してもらいたい。

★★ Very Good!!

この場合、ポロリは感動の涙の方でお願いします!

眠れない時、あったかいホットミルクに蜂蜜をとかして飲んで、ほっこりする。
読破後は、そんな気持ちにさせてくれる物語です。

登場人物が殆どみんないい人なのに、キチンと起承転結していて凄いと思います。

好きな子の為に必死なんだけど、どこか空回りしてしまう竜のお兄さん、
達観した印象の大魔法使い、口は悪いけど根は悪くないヴァンパイア、
交渉上手な鵺の忍、弟大好きな妖狐のお兄ちゃん……

個性的なキャラが盛りだくさん!

また、主人公が素直にまっすぐ初恋している為、ちょっと甘酸っぱい!
思わず、途中で「あまーーーーーーーい!」と叫びそうになりました(笑)

素直な恋愛好きな方にもおすすめ出来ます。

もちろん、ヒロインが徐々に主人公に惹かれて行く描写は、お砂糖特盛!
永久糖度100%!!! 文字による真味糖(しんみとう)を喰らえ!!

★★★ Excellent!!!

主人公とヒロインの信頼しあう姿に暖かくなれる物語なのですが、タイトル通り竜たちの物語でもあります。
恋と一言では言い表せない、それぞれのキャラクターのいろいろな思いが交錯し紡がれる絵巻物。
可愛らしく力強く、後味さわやかです。
竜好き、人外好きの皆さま。竜が可愛い強いけど可愛いちょっと切ないけど可愛いので、ゼヒどうぞ!

★★★ Excellent!!!

一人称で描かれる物語は登場人物たちの真っすぐな思いや、不定形な戸惑いなんかも繊細に表現していて情緒豊かでした。
優しく流麗な語り口も相まって洋書のようなオシャレな雰囲気もあり、紅茶片手に読み進めるのがとても楽しかったです。特に終盤のキーパーソンの絡みとタイトル回収が秀逸で、お話自体とても綺麗に纏まっていたなぁ…とため息が出るほどでした…!
良き物語をありがとうございます!

★★★ Excellent!!!

 ハイファンタジーがお好きなあなたにオススメの作品です。作者の広く優しく豊かな世界では、様々な登場人物たちが関わり合いながら、また独立して物語が広がっています。この物語はそんなお話の中の登場人物が脇役として、また話を進める鍵として関わっています。

 旅する魔族の主人公リュカは街でしつこい貴族に付きまとわれている少女を救ったことからいにしえの竜たちを取り巻く苦しい状況と願いに巻き込まれていく。
 最初は優しく可憐な翼族の少女メルトへの同情だった、それは間をおくことなく恋する気持ちに、そう主人公は恋へ落ちてしまったのだった。記憶をなくした彼女と彼女の師匠と呼ばれる魔法使いと新たな仲間も加え、共になくした記憶とその理由を調べに赴いた四人に襲いかかるいにしえの竜。退けるも、ダメージを受けてしまった仲間と、その中での新たな出会い、そして彼女の事情と繋がる竜の願い。
 少女の願いと竜たちの願いを叶えるための主人公の努力は己のなくした過去も取り戻す事件とつながっていくのであった。

 好きになった娘を守り、関わった人々が幸せになっていく主人公たちの物語をぜひお楽しみください。

★★★ Excellent!!!

魔族の少年と、翼族の少女が送る、少し不思議なお話。
少し甘酸っぱい純愛模様を描きながら、いにしえの竜を救う為に奮闘していきます。

丁寧な運びに、自然な流れにより、物語へ入り込みやすくなっております。
巧みな心情描写は、登場人物1人1人に愛着が湧き、思わず応援したくなるようになるでしょう。
果たして救済し、助けることができるのか、是非とも彼らの物語の行く末を目にしていきませんか。