わんこはあなたに恋をした

作者

自慢の髪は、きっと貴方に撫でて欲しくて。

  • ★★★ Excellent!!!

 主人公はこれと言って自慢できるものがない。しかし一つだけ、他人に褒めてもらえる物があった。髪の毛だ。
 そんな主人公は軽音部の先輩に出会う。彼は主人公の髪の毛を撫でて、笑う。そして、主人公を「わんこちゃん」と呼ぶ。主人公は彼に惹かれていった。彼がライブの練習で忙しくなり、会えない日が続いたある日、主人公はライブのチケットを貰う。そして、ライブ会場で主人公が目にしたもの。それは――。
 甘くて、切ない。
 短くても凝縮した時間が、確かにここにある。
 
 是非、御一読下さい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

夷也荊さんの他のおすすめレビュー 823