サクラ・イン・アナザーワールド

作者 押羽たまこ

82

30人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

読みやすくリズミカルな展開と、次へ次へと読み進めたくなる文体。編み込まれた設定と謎の数々。

”GO・FOR・IT”と自分を鼓舞して、逆境でも諦めずに頑張る主人公のサクラと、彼女と行動を共にするツトム、彼女の大切な人そっくりな4C、彼らの人間関係の緯糸と世界の経糸が織りなすドラマがとにかく素晴らしいです。


何がどう素晴らしいのか、アナザーワールドに放り込まれた彼女たちの冒険をぜひその目で確かめてください。

★★★ Excellent!!!

等身大を行く主人公らしい主人公サクラは、目覚めると謎の研究施設にいた。
得体の知れないモンスター、エムズという能力者としての資質、自分の力を利用しようとする者たち。数多の困難が待ち受ける中で、サクラは幾度となくこの言葉を心の中で唱える。

『 GO・FOR・IT、当たってくだけろッ! 』

この言葉に何度も背中を押されるのは、登場人物たちだけではない。
読者もこの言葉の勢いに押され、読み進める推進力を得ることになるはず。

壮大な物語。徐々に明かされていく謎。人々の関係性、苦悩、乗り越える勇気。
サクラに待ち受ける運命は果たして……。

渾身の一作、「アナザーワールド」があなたを待っています。

★★★ Excellent!!!

第一章まで読んだレビューです。

まず、とても読みやすい作品です。語彙や文章もですしストーリーの流れも、スッと頭に入ってきます。未知の生物に襲われたり、閉鎖的な研究所から脱出を試みたり…と恐怖や緊迫のシーンでさえとても分かりやすく、そしてドラマチックに描かれています。

そして、登場人物の熱い想いもまた見所です。一人一人の感情が絡み合って融合して…さらに物語を盛り上げていきます。とても面白い作品です。オススメ致します☆

★★ Very Good!!

最初、同じ作家さんの書かれた「漫画家をやめて小説を書き始めた理由」が目に留まって読んでいたのですが、まぁ普通の人がすることのないであろう面白い体験談ばかりで「凄いなこの人!」と思い、一体どんな作品を書いているのだろう? と興味をそそられてこの作品を読んでいます。
 まだ一章の途中までしか読んでいないのですが、主人公サクラの迷い込んだアナザーワールドが、恐ろしく不気味な地下世界でありながらも、背景の描写などからどこか妙に惹き付けられる世界観が生まれていて、個人的にとても好みです。文体も柔らかくシンプルで、すっと頭の中に入ってくる感じがあってサクサク読み進められました。
 虚構と現実が入り乱れる中で、サクラは一体何を思い、何処へ向かうのか? この先のサクラの行動に目が離せません!
 ありがとうございました!