さいしょの愛をちょうだい

作者 砂田計々

物悲しい痛みが静かに沈みこむ

  • ★★★ Excellent!!!

十三歳の春。芽生えた恋心は必然のようで。
けれど、中学生がつらぬくには厚い壁がそこにはありました。

育ちきらないまま失った想いはカタチを変えて心を縛る。物悲しい痛みが静かに沈みこむ、独特な雰囲気の物語でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

野々ちえさんの他のおすすめレビュー 781